カジュアルコーディネートに合う革靴特集

スーツ/ジャケットなどのドレススタイルに合わせるのはもちろん、カジュアルスタイルにもマッチするデザインや仕様、カラーリングの革靴も数多く存在する。足元に革靴をチョイスするだけで、コーディネートも自然と締まりのある印象に。今回は「カジュアルコーディネートに合う革靴」にフォーカスし、選び方の指標やおすすめのアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

カジュアルスタイルに合う革靴の指標1「トゥ(つま先)のデザイン」

着用シーンを見分けるひとつの指標が、トゥのデザイン。最もフォーマルとされるのが、1本のライン(ダブルステッチ)が入った「ストレートチップ(別名キャップトゥ)」だ。

基本的に、トゥは装飾的であるほどカジュアルユースとなる。ストレートチップにパーフォレーション(大小の穴飾り)が施された「パンチドキャップトゥ」や、メダリオンという装飾が施された「セミブローグ」などは、ビジネスとカジュアルどちらの場面で使っても違和感がない。

トゥがW型の「ウイングチップ」にメダリオンやパーフォレーションなどの装飾を施したものは、カントリー由来の革靴。最もカジュアル寄りのデザインだと言えるだろう。

カジュアルスタイルに合う革靴の指標2「羽根の様式」

鳩目(シューレースホール)周りがフラットになっている「内羽根式」は、王室などの室内履きに由来する。日本ではあまり意識されていないが、基本的に冠婚葬祭では内羽根式の革靴を履くのがマナーだ。

鳩目が外から覆うかたちになっているものを「外羽根式」と呼ぶ。ダービーやブルーチャーとも呼ばれるこの様式は、戦場や騎乗で履く靴が由来。アクティブに動くビジネスシーンで、外羽根式を選ぶ人も少なくない。カジュアルシーンにおいても、内羽根式より外羽根式のほうがコーディネートに馴染みやすい。

カジュアルスタイルに合う革靴の指標3「色」

フォーマルとして使える革靴の色は「黒」のみ。近年ではビジネスシーンでダークスーツに茶靴を合わせるケースも見受けられるようになってきたが、基本的には黒以外の革靴はカジュアルユースとなる。黒色の内羽根ストレートチップは、フォーマルからビジネスまで使える最も格式の高い革靴だ。

カジュアルファッションに絶対的なルールは存在しないとは言え、さすがに黒の内羽根ストレートチップを休日のコーディネートに合わせるのは難しい。しかし、ブラウン系の内羽根ストレートチップであれば、ジャケパンスタイルなどに自然に合わせることができる。

もちろん「カジュアルで黒の革靴を履いてはいけない」というわけではない。外羽根式でブローギング(装飾)が入ったものなどは、ビジネスよりもむしろカジュアルコーディネートに適している。

カジュアルスタイルに合う革靴の指標4「シルエット・デザイン」

トゥに装飾が一切ない「プレーントゥ」は、幅広いシーンで使用できる革靴。細身シルエットのスクエアトゥや、外羽根式Vフロントのものなどはどちらかと言えばビジネス向き。カジュアルで使う場合は綺麗めのコーディネートに合わせるのがしっくりくる。

一方でボリュームのあるぽってりとしたトゥを持つ革靴は、カジュアルコーディネートに合わせやすい。チャーチの「シャノン」やパラブーツの「シャンボード」は、カジュアルな革靴の代表格だと言えるだろう。

チャーチ「シャノン」

1枚の革で形成される「ホールカット」は、プレーントゥの中でもやや変わり種と言える存在。名門ブランドが手がけるような上質レザーによるホールカットは、高級感に溢れた工芸品のような趣もある。ビジネスでもカジュアルでも、人とは異なる個性を演出できるだろう。

カジュアルスタイルに合う革靴の指標5「紐を使わない革靴」

“紐靴”以外の革靴もカジュアルシーンで使いやすい。中でも「ローファー」はビジネスよりもカジュアルに適した革靴。「怠け者(Loafer)」の意味を持つローファーは、コーディネートのハズしアイテムとしても重宝する。

ローファーよりもドレス度が欲しい場合は、「モンクストラップ」がおすすめ。2つのバックルで留めるダブルモンクストラップは、セミフォーマルからカジュアルまで合わせることが可能だ。

カジュアルコーディネートに合う革靴をピックアップ!

EDWARD GREEN(エドワード グリーン) 外羽根Uチップ DOVER

エドワードグリーンは、英国ノーザンプトンで1890年に設立された老舗メーカー。その高品質なコレクションは愛好家だけでなく同業の靴職人ですら絶賛すると言われているほどで、英国革靴ブランドの中でも最高峰の評価を獲得している。ドーヴァーは、そんなエドワードグリーンを象徴する人気モデルのひとつ。最大の特徴は、モカ部分の「スキンステッチ」。革の内側を手で縫い進んでいく縫製方法で、良い革を使わないと裂けてしまったり、つま先の釣り込みを手で行わなければいけなかったりと難易度が非常に高く、スピードと量をこなすには熟練の技が不可欠。ドレス、カジュアルともにオールマイティに履きこなせる名品だ。

詳細・購入はこちら

Church’s(チャーチ) 外羽根プレーントゥ Shannon

1873年に英国ノーザンプトンのメープル・ストリートに小さな工房を開いたことから始まった老舗名門紳士靴ブランド、チャーチ。1965年にはエリザベス2世の訪問を受け、英国産業界で最高の名誉とされる「クイーンズ・アワード」を授与するなど、由緒正しき歴史を持つ。プレーントゥのシャノンは、「雨の多いロンドンで磨かずに済む上品な靴」をコンセプトとして誕生した一足。オリジナルで開発されたポリッシュドバインダーは撥水力に優れ、パテントよりも少し抑えめの上品な光沢感を備えている。存在感ある佇まいの、ボリュームのあるラウンドトゥが魅力的。

詳細・購入はこちら

Paraboot(パラブーツ) 外羽根Uチップ CHAMBORD

1908年にレミー・ リシャールポンヴェールによって設立されたフランスのシューズブランド、パラブーツ。シャンボードは、このブランドを代表するロングセラーモデル。Uチップのデザインがカジュアルコーディネートと非常に相性が良く、優れた機能性と堅牢性で長きにわたって愛用できる。アッパーの素材は、オイルの含有率が高く光沢のあるカーフレザーを採用。柔らかくしっとりとした質感はひと目で素材の良さを実感できる。パラブーツはラバーソールの生みの親でもあることから、クッション性の高い歩き心地を得られるのもメリットだ。

詳細・購入はこちら

Trickers(トリッカーズ) 外羽根ウイングチップ Bourton

靴作りの名人ジョセフ・トリッカーによって、1829年に創業されたトリッカーズ。英国靴製造のメッカであるイギリスのノーザンプトンに現存する最古のシューメーカーで、180年間にわたり当時からの変わらぬ伝統的な技法を用いながら、ハイクオリティな靴を手がけ続けている。バートンは、カントリーシューズを得意とするトリッカーズを象徴するようなフルブローグダービーシューズ。丁寧に施されたブローギングやメダリオンが織り成す重厚な雰囲気と、華やかな表情が魅力の一足だ。悪路でも難なく歩けるパワフルで躍動感溢れるラバーソールも素晴らしい。

詳細・購入はこちら

ALDEN(オールデン) 外羽根ウイングチップ

1884年にチャールズ・H・オールデンによって設立されたアメリカの老舗、オールデン。素材や製法にこだわり抜いた製造スタイルで、英国やイタリア靴とは違った魅力で人気を博している。このブランドの外羽根ウイングチップは、王道のバーガンディカラーが特徴。また、ウイングチップの装飾こそ通常どおりだが、外羽根部分の装飾がカカトまで伸びているのはアメリカ靴らしい仕様だ。重厚なディティールでラギッドな雰囲気を醸し出す一足。

詳細・購入はこちら

Santoni(サントーニ) 内羽根ストレートチップ

1975年にアンドレア・サントーニによって立ち上げられたイタリアのシューズブランド、サントーニ。早業から40数年という歴史ながら、現在では最も力のあるイタリア靴ブランドのひとつとして世界的な知名度を誇る。このブランドの魅力は、イタリアブランドの伝家の宝刀とも言える美しい色使い。トゥを起点とした赤みがかったブラウンのグラデーションは美術品のような色気を備える。本来なら真面目な印象の内羽根ストレートチップだが、このカラーであればカジュアル使用も可能。

詳細・購入はこちら

Allen Edmonds(アレン・エドモンズ) タッセルローファー Grayson

アレン・エドモンズは、1922年に靴職人のエルバート・W・アレン氏がウィスコンシン州の小さな町ベルギーで創業したブランド。オールデンと並んで米国靴の最高峰に君臨する。タッセルローファーのグレイソンは、小ぶりなショートノーズシルエットが特徴。広めに取られた履き口で気軽に履きこなすことができ、タッセルが足元に華を添える。見た目は軽快だがグッドイヤーウェルト製法で作られているため耐久性は折り紙つき。

詳細・購入はこちら

WH(ダブルエイチ) ダブルモンクストラップ

シューデザイナー坪内浩 氏とファッションディレクター干場義雅 氏によって誕生したメイドインジャパンのシューズブランド「WH(ダブルエイチ)」。オンオフ使えるダブルモンクストラップに、張り出したコバやコマンドソールのデザインをミックスすることで、凛々しい印象の仕上がりに。アッパーには、フランスアノネイ社のボックスカーフを使用。

詳細・購入はこちら

Enzo Bonafe(エンツォ・ボナフェ) コインローファー 3818

エンツォボナフェは、1963年に創立されたイタリアのシューズブランド。ブランドとしては歴史が浅いながらも、ボローニャに工房を持ち、高いクオリティと靴作りに対する真摯な姿勢は老舗にも匹敵する。コインローファーのこのモデルは、アッパーに世界屈指のタンナーであるフランス・デュプイ社のレザーを使用。また、グッドイヤー・ア・マーノ(九分仕立て)製法によって製造されているため、圧巻の履き心地を誇る。通気性や吸湿性優れた上質なレザーソールも秀逸だ。

詳細・購入はこちら

a.testoni(ア・テストーニ) 外羽根ストレートチップ M12522MYM

ア・テストーニは、1929年にイタリアのボローニャにて創業したシューズブランド。創業者アメデオ・テストーニが完成させたボロネーゼ製法などの独自技術によって、1960年代に成長し、世界的に知られるブランドとなった。同じイタリアの高級靴ブランド創業者であるステファノ・ブランキーニやエンツォ・ボナフェも、ア・テストーニ門下の職人として靴作り修行をしていた。外羽根ストレートチップのこのモデルは、そんあア・テストーニの独創性が光る一足。コバ周りの造形やサイドの穴飾りなど、さり気ないながらも重要なアクセントとして足元に華を添える。

詳細・購入はこちら

VASS(ヴァーシュ) 外羽根プレーントゥ

ヴァーシュは、1978年に立ち上げられたハンガリー・ブダペストのシューメーカー。職人の手仕事が随所に施された靴づくりで、国際的に高い評価を獲得している。柔らかなスエード素材を使用したこの外羽根プレーントゥは、落ち着いた色とシンプルなデザインが上品な印象。チゼルトゥやVフロントのスタイリッシュな雰囲気をスエードレザーが程よく和らげているため、カジュアルスタイルにも合わせやすい。

詳細・購入はこちら

Doucal’s(デュカルス) ダブルモンクストラップ

イタリア中部に位置し、靴製造業が盛んな地域であるマルケ州にて、現オーナーであるマリオ・ジャンニーニ氏によって1972年に創業されたデュカルス。巧みな素材使いで、ドライビングシューズやローファー、モンクシューズなどに定評があるブランドだ。ダブルモンクストラップのこの一足は、紐靴以外では珍しいウイングチップのデザインが特徴。シボ感のあるグレインレザーが高級感を漂わせる。黒に近いブルーという色合いも、カジュアル使いに最適。

詳細・購入はこちら

SILVANO SASSETTI (シルバノ・サセッティ) ダブルモンクストラップ

1964年にイタリアのモンテサン・ピエトランジェリにて設立されたシルバノ・サセッティ。創業者でありデザイナーも務めるシルバノ氏は、最高の技術と精神を併せ持つ職人を表わす「マストロ・カルツォライオ」の正統的継承者として知られている。ダブルモンクストラップのこのモデルは、一般的なものとは一線を画する存在。ダービーシューズの羽根部分を覆うかたちでストラップを配した独創的な設計となっている。ストラップ同士の間隔が狭く、スマートな印象なのも魅力。イタリアの老舗ならではのアンティークな色使いも素晴らしい。

詳細・購入はこちら

BARKER BLACK(バーカーブラック) コインローファー Corby

2005年にデリックとカーク・ミラーの兄弟によりニューヨークで創業されたバーカーブラック。新興ブランドながら、古くからグッドイヤーウェルト製法で有名な英国の老舗、バーカーと手を組むことで、最先端のデザインをハイレベルな技術力で形にしている。コービーは、アッパーにシボ感の強いレザーを使用したスリッポンシューズ。クラシックなコインローファーをベースとしつつ、サドル部分に独創的なデザインを採用している。歩行性、緩衝性に優れたグッドイヤーウェルト製法は老舗のノウハウが成せる技。ソールにはブランドモチーフであるドクロ型に釘が打ち付けられており、隠れたところにもこだわりが光る。

詳細・購入はこちら

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリウァヤ) 外羽根Uチップ 98490

インドネシアにある靴製造会社がルーツのジャラン・スリウァヤ。2代目経営者が靴の本場イギリスで技術を磨き、フランスで皮革生産を学ぶことで現在の土台を築いた。数多くのOEM生産を手がけた実績もあり、物作りに対するこだわりと姿勢は既存の有名ブランドにも全くひけをとらない。外羽根Uチップのこのモデルは、目を引く素材感が魅力。アッパーには、高級メゾンの靴にも使用されているフランス・デュプイ社のカーフレザーを、底材にはベルギーの名門アシュア社のレザーをダブルソールで使用している。通常溶離も手作業の工程が多いハンドウェルテッド・グッドイヤー製法で仕上げてられており、耐久性やフィット感も抜群。

詳細・購入はこちら

CARMINA(カルミナ) 外羽根ウイングチップ 000532

カルミナは、前述のヤンコの創業者ホセ・アルバラデホが究極の革靴を求めて1998年に設立したスペインブランド。創業からわずか数年でパリやマドリッドに7店舗を展開し一気に知名度を拡大。グッドイヤー・ウェルト製法を採用しながら、ほとんどの行程を手作業で行なっているのが特徴のシューメーカーである。この外羽根ウイングチップは、トゥの”W”がカカトまで伸びた「アメリカンブローグ」仕様の一足。レザーはフランスやイタリアの物を厳選して使用し、コシが強く履き込むほどに馴染むという特性をもつ。中物のコルクをふんだんに使っているため、高いクッション性を確立しているのも魅力だ。

詳細・購入はこちら

JOHN LOBB(ジョンロブ) ダブルモンクストラップ William

1866年創業のジョン・ロブ。ビスポーク(オーダーメイド)靴専門店としてスタートしたこのブランドは、”キング・オブ・シューズ”とまで呼ばれる地位を確立する。現在ではエルメスの協力を得た「ジョン・ロブ・パリ」が世界中に最高峰の既成靴を展開。ウィリアムは、ダブルモンクストラップの始祖とされる存在だ。ジョン・ロブ・パリの2代目ウィリアム・ロブ氏が、洒落者としても名高いウィンザー公こと英国王エドワード8世のために誂えたのがその起源。端正でエレガントなアッパーを持つウィリアムだが、ソールはカントリーシューズに近似性をもつダブルレザーソールを採用。飛行士のアビエイターブーツをヒントに開発されたという背景からも、ビジネス〜カジュアルに相応しい一足だと言える。

詳細・購入はこちら

Officine Creative(オフィチーネ・クリエイティブ) 外羽根ウイングチップ Anatomia

オフィチーネ・クリエイティブは、イタリアの靴メーカー「デュカデルノルド」社が展開するファクトリーブランド。1995年にデザイナーのロベルト氏の手によって立ち上げられた。イタリア靴の聖地「モンテグラナーロ」に生産ラインを構え、トップクラスのファクトリーとして知られている。アナトミアは、味わい深いスエードレザーが特徴の外羽根ウイングチップ。カカト部分にストラップが備えられているため、軽快に脱ぎ履きができる。ウイングチップながら重厚感は抑えられており、スマートに履きこなすことができる。

詳細・購入はこちら

LOAKE(ローク) コインローファー PRINCETON

ロークは、トーマス、ジョン、ウィリアムのローク3兄弟が1880年に創業した、イギリスのシューズブランド。現在でも1足作り上げるのに200工程8週間を要する靴作りを続け、ぶれることのない靴作り精神で2007年にはロイヤルワラント(英国御用達)にも認定された。手作業での工程も多く、徹底したこだわりによる英国靴らしいクラシックで伝統的なスタイルで支持を集めている。プリンストンは、シンプルでスタイリッシュなコインローファーモデル。美しいボルドーカラーが魅力で、アメトラファッションからドレススタイルまで様々なシーンやスタイルに対応できる。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post