パラブーツの「ミカエル(MICHAEL)」はエルメスの特注から始まった!?名作チロリアンシューズの魅力を紹介

パラブーツの「ミカエル(MICHAEL)」は、エルメスが特注したのをきっかけに生産が始まったとされているチロリアンシューズの名作だ。パラブーツの母国フランスでは、ブランドのなかでもナンバーワンの人気を誇るモデルとして知られている。今回はパラブーツの「ミカエル」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

革靴用のラバーソールを生み出したフランス靴の雄「パラブーツ(Paraboot)」

パラブーツは、フランス発祥のシューズブランド。1908年にフランスのイゾーという町で設立され、もともとは軍や山村の人に向けてワークシューズの製造を行なっていた。1926年、創業者のレミー・リシャール・ポンヴェール氏がアメリカでゴム底のブーツと出会ったことで転機が訪れる。ゴム底こそ実用靴に必要不可欠な要素であると考えたポンヴェール氏は、独自のアウトソールの開発に着手。そしてあらゆる試行錯誤の末、革靴用としては世界初となる「ラバーソール」が誕生した。

ポンヴェール氏が特にこだわったのは、天然素材であること。天然ゴムのラテックスを輸入するために使われていたブラジルの港の名が「Para(パラ)」であったことが「パラブーツ」というブランド名の由来である。

100%メイド・イン・フランス!パラブーツはソールまで自社で一貫製造する唯一無二のブランド

木やレザーがアウトソールの素材として主流だった時代において、パラブーツのラバーソールは靴業界に革命を起こした。1960年代には登山用の靴を中心に展開し、アウトドアシューズの定番ブランドとしての地位を確立。その後、登山靴で培った技術力を活かしてタウンユースで履ける革靴も製造し「シャンボード」や「ミカエル」といった名作が誕生した。

パラブーツは今なお自社でラバーブーツを製造しており、アッパーからソールまですべてを自社で製造できる世界で唯一の靴ブランドとなっている。パラブーツの靴はデザイン性もさることながら、ノルヴェイジャン製法やストームウェルト、リスレザー、ラバーソールなど、実用性を重視したさまざまな技術が採用されているのが特徴。

パラブーツの革靴を探す

【関連記事】男を上げる不朽の名作パラブーツの「シャンボード」↓

パラブーツのシャンボード
数ある革靴のなかでも、独自の存在感を醸し出すパラブーツのシャンボード(CHAMB...
2/6GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ