パラブーツ「パシフィック(PACIFIC)」が大人のサンダルとして支持される5つの理由

Share

Tシャツやショーツなど、カジュアルに寄りがちな夏のコーディネートにおいて、足元に何を合わせるかは頭を悩ませるところ。サンダルを合わせて全身カジュアルにすると小僧っぽく見えてしまう、とはいえ革靴は暑苦しくなってしまう。そこで注目したいのが、パラブーツの「パシフィック(PACIFIC)」だ。フランスの名門ブランドが手がけるこの一足は、グルカサンダルデザインながら革靴由来の素材や仕様でドレスの要素も兼ね備える。今回はパラブーツの「パシフィック」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

世界にラバーソールを広めたフランス靴の雄「パラブーツ(Paraboot)」

パラブーツは、フランス屈指の人気を誇るシューズブランド。1908年にフランスにてレミー・リシャールポンヴェール氏が開いた小さな靴工房がルーツで、元々は軍靴や登山靴などで強い支持を受けていた。多くの名作シューズを輩出しているこのブランドだが、最も有名なのは「ラバーソール」の開発だ。アメリカ人が履く雨天対応のラバーブーツをヒントに、天然ラテックスを使用したラバーソールブーツを製作。ヨーロッパで靴底と言えばレザーや木製のものしか選択肢がなかった時代に、ラバーソールという概念を広めたのである。「Paraboot」というブランド名は、ゴム素材の天然ラテックスを直輸入したブラジルの港の名が「パラ(Para)」だったことから名づけられた。

素材の調達からソールの製造まで100%メイドインフランスにこだわる

パラブーツは、自社でラバーソールを生産している唯一のシューズメーカーだ。天然ラテックスを100%使用、独自のゴム合成法で作られたソールは発祥から100年が経つ今なお健在。ゴムの配合を含め、全てを自社工場にて生産しており、最高の履き心地と抜群の耐久性を実現している。代表的なチロリアンブーツやUチップ、デッキシューズからサンダルまでさまざまなモデルを展開しているが、それぞれのモデルに合わせてラバーソールの製造工程を微妙に変えるという徹底したこだわりっぷりだ。

詳細・購入はこちら

1900年代から変わることなく150以上もの工程を経て作りだされるノルヴェイジャンウェルト製法も有名。「リスレザー」を始めとするアッパーの素材も、独自開発によるものだ。老舗ブランドは数あれど、創業時から今に至るまで製造の全てをメイドインフランスにこだわるシューメーカーは、パラブーツをおいて他にはないだろう。

夏の足元に華を添えるパラブーツのグルカサンダル「パシフィック(PACIFIC)」

パシフィック(PACIFIC)は、パラブーツが展開する編み込みサンダル。夏に活躍するパラブーツのシューズと言えば、デッキシューズのバース(Barth)やコインローファーのランス(REIMS)、コロー(CORAUX)などが長年の定番だが、最もカジュアルなパシフィックが年々注目度を高めている。理由としては、グルカサンダル自体が人気であることに加え、そこにパラブーツらしい美しさと機能性に富んだ仕上がりになっているから。

詳細・購入はこちら

グルカサンダルとは、19世紀に英国が東インド会社の利権を守るため、英国陸軍が複数のネパール山岳民族から編成した部隊「グルカ兵」に支給された軍靴が起源である。デッキシューズのバースが海軍由来のモデルなら、パシフィックは陸軍にルーツを持つミリタリースペックを満たすモデルだ。デッキシューズとは別の角度で重宝するミリタリーテイストな夏靴ながら、モデル名に「PACIFIC(太平洋)」の名前がつけられているのも何ともユニークな話である。

詳細・購入はこちら

レザーテープを編み込むことで甲部分はオープンにしながら、トゥとヒールカップはクローズ構造になっているのが特徴。サンダル特有の通気性を確保しながら、つま先の保護やカカトのホールド感を高めている。大人のファッションにショートパンツが一般的に取り入られるようになったことや、年を追うごとに深刻になる暑さ、ビジネスウェアのカジュアル化が進んでいることから、近年グルカサンダルの需要が増加傾向にある。そんなグルカサンダルの中でもパラブーツのパシフィックは、歩きやすく耐久性に長け、夏のカジュアルなスタイリングを上品にまとめ上げることができる美観を備えた一足だ。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する