知らないとオヤジ認定される36の若者言葉【随時更新】

Share

若者言葉、女子高生流行語大賞、オヤジ認定、ネットスラング、ランキング

流行語大賞といえば、その年の日本の世相を反映したフレーズが選ばれることもあり、毎年注目を集める。それ以上に、若年層の間で使われる若者言葉は時代の空気感を如実に反映しているもので思わず「なるほど!」とうなってしまうものも多い。
最近ではスマホの普及やオタク文化のメジャー化によって、10代〜20代前半の一般人の若者やネット住民が使い始めた言葉が浸透する傾向が顕著。言葉が生まれ、そして死語になるスピードが年々早くなっている現代、30歳をこえたイイ大人が、最新の若者言葉や最新のネットスラングをガンガン使うのは痛々しいとはいえ、若者と話したりLineしているときに若者の言葉の意味が分かる状態ではいたいもの。いちいち「どういう意味なの?」なんて聞くのはナンセンス。ということで今回は「やっぱりこの人オヤジだ..」とオヤジの烙印を押されぬよう、必ずおさえておきたい若者言葉を厳選して紹介!

スポンサーリンク

○○み

「わかりみがすごい/深い(すごくよくわかる)」「つらみ(なんだかつらい)」「よさみ(良さそう)」「やばみ(やばい)」など、語尾に「み」をつけた言い回し。

ない(無い)

文字通り「ない(無い)」ことを意味する。
人気お笑いコンビ、おミュータンツの宮戸フィルムが、YouTubeで感じの悪いSupremeスタッフの真似したことがきっかけで流行り出したワード。Supremeで買い物をした経験がある人達が、こぞって共感している。まだ、具体的な使い方は確立されていないが会話のなかで「○○ない」を連呼して、ふざけて使う人が増えている。

あげみ/あげみざわ

気分が上がっている様を表現する意味。
ユーチューバーのケミオ氏が頻用することで流行したといわれる。その他、「やばみざわしんご(やばい)」「やばたにえん(やばい)」などもよく使われる。

KP(けーぴー)

「乾杯」を意味する言葉。
元々は、YouTubeやニコ生で配信者が視聴者に向けて、飲み物を掲げて言っていたとされている。乾杯シーンを動画撮影して「KP」という文字と共にインスタストーリーに投稿する人も多数。

3150

「最高」を意味する。
亀田史郎が自身のYouTubeチャンネルで、ポーズを決めながら使ったことが元ネタと言われている。SNSで使われるこも多く、ハッシュタグとして使うケースも。「このラーメン3150だ」「今日の昼に食べたラーメン旨かった#3150」といった感じ。リアルでは、亀田史郎本人と同じポーズを決めながらオリジナルに忠実なスタイルで使う人も稀にいるが、そこまでせずライトに使う人が大半だ。
読み方を数字の羅列で表現したという意味で同様の言葉に「397(サンキューな)」がある。

あたおか

頭がおかしい(人)の意味。
人気お笑いコンビ「見取り図」のツッコミ定番フレーズが起源。元々流行っていたフレーズではあるが、EXITなどお笑い第七世代が積極的に使ったことで、さらに世間への浸透具合が高まったと言われている。

えぐいてぇ

想定外の事態に遭遇したときに使われるフレーズ。
人気YouTuber「ガードマン」が、過激なドッキリを仕掛けられた際などに頻用することで流行した。

2/14GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ