モッズコートでメンズの秋冬コーデに旬なミリタリーテイストをプラス!

秋冬の着こなしにミリタリーテイストをプラスできるモッズコートといえば、もともと“M-51”の名称でフィールドジャケットの上に羽織る軍服として採用されていたコート。現代ではファッションアイテムとしての確かな地位を築いており、着こなしの幅も広い。今回はモッズコートにフォーカスして、気になる起源から注目の着こなし&アイテムまでを紹介!

スポンサーリンク

「モッズコート」は男心をくすぐる要素豊富な鉄板ミリタリーアイテム!

1950年代に採用されたアメリカ軍の極寒防寒衣料の51年型モデル。正式名称は、アメリカ軍への物資調達時に使用されるMIL規格にて規定された「PARKA SHELL M-1951」だ。「M-51」と呼ばれているのは、MIL規格の1951年代の軍服のためという説が有力。同じ「M-51」の名称で「フィールドジャケット」が存在しているのも、同じ年代に制作されたという意味合いであると考えると辻褄が合う。正確にはモッズコートは“M-51”を指す名称だが、現在は丈の長いミリタリーコート全般をモッズコートと呼称することも多くなっている。

612E0+KZKyL._UL1500_

モッズコートを探す

モッズコートの「モッズ」はUKカルチャーが起源!

アメリカの軍服として有名なモッズコートだが、実は「モッズ」と言う言葉はイギリスが由来。モッズ(Mods)とは、1950年代後半〜60年代にかけてロンドン近辺の若い労働者の間で流行した音楽やファッションをベースにしたライフスタイルやカルチャーを意味する。モッズには深夜のクラブでダンスやファッションを楽しむ文化があり、大雑把に言ってしまえば英国の「不良文化」の一種だ。

 

View this post on Instagram

 

Joe Hawkins Bogotáさん(@joehawkinsbog)がシェアした投稿

そんな彼らの着こなしの基本形は、サイドベンツ仕様の細身の3ボタンスーツに細身ネクタイでタイドアップしたボタンダウンシャツ、もしくはフレッド・ペリーのポロシャツ、そしてアウターにM-51をコーディネートしたものだった。彼らは何よりも“スーツが汚れる”ことを嫌ったため、クラブへの移動にはエンジンがむき出しのモーターサイクルではなくスクーターを利用したという。同様の理由で米国軍から払い下げられたM-51が重宝され、スタイルとして定着した。

モッズコートは日本のメディアが作った造語!?厳密な名称は「モッズパーカ」

モッズコート(M-51)は元々、アメリカ軍がフィールドジャケットの上に羽織る「パーカー」として制作されている。モッズコートと言われ始めた時期は、2000年代に入ってからのこと。当時、ミリタリーテイストを引きずったファー付きフードコートのデザインが流行しており、日本の女性誌などで「モッズコート」と呼ばれたことが始まりだ。名称が浸透していく過程でファー付きミリタリー調のコートのほとんどが「モッズコート」と呼ばれるようになり、現在その名称は海外にも広まっているという。ただし、あくまでも「モッズコート」は日本の出版業界が作った造語であり、正式名称では無いという点はおさえておきたいところだ。

 

View this post on Instagram

 

@somoslosmodsがシェアした投稿

2/10GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ