メンズのロングヘアで色気を演出!おすすめヘアスタイルとスタイリング術を併せて紹介

Share

アーティストや俳優、スポーツ選手といった男性有名人がロングヘアをバッチリとキメているのを見て、憧れを抱いたことがある方は少なくないはず。ミステリアスかつ個性的な雰囲気を醸成でき、さらにはヘアアレンジも自在に出来るなど意外とメリットが多いのも魅力。今回はそんなメンズのロングヘアに着目し、おすすめの髪型とスタイリング方法を紹介する。

スポンサーリンク

メンズの好印象ロングヘアで押さえるべきポイントは3つ!

どのシーンにおいても爽やかな短髪が好印象を持たれるのは周知の事実。それだけに“ロングヘアはあまり受けがよくなさそう”と思っている方は多いだろうが、最低限のポイントを押さえてさえいれば相手に良い印象を与えられるはずだ。そこで最初に、とくに押さえておきたいポイントを3つ紹介する。

メンズのロングヘアで押さえるべきポイント①「絶対に清潔感を損ねないこと」

男性のロングヘアで一番大切なのは不潔と思われないこと。とくに伸ばす過程でヘアケアを怠ってしまうと髪の毛がボサボサになり汚く見えてしまうこともあるので、キューティクルを保護したりパサつきを防ぐことは欠かせない。また髪だけでなく、印象を少しでも良くするために肌や体型を美しく保ったり、服装などの全ての身だしなみに気を付けることも重要。ちなみに、時折見えてしまう白髪も清潔感を損ねる原因になりかねないため、もし白髪が目立つようなら白髪染めも必要になるだろう。

メンズのロングヘアで押さえるべきポイント②「髪の手入れをしながら伸ばす」

髪は自然に1ヶ月でおよそ1cmほど伸びるが、丁寧にケアをしながら伸ばさないと月日が経つごとに毛先の方からダメージが目立つようになる。髪のダメージは枝毛やパサつきの原因になって清潔感を損ねてしまうので、定期的なトリートメントや習慣的なヘアオイルなどでのケアが重要だ。また、髪は摂取した栄養素によっても伸び方が左右されるので、タンパク質が豊富な食事はもちろん、ビタミンや亜鉛サプリなどを積極的に摂取してもいいだろう。

メンズのロングヘアで押さえるべきポイント③「個性的にしすぎない」

清潔感やヘアダメージに気を使って完成させたロングヘアは雰囲気ある魅力的なヘアスタイルになるが、ヘアアレンジをしすぎて個性を前面に出しすぎるとせっかくの魅力が損なわれる可能性がある。奇抜なカラーリングやパーマ、独特なフォルムのカットは与える印象が強すぎて、人当たりの良さや洒落感があるヘアとは言いにくくなってしまう恐れが。なのでロングヘアの持ち味を生かすためにも、落ち着いた雰囲気や男らしさを底上げするヘアスタイルを目標にするのがおすすめだ。

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する