サンダルコーデ メンズ特集!足元の抜け感で着こなしを軽妙洒脱な印象に

抜け感のある足元で、装いに軽やかさを演出する春夏の定番シューズ「サンダル」。アスレチックやアウトドアに最適なスポーツサンダルからリゾート感溢れるビーチサンダル、シックで落ち着いた印象のレザーサンダルまで選択肢は様々だ。今回は「サンダル」にフォーカスして、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

グルカサンダルを取り入れたドレッシーなジャケパンコーデ

19世紀にイギリス領であったインドで、傭兵として組織されたグルカ族の兵士たちが履いていたシューズを起源とするグルカサンダル。通気性に優れたストラップ構造と、トゥとヒールが覆われたドレスシューズさながらのデザインは、夏のスーツスタイルやジャケパンスタイルに持ってこい。ドレッシーなスタイルの印象をキープしながら、抜け感を足元に演出するグルカサンダルは、大人の着こなしにふさわしいアイテムだ。

ブラウンべっ甲のサングラス、レッド無地のバンダナ/ネッカチーフ、ブラウン無地のテーラードジャケット、白無地のシャツ、ブラウンストライプのスラックス、黒グルカサンダルを合わせた春秋のメンズコーデの着こなし。

Pernoi(ペルノイ)×ZEUS(ゼウス) サンダル

Pernoi(ペルノイ)×ZEUS(ゼウス)サンダル

詳細・購入はこちら

ファブリツィオ・アリア―ニ氏はコーデに細ベルトのサンダルをセットしラフな抜け感をプラス

GWD(Gentleman’s Wear Daily)というメディアの編集長を務めるファブリツィオ・オリアーニ氏は、マスタードカラーのプルオーバーシャツとオフ白パンツ、細ベルトのブラウンレザーサンダルを合わせ、エフォートレスなコーデを表現。シューズの中でもラフな雰囲気を与えやすく小僧っぽく見えがちなサンダルを、細ストラップがクロスするレザータイプをチョイスして大人顔の足元に。サファリなムードを醸し出す、コロニアルカラーでまとめたナチュラルな着こなしも◎

無地のメガネ、イエロー無地のポロシャツ、白無地のコットンパンツ、ブラウングルカサンダルを合わせた春夏のメンズコーデの着こなし。

オリーブグリーンでまとめたワークテイストの着こなしにサンダルを合わせ抜け感を演出

オリーブグリーンでまとめたセットアップのコーディネートに、ビルケンシュトックのチューリッヒを合わせ足元に抜け感をプラス。白Tシャツをインナー使いすることで、ワンカラーコーデの単調さを回避しながら武骨さの中に爽やかさをチョイ足し。ミリタリーテイストを強調する肩掛けした迷彩柄バッグのアク足しも見逃せない。

ブラウンべっ甲のサングラス、オリーブグリーン無地のシャツジャケット、白無地のTシャツ、オリーブグリーン無地のコットンパンツ、オリーブグリーンシャワーサンダルを合わせた春秋のメンズコーデの着こなし。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)サンダル

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)サンダル

詳細・購入はこちら

2/21GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ