キャップとサングラスを合わせる際に見ておきたい4つのコーディネート事例

Share

キャップとサングラスを合わせる際に見ておきたい4つのコーディネート事例

キャップとサングラスは夏のアクティブスタイルの必需品。この2つが加わることでコーディネートがグッと快活な印象に仕上がる。今回はそんなキャップ×サングラスのコーディネートで参考にしたい4つのスタイルサンプルを紹介!

キャップ×サングラス コーデ①「浅めのジェットキャップでサングラスとのサイズバランスを調整する」

大ぶりなサイズのサングラスをかける際は、ジェットキャップなどの浅い帽子を組み合わせるとバランスよく見える。深いベースボールキャップを目深にかぶると、サングラスと合わせて顔まわりにおける占有面積が広くなってしまうため、明るく快活な印象に仕上げるのであればこんな組み合わせを参考にしてみてほしい。

キャップ×サングラス コーデ②「レンズの色が薄めのサングラスなら不審者感を軽減可能!」

キャップとサングラスのコンビは、合わせ方によっては不審者のように見えてしまったり、顔の表情が全く見えないことから敬遠されることも少なくない。さらに昨今はそこにマスクもプラスすることも増え、そのネガティブなイメージはさらに増幅傾向にある。そんな時に選びたいアイテムがレンズの色が薄いサングラスだ。目の動きや表情が読み取れるぐらいの薄さなら不審なイメージも軽減され、薄色のイメージから涼しげな印象も同時に得られる。遮光性はやや弱めだが、ファッションアイテムとして一つは持っておいて損はないだろう。

キャップ×サングラス コーデ③「目深にかぶったキャップにはラウンドやボストンなどの小ぶりなレンズが似合う!」

ベースボールキャップを目深にかぶったスタイルには、レンズの面積が狭めの小ぶりなサングラスがよく似合う。ウェリントンやティアドロップはレンズ面積が広く、目深にかぶったキャップに干渉しすぎてしまうこともあるが、こちらの男性がチョイスしているようなラウンド型やボストン系ならシュッとしたコンパクトなスタイルに仕上がる。

キャップ×サングラス コーデ④「後ろかぶりで着こなしに明るい印象をプラスする」

キャップ×サングラス コーデの印象を明るく見せるなら、キャップを後ろかぶりで取り入れるのも選択肢のひとつ。ツバによる視認性の問題がなくなるため、コーディネートの顔まわりを明るく見せることが可能だ。このスタイルはやんちゃで小僧っぽいイメージを与えてしまうこともあるため、選ぶキャップやサングラスは大人っぽいデザインを。

【関連記事】キャップ コーデにまつわる記事をもっと読みたい方は↓もチェック!

関連記事 キャップをメンズコーデに取り入れるなら?被り方による印象の違いとコツ、着こなし事例をまとめて紹介
キャップをメンズコーデに取り入れるなら?被り方による印象の違いとコツ、着こなし事例をまとめて紹介
コーディネートを手っ取り早くスポーティーに見せるならキャップの取り入れがおすすめ。何かもうひとアクセント付け加えたい…という時にも有効で、一点で印象をガラリとチェンジできる存在感バツグンの小物だ。今回はおしゃれなキャップの被り方から、参考に...
関連記事 キャップ コーデ特集!被り方による印象の違いからコツ、スポーティーに味付けしたメンズの旬な着こなし&アイテムを一挙紹介
キャップ コーデ特集!被り方による印象の違いからコツ、スポーティーに味付けしたメンズの旬な着こなし&アイテムを一挙紹介
近年益々ファッションアイテムとしての存在感を増しているベースボールキャップ。スポーツやアウトドアへの取り入れはもとより、カジュアルコーデにやんちゃ感をプラスするアクセントや、ドレッシーな着こなしにハズしをきかせるギミックとして活用する洒落者...
関連記事 ベースボールキャップ コーデ特集!スポーティに味付けした旬な着こなし&アイテム紹介
ベースボールキャップ コーデ特集!スポーティに味付けした旬な着こなし&アイテム紹介
GUCCI(グッチ)やBALENCIAGA(バレンシアガ)、DSQUARED2(ディースクエアード)など、モードを牽引するラグジュアリーブランドの多くがこなれ感のあるアクセサリーとして打ち出し、近年益々ファッションアイテムとしての存在感を増...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する