知らないとオヤジ認定される36の若者言葉【随時更新】

若者言葉、女子高生流行語大賞、オヤジ認定、ネットスラング、ランキング

2017年の流行語大賞は「インスタ映え」「忖度(そんたく)」の2語。言葉というものは時代に合わせてどんどん進化していくもので上記の2語さえも新しさを感じさせないと言っても過言ではない。特に最近ではスマホの普及やオタク文化のメジャー化によって、10代〜20代前半の一般人の若者やネット住民が使い始めた言葉が浸透する傾向が顕著に。言葉が生まれ、そして死語になるスピードが年々早くなっている。30歳をこえたイイ大人が、最新の若者言葉や最新のネットスラングをガンガン使うのは痛々しいものの、若者と話したりLineしているときに若者の言葉の意味が分かる状態ではいたいもの。いちいち「どういう意味なの?」なんて聞くのはナンセンス。ということで今回は「やっぱりこの人オヤジだ..」とオヤジの烙印を押されぬよう、必ずおさえておきたい若者言葉を厳選して紹介!

スポンサーリンク

○○み

「わかりみがすごい/深い(すごくよくわかる)」「つらみ(なんだかつらい)」「よさみ(良さそう)」「やばみ(やばい)」など、語尾に「み」をつけた言い回し。

あげみ/あげみざわ

気分が上がっている様を表現する意味。ユーチューバーのケミオ氏が頻用することで流行したといわれる。その他、「やばみざわしんご(やばい)」「やばたにえん(やばい)」などもよく使われる。

いい波乗ってんね

調子いいね!というニュアンスで使われる言葉。セクシーダンスユニット”ファッキングラビッツ(Fxxking Rabbits)”の「イイ波のってん⭐︎NIGHT」に合わせて、Tik Tokでダンスする若者が続出した。振り付けと歌詞がセットで流行。いわゆるパリピの間では定番の飲み会コールだそう。

ありよりのあり

「この服買おうと思うんだけどどう思う?」「ありよりのあり」といった具合に使われる言葉。「ありよりのあり」の他にも「なしよりのあり」、「ありよりのなし」、「なしよりのなし」と。 いずれもアリ・ナシの2択において判定の微妙さを表現する言い方として用いられる。 例えば「なしよりのあり」は、否定的な要素も含むが総合判断で「あり」といったニュアンスでつかわれる。

ワンチャン/ワン

「ワンチャン」とは「OneChance」を略した言葉。「もしかしたら可能性がある」という意味で使われることが多い。「ワンチャン間に合うんじゃない?」という使い方の他、「あの子と今夜ワンチャン狙ってる」という感じでワンナイト的な使われ方も。最近では短縮されて「ワン」だけでも使われている。

よき/よきよき

「良い」を古文風に言い回した表現。「こないだ買ったスニーカーめっちゃよき」といった感じで使用されている。

すこ

2chのほか、ニコ動で使われ、ツイッターに広がっていった言葉で「好き」の意。

◯◯ンゴ

もともとは実況板の「なんJ」において、「やってしまったンゴ」といった感じで、「やらかしてしまった、やってしまった」というニュアンスで語尾に使われていた言葉だった。若者に広まるにつれて、特に意味を含めずなんとなく語尾につけて可愛げを演出するために使われるように。

あざまる水産

「ありがとう」の意。
ありがとうございます。→あざます。→あざまる水産 というかたちで言葉の語呂が近い、居酒屋チェーンの磯丸水産と組み合わさったのが由来。

好きピ

好きなピーポー、好きな人を意味する。使いかたは「好きピと旅行いく」など。

リアタイ

リアルタイムの略。

エゴサ

エゴサーチ。
SNSなどで自分の名前やアカウントIDを検索すること。

草不可避/草生えるww/草生えたww/草

笑いをこらえきれない/笑える/笑った
ネットスラングだが若者の間でも使用される言葉。
元々、文末に付ける(笑)が”w”や”ww”、”www”に変化しその文字のカタチが草が生えているような事から、草という風に変換されたのが元。
言われた時に意味が分かるのは必須だが、ムリをして使わない方が良い言葉。最近では短縮されて「草」だけでも使われている。

かわたん/やばたん/つらたん/こわたん

かわいい/やばい/つらい/こわい
形容詞に「たん」をつけてかわいくて柔らかいニュアンスにするために”たん”を付ける手法。

とりまやばたん

とりあえず発する言葉。特に意味がないケースも多い。
「とりあえずまあ」と「やばたん」が組み合わさった言葉。

tkmk

ときめく/ときめき
“tokimeku”の子音だけとってtkmkと標記する。
「そんなんされたら女子みんなtkmk」というように使用される。

wktk/ワクテカ

ワクワクする
胸がワクワク、肌がテカテカするという擬態語。

かみってる

神がかっている
「今日のウチ、かみってない?」という感じで使われている。

disる/ディスる

批判する、悪く言う
もともとは”disrespect”が語源。国内でヒップホップ系のラッパーが好んで使い始めたことから若者にじわじわと浸透。

イケボ

イケメンボイス。
かっこいい声のこと。

ベッケンバウアー

別件
親父ギャグかと思いきや若者語!

KS

既読スルー
これはつらたん。

おくちょ

送ってちょうだい
「明日テストなのにノート学校に忘れた!あとでおくちょ」という感じで使われている。

豚切り(ぶたぎり)

話の流れをぶった切ること

あーね/それな/それ

あーそうだよね/それはそうだよな
相手の話に対して、同意を示しつつ相づちを打つ際に使う。「それな」を短縮して「それ」と使うこともある。

アチュラチュ

アツアツ 男女の仲が良い最上級表現
「うちらアチュラチュだよね!」と言われたら「それな」という感じで返す。

じわる

時間が経ってからじわじわ笑えるようなことを指す。「じわじわくる」の略

りょ/り

了解
「りょ」がさらに短くなり最近では「り」というのも使われている。

がんなえ

非常になえること

なうしか

いましかない/なうと同意で使われることも多い
風の谷のナウシカとかけているが、意味は全く関係ないので注意。「いまでしょ!」は死語となり現在はこちらが流行している。

ガンダ

めちゃくちゃダッシュで走ること。
ガンガンダッシュの略。

ヤグる

浮気現場を目撃される

いぇあ

YEAH!!
テンションの高さを相手に伝えたり、YESの意味を伝えるときに使う。

かまちょ

かまってちょうだい
かまってほしいときに使う。

秒で

すぐに

OC

おいしい

しょんどい

正直しんどい

微レ存(ビレゾン←読み注意)

微粒子レベルで存在すること。転じて可能性がわずかしかないこと。

エモい

哀愁のある/切なげな/エモーショナルな/感動する/いい感じの
「この曲、エモい..」「今日のライブ超エモかったよね!」など基本的に音楽に対してポジティブな意味で使われることが多い形容詞。音楽好きや音楽業界人の間で多用されている。

もともとハードロックにエモーショナルなメロディーが加わった音楽ジャンル「エモコア」が起源。(1995年にシアトルのサニーデイリアルエステイトというバンドが確立したそうだ。)
しかし最近では「あのカップルの会話、エモすぎ!」「さんざんデートしたのに簡単にフラれる俺ってエモい」とかネガティブな意味含め、幅広い使われ方をされている。

TNJ女子

「たいしたことないじゃん」でもモテる女子。
若い女性の女子会で頻発されるやっかみ表現。

フロリダ

風呂離脱
「ごめん、フロリダするからまたあとで!」という感じで使われている。

イチキタ

一時帰宅
「イチキタしてから遊び行こうよ」という感じで使われている。

メンディー / ◯◯メンディー

めんどくさい
関口メンディー氏が使用していたメンディー語が流行。
「ごめんディー」「だめンディー」「うめンディー」など他の言葉と組み合わせて使うこともできる汎用性の高さが魅力。

トッポギ

突然六本木に行く
韓国料理ではありません。いわゆるパリピが使うのでしょうか?

おしゃかわ

おしゃれでかわいい
人にも物にも使えます。「このカフェおしゃかわじゃね?」「それな」という感じで使われている。

ま?

マジ?、マジで?
驚くことが起きた時などに、「ま?」と聞き返す。

イキる

イキがる
「イキがって」ではなく、「イキって」と使うこともある。

あざ

ありがとうございます

映え

インスタ映え

おけ

OK
「りょ」「り」に近い使われ方。

卍/マジ卍

不良、ヤンキー
「お前卍だな」という感じで使われる。

熱盛

熱く盛り上がったシーン

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ヒアリングやTwitter検索を通じて分かったことは、ネットスラングを使うJD、JK、JC(女子大生、女子高生、女子中学生)が非常に多いこと。以前は一部の2ちゃんねらーやオタクの専売特許だった言葉がかなりのスピードで彼女達に普及していくのがわかります。
積極的に使う必要はないですが、おさえておくとオヤジ認定されなくて済みそうですね!

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ