「SUICOKE(スイコック)」のサンダルが誇る圧巻の機能美とは?魅力と定番モデルを紹介

通気性と機能性を両立させることから、夏のマストアイテムとしての地位を確立しているスポーツサンダル。なかでも「SUICOKE(スイコック)」は、ダブルビブラムソールや独自のストラップによるフィット感など、他とはひと味違う工夫を施すことによって一際存在感を放つブランドとして人気を集めている。今回はそんな「スイコック」にフォーカスして、魅力やおすすめのモデルを紹介!

スポンサーリンク

独自技術で魅力的なサンダルを展開!日本が誇るシューズブランド「スイコック」とは

スイコックは、2006年に設立された日本のシューズブランド。本当に自分たちが欲しいもの、所有したいものだけを想像するというコンセプトを掲げ、高品質なシューズ作りをメインとしてスタートした。その後シューズだけでなく、バッグ、ロシアの民芸品マトリョーシカ、本場のタイクッションなど、枠にとらわれない自由な発想でアイテムを展開。そして2012年、独自の開発により「SUICOKE original EVA Footbed」を搭載したサンダルを発表する。人が歩くときの動きや足の形を考慮したフットベッドを開発し、大きな話題を呼んだ。

2014年には、世界的な一流ソールメーカーとして知られるVIBRAM社との取り組みに着手。他ブランドでは成し得なかった業界初のビブラムソールを搭載したサンダルの開発に成功した。当初は、釘が打てるほどソールが硬かったが、幾度のテストを繰り返すことで最高の履き心地を追及したプロダクトが完成。Vibram社が培ってきたフットウェア用のゴム配合技術を最大限活かしたそのサンダルは、柔軟な踏み心地に加え反発性を兼ね備えた仕上がりが魅力だ。

また、ビブラムソールの中でも独自開発のモアフレックスを使用することで、軽くて柔らかく、屈曲性と衝撃吸収性に富み、そして摩耗強度に優れたアウトソールとなっている。ストラップの長さも絶妙で、アーチサポートのフィット感も素晴らしいものがある。ストラップサンダルは数あれど、スイコックほど日本人の足型に合わせて設計されたものは非常に稀少だ。

スイコックのサンダルはここが違う!世界初の「ダブルビブラムソール」

スイコックのサンダルの特徴は、ビブラムソールを採用しているという点。スニーカーやブーツなどでは大定番のビブラムソールだが、それをサンダルに採用したのはスイコックが世界で初めて。さらに、アウトソールにビブラムソールを採用している靴は数多くあれど、フットベッドにまで採用しているのは唯一無二。この史上初の試みこそスイコックが支持される由縁であり、他のスポーツサンダルとは一線を画す理由なのだ。

og-044v-d3

詳細・購入はこちら

耐久性、防滑性、履き心地に優れた「ビブラムソール」はスポーツサンダルに最適!

そもそもビブラムソールとは、1937年にイタリアで創業されたVibram社というメーカーが製造しているソール。もともとは登山靴用のソールとして開発されたビブラムソールは、優れた耐久性や防滑性に加え、履き心地が良いことから今では登山以外の多くの靴に採用されることとなった。有名メーカーのトレッキングシューズはもちろん、スニーカーから革靴まであらゆる分野の靴がビブラムソールを採用。デザインやバリエーションもさまざまで、ブーツなどで有名なゴツゴツとした「コマンドソール」もビブラムソールの一種である。濡れた地面でグリップ力を発揮し、マイナス40℃の寒冷地から真夏の熱されたアスファルトにも対応するビブラムソールは、スポーツサンダルにこれ以上なく相応しいソールだと言えるだろう。

3558_12

詳細・購入はこちら

スイコックのサンダルのアウトソールには、軽さと耐久性、そしてスニーカーのような反発性を備える独自開発の「MorFlex(モアフレックス)」を採用!

スイコックのアウトソールに使われるビブラムソールは、サンダルの用途に適合するようVibram社が新たに独自開発したものを採用。軽さと耐久性を兼ね備えた「MorFlex(モアフレックス)」と呼ばれるアウトソールだ。一般的なサンダルに使用されるEVA(スポンジ)素材は、軽快さと引き換えに、使用するたびに摩耗していき、潰れが生じるというデメリットを持つ。それに対しモアフレックスのアウトソールは、柔軟な踏み心地と反発性を兼ね備えることにより劣化を最小限に抑えることに成功している。その反発はEVA仕様のものとは段違いで、スニーカーのような蹴り出しも可能とするのだ。

044vpo-i5

詳細・購入はこちら

スイコックのサンダルのアーチサポートも独自開発!極上のフィット感を実現するフットベッド

アウトソールだけでなく、フットベッドにもビブラムソールを採用しているスイコックのサンダル。このフットベッドは、スイコックとVibram社の共同開発によって製造された完全オリジナルのものだ。最大の特徴は平らではなく、足の形を考慮した独自の凹凸をつけている点。つま先部分の突起は指を正しい位置へと導き、歩行時の滑りを抑える。

064vpo-d1

詳細・購入はこちら

土踏まず部分にも膨らみがあり、足への負担を大幅に軽減。長時間歩いても疲労を感じさせないよう工夫されている。

064vpo-d8

詳細・購入はこちら

さらに注目なのが、カカト部分にも膨らみを配置している点だ。柔らかい肉球のようなこの膨らみがクッションとなり、フィット感を与えるとともにカカトに与えるストレスを軽減。人が歩くときの力と支点をうまく利用し、歩きやすさとフィット感を徹底的に計算しつくされたアーチサポートによって、サンダルとは思えない極上の履き心地を実現している。

056vs-d7

詳細・購入はこちら

スイコックのサンダルのストラップは靴擦れの心配不要!?「当て布仕様」でホールド感アップ

スイコックのコレクションに数多く採用されているストラップ。甲や足首などに巻くベルクロのストラップはサイズ調整が自由自在で、着脱しやすいのが特徴だ。こうしたストラップサンダルは今や珍しいものではないが、従来の製品では靴ずれが起きやすいという悩みも少なくなかった。スイコックのサンダルは、甲やカカトが当たる部分のストラップに「当て布」を張ることで靴擦れを防いでくれるのが魅力。これにより足当たりも優しくなり、カカトが遊ばずにしっかりとフィットする。

スイコックのサンダルのストラップは靴擦れの心配不要!?「当て布仕様」でホールド感アップ

詳細・購入はこちら

スイコックサンダルのおすすめモデルを紹介

あらゆるモデルを展開しているのもスイコックの魅力。ベーシックなデザインのストラップサンダルからシャワーサンダルテイストのモデル、さらには日本の雪駄(せった)風のモデルまでありとあらゆるデザインが存在する。ここからは、スイコックの注目モデルをピックアップ!

機能とデザインを両立するスイコックのアイコンモデル「KISEE-V」

KISEE(キシー)-Vは、数あるスイコックのコレクションの中でも不動の人気ナンバー1を誇る代表的なモデル。足首をぐるりと囲みこむようなストラップでしっかりとホールドし、アクティブな動きでも快適な履き心地を実現する。

71u6YMmgPKL._UL1500_

詳細・購入はこちら

全てのストラップの内側にクッションを採用し、より一層ストラップのあたりが優しく、靴擦れを防止。当然ながらサイズ調整も自由で、つま先と踵、甲のベルクロの三箇所で簡単に調整できる。ストラップサンダルの中でも、特に街履きによく馴染む都会的デザインにも注目。落ち着いたトーンででまとまっており、靴下を履いたままでも着用できるのも魅力的なポイントだ。そのホールド力と履き心地、機能と相まった絶妙なデザインから、スポーツサンダルのアイコン的地位を確立しつつある。

71n9jJAu8QL._UL1500_

詳細・購入はこちら

ストラップサンダルの新境地!スニーカーライクなハイブリッドサンダル「BOAK-V」

BOAK-Vは、いわゆるハイカットスニーカーのデザインをサンダルに落とし込んだハイブリッドな一足。足指の付け根からかかと付近までの側面をクッションで多い、甲や足首、アキレス腱部分を無段階調整が可能なストラップでホールドした仕様となっている。さらに、トゥ部分は覆うのではなく「壁」を設置することで、最も危険が多いつま先への脅威を排除。スニーカーに近いフィット感を実現しながらも、つま先やかかとが覆われていないので抜群の通気性を確保している。

og-086v-c2

詳細・購入はこちら

歩きやすさやフィット感を重視したい日や、スニーカーだと暑苦しいがカジュアルすぎるサンダルは避けたい日など、夏の足元の悩みを見事に解決。ソックスと組み合わせることでコーディネートのバリエーションがグンと広がり、3シーズンにまで対応できるのも大きな魅力だ。まさにストラップサンダルの新境地とも言える逸品。

og-086v-d4

詳細・購入はこちら

世界で初めてビブラムソールをインジェクション成型で仕上げたシャワーサンダル「SUBIM」

これまでストラップタイプのサンダルをメインに展開してきたスイコックが、2018年に満を持してリリースしたのがシャワーサンダルタイプのSUBIM。一見するとベーシックなシャワーサンダルだが、スイコックの十八番であるダブルビブラムソールを採用することによって機能性を充実させている。さらに、このモデルは世界初となるVibram社製のインジェクション成型を採用。インジェクション成型とは、熱で溶かした材料を金型に流し込んで成型する方法だ。これによって、アッパーもソールも同素材で一体成形されるため、アウトソールが剥がれる心配が少ない機能的デザインに仕上がっている。

vibs01-c1

詳細・購入はこちら

足指の付け根、土踏まず、カカトに配置されたフットベッドのアーチサポートはインジェクション成型でも健在で、軽やかな歩行が可能。また、「Vibram Versa Rubber」配合のアウトソールパーツを装着している点は、スイコックの従来モデルにも見られないこだわりだ。最もグリップ力を必要とするつま先の蹴り出し部分とカカトの第一接地面に耐摩耗性に優れた特殊ゴムを配置することで、通常の路面はもちろん雨の日の濡れたマンホールの上でも抜群のグリップ力を発揮する。余計な装飾を排除した洗練されたローテクサンダルに見せながら、ハイテクな要素を巧みに織り交ぜた一足は、春夏の様々なシーンに重宝してくれること間違いなしだ。

vibs01-i5

詳細・購入はこちら

極太クッションと厚底仕様で違いを見せる!「CEL VPO」

CELは、甲を調整するストラップ部分に極太のクッションを備え付けたモデル。クッションのディテールが足への保護性を高めると同時に、モードな雰囲気を醸し出す。サイズ調整も他のモデル同様ベルクロで自在に調整でき、着脱も容易。さらにVPOはプラットフォーム(厚底)モデルなので、クッション性を高めながら一般的なサンダルデザインとの違いを演出可能だ。

064vpo-d3

詳細・購入はこちら

スエードを採用した高級感溢れるサンダル「MOTO VS」

あらゆるモデルを展開するスイコックの中でも異色な色気と高級感のある魅力を放つ「MOTO VS」。その理由は、アッパーに採用した高級感溢れる牛革スエードにあり。レザーならではのラグジュアリーな雰囲気を携えながら、ストラップは2本のみでスリッパのように気軽に脱ぎ履きできるラフな履き心地を実現。もちろんベルクロで調整できるため、しっかりと締めればアクティブな動きにも対応できる。クッションも備えられているため、激しく動いても足を優しく保護。軽快さと機能性を併せ持ち、気品あふれる佇まいでリゾートに着用したいモデルだ。

056vs-c1

詳細・購入はこちら

日本の雪駄をモチーフにしたシャークソールサンダル「SET」

SET(セット)は、他のスイコックのモデルとは一線を画す変わり種の一足。モデル名の由来は日本の雪駄(セッタ)で、その名があらわすとおり和風モチーフのデザインとなっている。スイコックではおなじみのダブルビブラムソールではないものの、フットベッドのアーチサポートは健在。足指の付け根のサポートは前滑りを軽減し、土踏まずとカカトの突起で履き心地を向上している。さらにアウトソールも他のモデルとは違い、サンダルとしては極めてレアなシャークソールを搭載。雪駄と同じようにつま先が広いソールのデザインも実にユニークだ。ビーチサンダルの感覚で気軽に履けるSETは、ちょっとした散歩から真夏のビーチまで愛用できること間違いなし。

og145-c1

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ