ダメージジーンズ メンズ 着こなし特集

メンズファッションにおいて不動の人気を誇り、着こなしにこなれ感をプラスできるアイテムといえば「ダメージジーンズ」だ。クリーンなファッションにアクセントを加える意味でも見逃せないボトムである。今回はダメージジーンズにフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ダメージジーンズ×チェスターコートスタイル

ダメージ加工が施されたホワイトジーンズにニットセーターを合わせ、チェスターコートを羽織ったシンプルなスタイリング。冬のシンプルな装いにアクセントとしてストールを取り入れる場合、ダブルハングなどのこなれ感をプラスできる巻き方がおすすめだ。

SIVIGLIA(シビリア) クラッシュホワイトデニム

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×ライダースジャケットスタイル

リップ加工が施されたブラックジーンズにライダースジャケットを合わせたラギッドなスタイリング。ブラックで揃えたコーディネートにインナーのブラウンニットがモダンな雰囲気を漂わせる。足元にはレザーシューズをチョイスして重厚感のあるスタイルに。

SAINT LAUREN(サンローラン) ダメージスリムジーンズ

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×M-65スタイル

ミリタリージャケットの定番であるM-65とダメージジーンズを合わせた、男らしさ溢れるラギッドな着こなし。ジーンズのロールアップはラフで無骨な雰囲気を演出できるワンロールをチョイス。上品なスエードのダブルモンクストラップシューズで、さりげなくハズしている点にも注目したい。

ダメージジーンズ×白スニーカースタイル

独特の風合いを醸し出すダメージジーンズと、ヴィンテージ加工が特徴的なゴールデングースのスニーカーを合わせて馴染みの良いスタイリングを構築。そんなラフなボトムとは対照的に、トップスはチェスターコートとタートルネックニットのレイヤードで上品な組み合わせに。上下でテイストの異なったアイテムを使い分けることで絶妙なこなれ感を演出している。

AG Jeans(エージージーンズ) DYLAN

詳細・購入はこちら

GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND(ゴールデングース デラックスブランド)

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×デニムジャケットスタイル

ホワイトのデニムジャケットとダメージ加工が施されたブラックジーンズで、メリハリのあるデニムオンデニムスタイルを構築。モノトーンで揃えたスタイリングだが、起毛感のあるソフトな質感のチェスターコートや、アーガイルチェックのソックスがシックになりすぎない印象に仕上がっている。

n(n) BY NUMBER (N)INE(エヌエヌバイ ナンバーナイン) スキニー ストレッチデニム

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×ジャケパンスタイル

ジーンズを取り入れたジャケパンスタイルを構築する場合、コットン素材のジャケットは有力な選択肢になるだろう。上下ともにコットン素材のアイテムで揃えることで統一感が生まれ、馴染みの良い着こなしに仕上がる。

ENTRE AMIS(アントレアミ) ダメージデニム

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×チェスターコートスタイル

涼しげな印象を与えるダメージジーンズだが、リペア加工まで施されているものであれば秋冬でも十分に活躍が期待できる。チェスターコートなどのきれい目アイテムと組み合わせれば絶妙なハズしに。インナーダウンを着込むことでスポーティーなカジュアルスタイルが完成。

ダメージジーンズ×チェスターコートスタイル

首にかけるだけで立体感を演出できる厚手のマフラーと、重厚感のあるウールのステンカラーコートでボリュームのあるトップスを構築。ボトムはスキニーのダメージジーンズで抜け感を演出しつつ、すっきりとしたシルエットのジョッパーブーツを合わせることでYラインを表現している。

ダメージジーンズ×チェスターコートスタイル

ピークドラペルのディテールがドレッシーな雰囲気を漂わせるチェスターコートに、ダメージジーンズを合わせてカジュアルダウン。きれい目なスタイリングに取り入れたダメージジーンズがこなれ感を演出している。チェスターコートのラペルは右身頃だけ立てることでさりげないアクセントに。

YANUK(ヤヌーク) Michel スリムストレート

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×黒スニーカースタイル

厚みのあるソールが特徴的なアトランティックスターズの黒スニーカーに、ブラックのスキニージーンズを合わせてスタイリッシュなボトムを演出したコーディネート。ダメージ加工が施されたブラックジーンズと、アウターにチョイスしたミリタリージャケットで無骨なスタイルを構築している。

G-Star RAW(ジースターロゥ) Revend スーパースリム ストレッチデニム

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×ジップアップパーカースタイル

肉厚な生地の質感とダブル仕様のディテールが重厚感のあるジップアップパーカーに、スリムシルエットのホワイトジーンズを合わせてYラインを構築。パーカーとジーンズはともにカットオフのディテールを採用しており、ジーンズのリップ加工と相まってラギッドな印象に。

DIESEL(ディーゼル) BUSTER

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×ショート丈チェスターコートスタイル

レッド×ネイビーのヘリンボーン柄が存在感を放つショート丈のチェスターコートにダメージジーンズを合わせた個性的なスタイリング。インナーにチェック柄のジレを着込むなど主張の強いトップスでも、重厚感のあるダブルモンクストラップシューズであれば当たり負けしない。

Levi’s(リーバイス) 511 Slim Denim Pants

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×ニットウェアスタイル

裾よりも長く伸びた前立てが個性的なカーディガンに、タートルネックセーターを着込んでニットアイテムのレイヤードスタイルを構築。

ダメージジーンズ×ハイカットスニーカースタイル

リペア加工まで施されたダメージジーンズにポロコートを合わせたカジュアルスタイル。元来ポロ競技の選手が休憩中に着用していたことからスポーティーなイメージのあるポロコートだが、ゴールドのボタンを採用することでラグジュアリーな雰囲気に。足元にはスキニージーンズとつながりの良いハイカットスニーカーをチョイス。ゴールデングース特有のヴィンテージ加工がダメージジーンズとの相性も◎

DIESEL(ディーゼル) ダメージ スリムフィットジーンズ

詳細・購入はこちら

ダメージジーンズ×ダウンジャケットスタイル

程よくダメージ加工が施されたスキニージーンズに、艶感のあるダウンジャケットを合わせて大人の色気が漂うスタイリングが完成。ボリュームとその色味から重い印象を与えがちなブラックのダウンジャケットは、明るいカラーのアイテムと組み合わせることでバランスを調整するのがセオリーだ。

ENTRE AMIS(アントレアミ) ストレッチ ダメージデニム

詳細・購入はこちら

次のページを見る
ページ:

1

2 3
FOLLOW US

公式 Instagram スナップ