バンドカラーシャツ コーデ特集!ラフ過ぎずキメ過ぎない絶妙な按配に仕上げたメンズの着こなし&アイテムを紹介

ネックラインに帯(バンド)状の襟を付けた様なデザインが特徴のバンドカラーシャツ。現在のスタンドカラーシャツの起源とされ、イギリス海峡を臨むフランス北西部ノルマン地域の貴族によって1300年以降に考案されたと言われている。今回は「バンドカラーシャツ」にフォーカスし、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

濃いインディゴブルーのバンドカラーシャツでスーツスタイルに男らしさを演出

グレースーツにバンドカラーシャツをインナー使いし、首周りをすっきりさせた男らしい雰囲気に。フロントの上ボタンを3つ外して抜け感を演出し、洗練度の高いスーツスタイルにラフさをプラスすることで大人の余裕を醸している。若干ウォッシュがかった深みのあるバンドカラーシャツの色合いも◎

ラウンドのゴールド・シルバー無地のサングラス、バンドカラー リネンのネイビー無地のシャツ、グレー無地のスーツを合わせた夏春のメンズコーデの着こなし。

DONDUP(ドンダップ)バンドカラーシャツ

DONDUP(ドンダップ)バンドカラーシャツ

 

詳細・購入はこちら

バンドカラーシャツとショーツを青系の色味でまとめたエフォートレスなカジュアルコーデ

上襟の無いすっきりとしネックラインが特徴のバンドカラーシャツは、上襟付きシャツに比べリラックスした雰囲気を醸しエフォートレスなコーデにもマッチする。こちらの御仁は、ライトブルーのバンドカラーシャツにネイビーショーツ、キャメルのサボをセットしてエフォートレスなカジュアルコーデを表現。バンドカラーシャツの取り入れによってラフになりがちな夏コーデを、ルーズ過ぎないキレイめな印象に。

ベージュ無地のサングラス、バンドカラー リネンの水色無地のシャツ、ネイビー無地のチノパン、無地のショートパンツ、スエードのベージュレザーサンダルを合わせた夏のメンズコーデの着こなし。

MAURO GRIFONI(マウロ グリフォーニ)バンドカラーシャツ

MAURO GRIFONI(マウロ グリフォーニ)バンドカラーシャツ

詳細・購入はこちら

インパクト大なリメイクデニムジャケットとプルオーバータイプのバンドカラーシャツを合わせ個性的な着こなしに

シャツの持つドレス感をキープしながら、こなれた雰囲気を演出してくれるプルオーバータイプのバンドカラーシャツ。Tシャツよりもキレイめな印象でシャツよりも気張らないプルオーバータイプのバンドカラーシャツを取り入れたこちらのコーデは、インパクト大なリメイクデニムジャケットと裾をラフにカットオフした白パンツを合わせて個性的な着こなしに。

ニューエラのブルーレタードのベースボールキャップ、ブラウンべっ甲のサングラス、キモノのブルー無地のデニムジャケット、バンドカラーの白無地のシャツ、ブラウン無地のレザーベルト、白無地のダメージジーンズ、スエードのブラウンその他のブーツを合わせた春秋のメンズコーデの着こなし。

KENT & CURWEN(ケント・アンド・カーウェン)バンドカラーシャツ

KENT & CURWEN(ケント・アンド・カーウェン)バンドカラーシャツ

詳細・購入はこちら

2/20GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ