スーツ × ベストの着こなし術

“ベスト”は、スーツスタイルやジャケパンスタイルをオシャレに格上げできる利便性の高いアイテムだ。しかし、”どうやって着こなすか?”、”どう組み合わせるか?”意外と知らないために、手が出しにくいのも事実。今回は、コーディネートアイデアを掴むために、スーツ×ベストスタイルの着こなしを厳選して紹介!

スポンサーリンク

ベストとは?

ベスト(フランス語 veste、英語 vest)は胴着の一種であり、国や時代によって意味や形態が異なる。本来は下着と上着の間に着る中衣であった。袖のないベストは、フランスではジレ(gilet)、イタリアでもジレ(gilé)、またはパンチオット(Panciotto)と言われ、イギリスではウェストコートとも呼ばれる。日本では主に袖のない前合わせの中衣、あるいはインフォーマルな上着を意味し、チョッキ(直着又はジャケットの訛りとされる)、ベスト単品のものはオッドベストと呼ばれる。ニットのウールやアクリル製、或いは背広と共布が一般的だが、夏用やオールシーズンに綿が、混紡にポリエステル・ポリウレタンが用いられることもある。

imgrum

ベストという名称が生まれるまで

ベストの基は15世紀後半から17世紀半ばまでヨーロッパの主要な男性用上着であったダブレット(英:Doublet、西:Jubón、仏:Pourpoint)である。1650年頃にはダブレットは着丈、袖丈が短くなり、身幅も狭くなっていた。そして、1660年代からはその上に市民や兵士の防寒着だったカサック(仏:cassaqe、英:casock)から変化したジュストコール(仏:Justaucorps、英:coat)が上着として着られるようになり、ダブレットは中衣となってベスト(仏:veste、英:vest)と呼ばれるようになった。

bagella

ベストのクラシックな着こなしとは?

当時の着こなしでは、中のベストが見えるように上着(ジュストコール)の前は開けたままにし、袖口からシャツを出していた。そのため、ベストは派手な色彩や豪華な刺繍が施されたものになった。また、この頃のベストには袖があり、袖口からシャツを覗かせる代わりにベストの袖口にレースを縫いつけたものも見られた。

returnofkings

18世紀に入るとジュストコールが細身になり、ルイ15世の時代にはベストの袖が無くなった。そして、この袖の無いベストはフランスではジレ(gilet)、イギリスではウェストコート(Waistcoat)とも呼ばれるようになった。

グレースーツ×チェックベスト

ベストにチェック柄をチョイスしてアクセントをプラスさせたコーディネート。ボタンダウンシャツがスポーティな印象に。ポケットチーフは千鳥格子デザインのものをチョイス。

shoppingforacause

GABRIELE PASINI ベスト

詳細・購入はこちら

ネイビースーツ×チェックベスト

ネイビーのスーツにブルーとライトブラウンのチェックベストを合わせたスタイリング。中にブルー系の色味が入ったチェックを合わせて統一感のある着こなしを実現。

pinguimo

TAGLIATORE ウールライトツイード千鳥格子シングルジレ

詳細・購入はこちら

グレースーツ×ダブルブレステッドジレ

ホワイトのボタンがアクセントになっているグレーのシンプルなスーツに、ダブルブレステッドのジレを合わせた着こなし。チェーンやリングの小物使いがワイルドな印象をプラス。

alux

ALEXANDER MCQUEEN チェーン付き ベスト

詳細・購入はこちら

ダークネイビースーツ×チェックベスト

ダークカラーのスーツにトーンの明るいチェクベストを合わせて、コントラストをきかせたスタイリング。ネクタイとシューズにはダークブラウンのアイテムをチョイスし、アズーロ・エ・マローネを効かせる。

bryrom

Z ZEGNA チェック柄 ダブルベスト

詳細・購入はこちら

ダークブラウンスーツ×ライトブラウン

ブラウンカラーの明度でコントラストを効かせたスタイリング。ネクタイにフラワーパターンの入ったデザインをチョイスすることによってアクセントをプラス。

stayclassicblog

ネイビースーツ×ブラウンベスト

ソフトな風合いの生地感同士のアイテムチョイスで、違和感のない上品な雰囲気を漂わせるスタイリング。ネクタイも素材感を合わせて統一感のある印象に。

freshjam

BEVILACQUA ベスト MIKEHAND

詳細・購入はこちら

無地のネイビースーツ × 千鳥格子柄のベスト

爽やかなネイビーの無地スーツに千鳥格子柄のツイードベストを合わせたコーデ。タイもネイビーで統一、精悍な印象をアップさせる着こなしだ。

MenStyle1- Men’s Style Blog

BEVILACQUA グレンチェックジレ/MIKE

詳細・購入はこちら

スーツ×ダウンベストスタイル

フラワーホールが二つ施されたデザインのスーツスタイルに、ブルーのダウンベストを合わせたスポーティーなスタイリング。ネイビーのタイを締めてブルーカラーのベストに調和させている点に注目したい。

blueloafers

BEVILACQUA ベスト

詳細・購入はこちら

グレースーツ×ライトグレーベスト

同系色でまとめつつ、弱めのコントラストをつけた組み合わせ。ベストに入った薄めのストライプが適度にシャープさを演出。

ERIKA LINDER FANPAGE

BEVILACQUA リミテッドエディションフランネルジレ

詳細・購入はこちら

グレー×ネイビーの王道コンビをブラックで締めるコーデ

グレーのツイードジャケットにネイビーのタイが王道の組み合わせ。中に着用したブラックニットカーディガンが全体を引き締める役割を果たしている。

Randomitus

Drumohr 30G コットンニットベスト

詳細・購入はこちら

シックなブラックスーツにボルドーのベスト

シックな印象のブラックスーツスタイルにボルドーのベストを合わせたスタイリング。ネクタイにしっかりボルドーに近いレッドを入れているところに注目したい。

savile streets

ALTEA ハリスツイード・ベスト

詳細・購入はこちら

ホワイト × グレー ×ブラック統一感が秀逸なコーデ

ホワイト、グレー、ブラックを徹底してまとめきった着こなし。ジャケット、シャツ、タイ、ベストすべての色味に統一感があるため、柄同士を組み合わせてもうるさく感じない秀逸なコーデだ。

Mad Men Barbershop

BEVILACQUA リミテッドエディショングレーヘリンボーンジレ/MIKE

詳細・購入はこちら

グレー × ネイビーの王道コンビの着こなし

グレーとネイビー鉄板の組み合わせ。ジャケットのネイビーとベストのグレーの淡い色味が品のある雰囲気を演出。ベストとジャケットのラペル返りの高さに差を付けて遊び心をプラス。

buzzfeed

ELEVENTY フラップポケット ベスト

詳細・購入はこちら

ブラックジャケット × グレーツイードベスト

ブラックピンストライプスーツにグレーのツイードベストを組み合わせた着こなし。異素材、離れた色味の組み合わせも◎。ベストにチョイスしたヘリンボーン生地が程よいアクセントに。

MenStyle1- Men’s Style Blog

ハリスツイードジレ

詳細・購入はこちら

ネイビーのピンストライプスーツ × グレーベスト

仕事のできる雰囲気の漂うエグゼクティブな着こなし。高めに付けたタイピンの位置も参考にしたい。

Leather & Cotton

RING JACKET  グレーヘリンボーンツイードベスト・ジレ・オッドベスト

詳細・購入はこちら

無地のネイビースーツ × グレーのニットベスト

無地の生地であろうとしっかりと着こなしにハマる定番配色がネイビー×グレーだ。ボルドーのタイとペイズリー柄のポケットチーフでしっかりと個性も演出した着こなし。

Urban eliam

POLO Ralph Lauren Vネック ニットベスト セーター

詳細・購入はこちら

ライトグレー × ダークグレー × ネイビー × ホワイト

ダークグレー〜ホワイトまでのグラデーションが美しいコーデ。ワイドラペルコートの衿を立てると立体感が出て迫力のある印象に。

raffaeleimperiale.net – The World Famous Restaurant

LARDINI ニットベスト/ジレ

詳細・購入はこちら

ギンガムチェックで合わせたパンツとベスト

ネイビーのジャケットにギンガムチェックのパンツを合わせたジャケパンスタイル。インナーのベストはギンガムチェックでパンツと統一。

ULTRA LINX

グレージャケット × 黒ベスト

モノトーンの配色でまとめたシックな印象のスーツベストスタイル。クレリックシャツもブラック&ホワイトの細かいストライプで相性抜群。

lookastic

LARDINI ベスト ブラック

詳細・購入はこちら

ツイードのスーツにグレーのベスト

ツイード同士、同素材の組み合わせ。同じ生地感のアイテムチョイスは非常になじみが良い着こなしだ。ネクタイのカラーリングもベストに近づけた。

A well traveled woman

LARDINI ラルディーニ メンズ ウール 6B ダブル ジレ

詳細・購入はこちら

ライトベージュ × ライトブラウンの軽快なスーツ着こなし

優しげなブラウン系の色味で統一した着こなし。インナーに最旬アイテムであるハイゲージニットを取り入れたコーデ。細いラペルのジャケットをチョイスしてスマートな印象に。

stylekick

ライトブルーのツイードジャケット × チェック柄ツイードベスト

同素材同士の組み合わせ。ジャケットの鮮やかなブルーを取り入れたチェクのツイードベストのチョイスが洒脱だ。フラワーラペルの小物使いにも注目したい。

100 Layer Cake

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ