自宅で出来る腕の筋トレメニューとは?部位別のトレーニング方法を紹介!

Share

3 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
自宅で出来る腕の筋トレメニューとは?部位別のトレーニング方法を紹介!

3 ページ以降を表示しています。

目次を表示

自宅で出来る「前腕」のトレーニングメニュー

自宅で出来る前腕の筋トレ①「リストカール」

前腕を鍛える定番的なメニューであるリストカール。この種目では前腕の手のひら側にある前腕屈筋群を強化でき、腕まくりしたときにカッコいい腕を手に入れられる。

指に引っかけるようにダンベルを持ち、逆側の手でしっかり前腕を固定する。そのまま、指を肘にくっつけるようなイメージでダンベルを手首を巻きながら持ち上げる。重たすぎると怪我をする恐れがあったり、フォームが崩れやすいため軽い重量から始めるのがオススメ。目標は10~15回3セットをゆっくりと。難しい場合は限界まででOK

【関連記事】リストカールで頼りがいある前腕を作る!効果的かつ正しいやり方を解説

関連記事 リストカールで頼りがいある前腕を作る!効果的かつ正しいやり方を解説
リストカールで頼りがいある前腕を作る!効果的かつ正しいやり方を解説
ダンベルを買うならコレがおすすめ! ダンベルおすすめ①「MOJEER ソフトコーティング 鉄アレイ 2個セット」 軽い感じでトレーニングを始めたい…という方にうってつけのダンベルがこちら。床を傷つけないようソフトゴムコーティングを施...

自宅で出来る前腕の筋トレ②「スピネーション」

手を外側にひねる筋肉である回外筋を強化できるスピネーション。回外筋はドアノブを回したりペンを持つなど日常的な動作でよく使われる筋肉ゆえ、前腕トレーニングの中ではとりわけ意識しやすい種目だ。

片手でダンベルの端を持ち、逆側の手で前腕が動かないようにしっかりと固定する。ダンベルが床と平行になる程度に手のひらを下に向けたらスタート。そこから重力に任せることなく、ゆっくりと手のひらを返していく。簡単そうに見えるが意外と握力を使うため、初心者の方は3kg~5kg程度から始めるのがオススメ。目標は10回3セット、キツい場合は限界の回数まででOK

【関連記事】腕まくりを最強セクシーに見せる前腕トレーニング

関連記事 腕まくりを最強セクシーに見せる前腕トレーニング
腕まくりを最強セクシーに見せる前腕トレーニング
前腕トレーニングの手首の怪我を防ぐ“リストラップ”のおすすめ3選 日常動作でも前腕はよく使われるため、ストイックにトレーニングすると怪我をする可能性も。なかでも、手首は痛めやすい部位なのでプロテクトしておくのが大事だ。テーピングをサポ...
4/4GO TO NEXT PAGE

この記事の著者

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ