パラブーツ「パシフィック(PASIFIC)」が大人のサンダルとして支持される5つの理由

Tシャツやショーツなど、カジュアルに寄りがちな夏のコーディネートにおいて、足元に何を合わせるかは頭を悩ませるところ。サンダルを合わせて全身カジュアルにすると小僧っぽく見えてしまう、とはいえ革靴は暑苦しくなってしまう。そこで注目したいのが、パラブーツの「パシフィック(PASIFIC)」だ。フランスの名門ブランドが手がけるこの一足は、グルカサンダルデザインながら革靴由来の素材や仕様でドレスの要素も兼ね備える。今回はパラブーツの「パシフィック」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

世界にラバーソールを広めたフランス靴の雄「パラブーツ(Paraboot)」

パラブーツは、フランス屈指の人気を誇るシューズブランド。1908年にフランスにてレミー・リシャールポンヴェール氏が開いた小さな靴工房がルーツで、元々は軍靴や登山靴などで強い支持を受けていた。多くの名作シューズを輩出しているこのブランドだが、最も有名なのは「ラバーソール」の開発だ。アメリカ人が履く雨天対応のラバーブーツをヒントに、天然ラテックスを使用したラバーソールブーツを製作。ヨーロッパで靴底と言えばレザーや木製のものしか選択肢がなかった時代に、ラバーソールという概念を広めたのである。「Paraboot」というブランド名は、ゴム素材の天然ラテックスを直輸入したブラジルの港の名が「パラ(Para)」だったことから名づけられた。

素材の調達からソールの製造まで100%メイドインフランスにこだわる

パラブーツは、自社でラバーソールを生産している唯一のシューズメーカーだ。天然ラテックスを100%使用、独自のゴム合成法で作られたソールは発祥から100年が経つ今なお健在。ゴムの配合を含め、全てを自社工場にて生産しており、最高の履き心地と抜群の耐久性を実現している。代表的なチロリアンブーツやUチップ、デッキシューズからサンダルまでさまざまなモデルを展開しているが、それぞれのモデルに合わせてラバーソールの製造工程を微妙に変えるという徹底したこだわりっぷりだ。

pacific-123319_7

詳細・購入はこちら

1900年代から変わることなく150以上もの工程を経て作りだされるノルヴェイジャンウェルト製法も有名。「リスレザー」を始めとするアッパーの素材も、独自開発によるものだ。老舗ブランドは数あれど、創業時から今に至るまで製造の全てをメイドインフランスにこだわるシューメーカーは、パラブーツをおいて他にはないだろう。

夏の足元に華を添えるパラブーツのグルカサンダル「パシフィック(PASIFIC)」

パシフィック(PASIFIC)は、パラブーツが展開する編み込みサンダル。夏に活躍するパラブーツのシューズと言えば、デッキシューズのバース(Barth)やコインローファーのランス(REIMS)、コロー(CORAUX)などが長年の定番だが、最もカジュアルなパシフィックが年々注目度を高めている。理由としては、グルカサンダル自体が人気であることに加え、そこにパラブーツらしい美しさと機能性に富んだ仕上がりになっているから。

71fLw8dqnTL._UL1500_

詳細・購入はこちら

グルカサンダルとは、19世紀に英国が東インド会社の利権を守るため、英国陸軍が複数のネパール山岳民族から編成した部隊「グルカ兵」に支給された軍靴が起源である。デッキシューズのバースが海軍由来のモデルなら、パシフィックは陸軍にルーツを持つミリタリースペックを満たすモデルだ。デッキシューズとは別の角度で重宝するミリタリーテイストな夏靴ながら、モデル名に「PACIFIC(太平洋)」をもじった名前がつけられているのも何ともユニークな話である。

Paraboot(パラブーツ)パシフィック

詳細・購入はこちら

 

レザーテープを編み込むことで甲部分はオープンにしながら、トゥとヒールカップはクローズ構造になっているのが特徴。サンダル特有の通気性を確保しながら、つま先の保護やカカトのホールド感を高めている。大人のファッションにショートパンツが一般的に取り入られるようになったことや、年を追うごとに深刻になる暑さ、ビジネスウェアのカジュアル化が進んでいることから、近年グルカサンダルの需要が増加傾向にある。そんなグルカサンダルの中でもパラブーツのパシフィックは、歩きやすく耐久性に長け、夏のカジュアルなスタイリングを上品にまとめ上げることができる美観を備えた一足だ。

Paraboot(パラブーツ)パシフィック

詳細・購入はこちら

パラブーツ「パシフィック(PASIFIC)」が支持される理由①「サンダルの機能性とドレスな雰囲気を両立させるデザイン」

パシフィックが夏の足元を飾るシューズとして相応しい理由の一つが、サンダルながらドレス感漂うアッパーのデザイン。甲を太幅の革紐で優しく絡ませたアッパーは、サイドからぐるりと甲を包み込みながら指先が飛び出さないよう緻密な計算のもと編み込まれている。中央に台形のような図形が3列浮かぶ構造になっており、つま先からくるぶしに向かうにつれて肌の露出面積を多く設けることで清涼感を確保。抜群の通気性で、レザー製のアッパーながら蒸れない仕様となっている。足首の位置で大きくカーブした短丈で、くるぶしに当たりにくく靴擦れしいくいのもポイント。足首は前のめりしにくいストラップ仕様。バックル留めで、5段階のサイズ調整が可能となっている。

 

ヒールカップはまるでドレスシューズのようなデザインと端正なフォルム。芯材が入っておりしっかりとカカトを掴むため、ゆったり目に履いてもホールド感が維持されるのも魅力である。

pacific-123319_4

詳細・購入はこちら

バックルの裏部分にゴムパーツを採用している点にも注目。ストラップタイプの場合脱ぎ履きが面倒なイメージを抱きがちだが、ベルトと革をつなぐ部分がゴムによって伸縮する仕様になっているため、いちいち調整をしなくても着脱が容易になりスリッポン感覚で履きこなすことができるのだ。足全体を固定しているので歩きやすく、実用性にこだわるパラブーツならではのディテールが随所にちりばめられている。ほどよく肌が見えるため、秋は色柄のソックスでアレンジも可能だ。

pacific-123319_6

詳細・購入はこちら

パラブーツ「パシフィック(PASIFIC)」が支持される理由②「リスレザーによる美しく機能的なアッパー」

パラブーツのアッパー素材にはブランドのアイコンとも言える「リスレザー(LISSE LEATHER)」を使用している。リスレザーは、パラブーツの革靴のほとんどに使われる独自のレザーで、耐久性の高い肉厚なカーフレザーに多くのオイルを染み込ませているのが特徴。水を弾く特性を持つオイルを通常の牛革より多く含有していることから、小雨程度なら問題無く使用できるレベルの撥水性を実現している。グルカサンダルを履くシーズンは雨の日が少なくないにもかかわらず、レザーは水の大敵。実用性が求められるはずのサンダルだが、水を避けなければならないのならその魅力は半減だ。パシフィックはリスレザーを使うことによってこの課題をクリアし、ちょっとした雨の日はもちろん、川や海など夏のアクティビティでも着用することができる。

pacific-123319_2

詳細・購入はこちら

パラブーツが誇るリスレザーの恩恵は撥水性だけではない。オイルドレザーならではの独創的な光沢も魅力の一つだ。リスレザーの美しさは「フランスの宝石」と称されるほど。上質なカーフを使用していることはもちろん、血管の痕や傷跡が付いていない部分を見極めて裁断するのがパラブーツのこだわり。よくあるガラス加工や、チープなレザーにオイルを入れただけの素材とは比較にならないほど上品な光沢を宿している。

0000091682005

詳細・購入はこちら

チョイスするカラーによっても印象はガラリと変わる。王道のブラックも良いが、コニャックブラウンもリスレザーの風合いをより堪能できる。

61H32nIMmZL._UL1000_

詳細・購入はこちら

ネイビーならブラックほど定番すぎず、それでいてダークトーンのアッパーなのでカジュアルになりすぎずコーディネートにも取り入れやすい。

61rUCYdFccL._UL1000_

詳細・購入はこちら

ベジタブルタンニンレザーのモデルもあり!

パラブーツと言えばリスレザーが有名だが、他のレザーもまた違った魅力がある。パシフィックでは、リスレザーのほかにベジタブルタンニンレザーのモデルも展開。植物タンニンなめしともいうこの製法は、草や木の汁などの天然植物から抽出したタンニンを使ってなめしていく。タンニン濃度を少しずつ上げながらなめすため、作業工程は30以上。手間のかかる製法だけに、使えば使うほど馴染んでいき、汚れなども含めて自分好みに育てていくことができる。革の質感は柔らかく、味わい深くなるのが最大の特徴。発色がよく夏らしさを演出できるのもベジタブルタンニン鞣しのレザーならではだ。

31Y+u3zod1L

詳細・購入はこちら

パラブーツ「パシフィック(PASIFIC)」が支持される理由③「快適な履き心地を実現するインソール」

見た目だけでは伝わらないパシフィックの優れている点が、履き心地の良さ。アッパーのフィット感はもちろんだが、足裏が直接触れるフットベッドのクッション性は秀逸。このフットベッドも自然になじむ良質なレザーのインソールを使っており、吸湿性、通気性に富んでいる。ビニールやゴム素材と比べると、足を置いたときの心地よさは雲泥の差。雑菌が繁殖しにくいのも嬉しいメリットだ。

41lZD4CZPnL

詳細・購入はこちら

アッパーとソールの接着には、セメント製法を採用。パラブーツと言えば本格的なノルヴェイジャン製法を駆使することで有名だが、サンダルとしての用途を考えるとセメント製法という選択にもうなずける。ノルヴェイジャン製法やグッドイヤーウェルト製法は履き慣れたときの足馴染みは素晴らしいが、履き始めの堅さは悩みどころ。夏に備えて買ったはずのサンダルが、履き慣れるころには肌寒くなってシューズボックスで冬眠する羽目になってしまう。セメント製法は履き馴染みの速さと返りの良さが売りのため、買ってすぐ快適な履き心地を体感できるのだ。

パラブーツ「パシフィック(PASIFIC)」が支持される理由④「ドレスシューズのようなヒールの高さ」

パシフィックのカカト部ヒールは、メンズサンダルとしては珍しい2.5cmという厚み。一般的なぺたんこのサンダルと異なり、ヒールを高めることでちょっとした脚長効果を期待できる。こうしたさり気ないドレス要素が要所で隠されているのも、パシフィックが支持される理由だ。

0000091682008

詳細・購入はこちら

パラブーツ「パシフィック(PASIFIC)」が支持される理由⑤「特殊なトレッドパターンで優れたグリップ力を誇るアウトソール“SPORT”」

「シャンボード(CHAMBORD)」のPARA-TEXソールや「ミカエル(MICHAEL)」のMARCHEⅡソールなど、およそ18種類を数えるパラブーツのラバーソール。当然ながらグルカサンダルのパシフィックにも、その特性を最大限活かすラバーソールが採用されている。「SPORT」と名づけられたパシフィックのアウトソールは、その名のとおり激しい動きにも対応できるスポーツ仕様のソールだ。滑りにくい底面の形状が注目のポイントで、シャークソールのようなギザギザの形状が優れたグリップ力を実現。中央部分には「Paraboot」のブランド名と「SPORT」のソール名が記されている。

pacific-123319_5

詳細・購入はこちら

また、溝の部分をじっくりみるとギザギザが同一方向ではないことが見て取れる。前足部では中央の溝はつま先へ向き、両サイドはカカト方向へと傾いている。そしてヒール部分の傾きは前足部と逆方向だ。この互い違いになったトレッドパターンによって、通常のシャークソールよりもさらにグリップ力を高めているのである。

詳細・購入はこちら

他のパラブーツのコレクション同様、パシフィックのラバーソールももちろん天然ラテックスを使用。合成ゴムを使ったラバーソールと比べて軟らかく、クッション性と屈曲性が非常に高い。サンダルながらその性能はスニーカーレベルで、ストラップさえしっかり締めれば激しい蹴り出しや全力疾走さえ可能だ。さすがはラバーソールを世界に広めたブランドだけあって、これだけの履き心地を実現するグルカサンダルはそう簡単には見つからないだろう。

0000091682003

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ