シンプルかつ万能な「プレーントゥの革靴特集」

プレーントゥと言えば、オンオフ使える利用シーンの幅広さが魅力の革靴。シンプル故にちょっとしたディティールの違いで雰囲気が異なるため、意外と選択肢が多い革靴だ。今回はプレーントゥにフォーカスし、その特徴や注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

プレーントゥとは?

プレーントゥは、つま先や甲に一切の装飾が施されてシンプルなスタイルの革靴。1800年代に考案された歩兵用の編み上げ靴が起源とされている。1930年代にはアメリカで郵便配達員や海軍士官の靴として制式採用されるなど、アメリカ文化に溶け込んでいった。1960年代からはアイビー出身のビジネスマンがスーツに合わせたことから、アメリカントラッドの定番靴として定着。当時、日本のスーツスタイルもアメリカの影響を色濃く受けていたため、プレーントゥは日本のビジネスシューズの代表格となった。現在ではその汎用性の高さから、ビジネスユースだけでなくカジュアルなスタイルまで幅広いシーンで使える革靴として重宝されている。

プレーントゥの種類

厳密にはモンクストラップにもプレーントゥは存在するが、一般的にプレーントゥと言えば「紐靴」を指す。また、同じ紐靴のプレーントゥでも、シューレースホールの数やアッパーの形状によって印象が異なる。

プレーントゥの種類①「外羽根プレーントゥ」

多くの人が、プレーントゥと聞けば外羽根式のものを思い浮かべるだろう。「プレーン・ブルーチャー・オックスフォード(Plain Blucher Oxford)」と呼ばれるこの形状は、世界的に見てもプレーントゥのスタンダードだ。内羽根ストレートチップと並んで、ビジネスマンにとっておなじみのデザインでもある。外羽根式はフォーマル使用こそ適さないものの、脱ぎ履きのしやすさや躍動的な見た目から、カジュアルユースにも最適。スニーカーほどラフにならず、内羽根ドレスシューズほど気取らないバランス感が魅力だ。

プレーントゥの種類②「外羽根プレーントゥ(Vフロント)」

外羽根プレーントゥの中でも、鳩目のつま先側がV字上に広がるデザインのものを「Vフロント」と呼ぶ。羽根が短く、位置も高めであることからフィット感が高く、履く人の足形を選ばないのが特徴。また、シューレースホールの数が1〜3個と少なめで、外羽根式ながらエレガントで落ち着いた雰囲気を漂わせる。黒靴であれば、イギリスや欧州各国でもビジネスシューズとして履かれている。ダークスーツやジャケパンスタイルと相性の良い仕様だ。

プレーントゥの種類③「内羽根プレーントゥ」

かしこまった印象が強い内羽根プレーントゥ。外羽根式と違い、冠婚葬祭などフォーマルな場所で求められる革靴だ。ビジネスシーンでも真面目な印象を与えたい場合に重宝する。エナメル製のものや鏡面磨きを施したものであれば、燕尾服やタキシードに合わせることも可能。ただし、カジュアルシーンで使うのは難しいだろう。

プレーントゥの種類④「ホールカット」

継ぎ目がかかと部分にしか無く、ほぼ一枚の革で構成された革靴をホールカットと呼ぶ。究極にまでシンプルにまとめられたデザインで、幅広いシーンで利用することが可能だが、カジュアルな柄物よりはシンプルなきれいめスタイルが合う。高品質な革でなければエレガントな雰囲気が出ないことや、ハイレベルな製造技術が求められることから、他のドレスシューズに比べると流通数は少ない。

プレーントゥの革靴の注目アイテムを紹介!

EDWARD GREEN(エドワード グリーン) 外羽根プレーントゥ CUMBERLAND

エドワードグリーンは、イギリス・ノーザンプトンに本拠を置く1890年創業の靴メーカー。「でき得る限りの上質を求める」という創業以来の哲学に基づき、少量生産・品質重視の体制で最高品質のドレスシューズを世に送り出している。カンバーランドは、そんなエドワードグリーンが手がける外羽根プレーントゥだ。ラストは「#202E」を採用し、ほどよい丸みのラウンドトゥが特徴。シンプルだからこそ、素材の上質さや縫製技術の巧みさが如実に表れている。靴底にはグリップ力の強いダイナイトソールを使用しているため、路面状況を選ばず履けるのも魅力。

詳細・購入はこちら

JOHN LOBB(ジョンロブ) 内羽根プレーントゥ BECKETTS

1866年創業のジョンロブ。「キング・オブ・シューズ」を標榜しするこのブランドは、革の素材、生産技術などにおいて徹底したこだわりを持つ。英国のエディンバラ公およびウェールズ公によるロイヤルワラントが授与されており、世界中の靴愛好家から絶大な支持を受け続けている。内羽根プレーントゥのべケッツは、ジョンロブらしいエレガントな印象の一足。独特の色ムラが美しいアッパー素材は、このブランド特有のボックスカーフによるもの。内羽根プレーントゥは一つ造形を間違えるとシルエットのバランスが崩れるが、チゼル気味のセミスクエアトゥで端正な表情に仕上げられている。

詳細・購入はこちら

Stefano Bemer(ステファノベーメル) 外羽根プレーントゥ 5365

ステファノベーメルは、1983年にイタリアで創業したシューズブランド。創業者のステファノベーメル氏は、ユニークで高度な技術で世界の高級靴業界にも認められた。その意志はブランドの職人たちに受け継がれ、今なお最高峰のクオリティを誇るイタリアンシューズを展開している。高級感に溢れる光沢を宿したこの一足は、アッパーにコードバン染めしたイタリアンカウハイドレザーを使用したハンドウェルテッドプレーントゥダービーシューズ。採用されているCラストは、足の形を問わずフィットし、アーチサポートやヒールサポートを搭載。ビスポーククオリティの着用感と、グラマラスで独特のプロポーションを実現している。半カラスで仕上げられたレザーアウトソールも、後ろ姿に程良いアクセントをプラスする。

詳細・購入はこちら

Church’s(チャーチ) 外羽根プレーントゥ Shannon

老舗名門ブランドのチャーチは、1873年に靴作りの町ノーザンプトンのメープル・ストリートに小さな工房を開いたのが始まり。世界で初めて左右の区別がある靴を製造し、高級シューズの代名詞的な企業へと成長。現在では、日本はもちろん世界的にも愛用者の多いブランドとなっている。シャノンは、チャーチの人気モデルであると同時に、外羽根プレーントゥの代表的存在だ。「#103」ラストによる丸みのあるボリューミーなトゥが特徴で、英国靴ながらアメリカンテイストなイメージも備える。アッパーに使われているポリッシュド・バインダーカーフは、『雨の多いロンドンで磨かずに済む上品な靴』をコンセプトに開発された独自素材。天候問わず履ける撥水性に加え、控えめで上品な光沢を放つ。限られた職人しか縫うことができない外羽根部分のスキンステッチも秀逸。

詳細・購入はこちら

Trickers(トリッカーズ) 外羽根プレーントゥ Robert

1829年、農地や不動産を所有する紳士階級向けに靴やカントリーブーツを製造するメーカーとして、ジョセフ・トリッカーによって設立されたトリッカーズ。イギリスに現存する最も古い靴メーカーであるとも言われている。ロバートは、トリッカーズのハイレベルベンチメイド技術を存分に堪能できる外羽根プレーントゥ。小ぶりのラウンドトゥや幅を抑えたシルエット、低めの甲など、英国的な落ち着きのある表情が特徴だ。トリッカーズと言えばカントリーブーツやブローグシューズの代名詞的存在だが、あえて一切の装飾がないプレーントゥを履くのも粋なチョイスだと言えるだろう。

詳細・購入はこちら

Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) 外羽根プレーントゥ Highbury

クロケット&ジョーンズは、1879年に創業した英国を代表するノーサンプトンの老舗シューメーカー。長い歴史のなかで多くのブランドのOEM生産を手がけていたため、多くのラストを所有。伝統的な靴作りの技術を守りながら、現代の完成にあわせた美しい靴を展開する。ハイバリーは、ラスト348を使用したプレーンダービーシューズ。スマートな印象のVフロントで、余計な装飾を排し、潔く美しいシャープなシルエットを構築している。クロケット&ジョーンズらしいセミスクエアのチゼルトゥが、シンプルなはずのプレーントゥに立体的で豊かな表情をもたらせている。エレガントな雰囲気はスーツスタイルにも相性抜群。ダイナイトソールを採用しているため、機能性も兼ね備える。

詳細・購入はこちら

ALDEN(オールデン) 外羽根プレーントゥ 990

1884年、マサチューセッツ州ミドルボロウにて創立されたオールデン。アメリカ屈指のシューメーカーとして、魅力的な名品を数多く輩出。トラディショナルなシューズを作りながら、矯正靴の分野を開拓し、靴設計に革命をもたらしてきた。アメトラの象徴でもあるプレーントゥは、オールデンが最も得意とするところ。中でも990の木型を採用したモデルは定番中の定番。筋肉隆々のフォルムが足元に精悍な印象を与える。コードバンといえばオールデンと言われるほどの輝きを放つ、上質なレザーの質感も魅力的だ。

詳細・購入はこちら

Santoni(サントーニ) 外羽根プレーントゥ

サントーニは1975年にアンドレア・サントーニによって創業したイタリアのシューズメーカー。一貫生産システムによる高品質な靴作りで、クラシコイタリアブームを牽引してきた。プレーントゥをイタリア流に解釈したこの一足は、シャープでエレガントなシルエットが魅力。マッケイ製法で仕上げられているためコバの張り出しがなく、軽快に履きこなすことができる。グラデーションがかったカラーも実にサントーニらしく、足元に華やかな印象を演出する。

詳細・購入はこちら

Silvano Sassetti(シルバノ・サセッティ) 外羽根プレーントゥ

シルバノ・サセッティは、1964年に創立したイタリアのシューズブランド。創業者は最高の技術と精神を併せ持つ職人を表わす「マストロ・カルツォライオ」の正統的継承者である。このブランドが持つ独自のデザインセンスは、プレーントゥでも存分に発揮。レザーの質感も独創的で、履きなれた靴のような味わい深い表情を醸成している。ハイレベルな底付けによって、耐久性に加えて「反り」の良さと履き心地の柔らかさも併せ持つ。

詳細・購入はこちら

Allen Edmonds(アレン・エドモンズ) 外羽根プレーントゥ

アレン・エドモンズは、1922年創業のアメリカはウィスコンシン州の靴ブランド。750人の熟練した靴職人が5つの工場に分かれ、212の工程を経て堅牢なグッドイヤーウェルト製法のドレスシューズを製造。歴代アメリカ大統領に愛用され、世界中のセレブたちを虜にしている。少しボリュームのあるフォルムの外羽根プレーントゥは、アメリカブランドのお家芸。アッパーにはホーウィン社製のコードバンを使用し、ラグジュアリーな光沢を放っている。コードバンならではのエイジングも堪能できるので、飽きの来ない1足。

詳細・購入はこちら

CHEANEY(チーニー) 内羽根プレーントゥ WELLAND

ジョセフ・チーニーによって1886年に設立されたイギリスの老舗名門ブランド、チーニー。同じノーザンプトンのブランドであるチャーチ一族による指揮によって、正統派の英国靴を展開している。200人以上の従業員を抱えるまでに成長。レザーをカットすることから始まり、最後の磨きをかけ箱に詰めるまでが160以上という長い行程を経て、8週間もの時間をかけて1足の靴を生み出している。ラスト「#125」を採用した内羽根プレーントゥのWELLANDは、丸みのある短めのトゥが特徴。王道を貫きながら、ライニングにグリーンを使用するなどの独創性も随所に見られる。

詳細・購入はこちら

VASS(ヴァーシュ) スエード外羽根プレーントゥ

1978年創業のヴァーシュは、ハンガリー・ブダペストのシューズブランド。職人の手仕事が随所に施された靴作りで、ウェルトの縫いや底付けにハンドソーンを多用。英国やイタリアに匹敵するクオリティのドレスシューズを手がけている。柔らかなスエード素材を使用した外羽根プレーントゥは、落ち着いた色味で上品な雰囲気を漂わせる。スーツスタイルはもちろん、カジュアルなスタイリングにも最適。スエードなので雨の日に履けるのも嬉しいポイントだ。

詳細・購入はこちら

ANTHONY CLEVERLEY(アンソニー・クレバリー) 外羽根プレーントゥ DE GIVENCHY

アンソニ・。クレバリーは、1958年に立ち上げられたロンドンのビスポークシューズブランド、ジョージクレバリーが起源のブランド。70年代に休止したジョージ・クレバリーを、創業者の甥であるアンソニー・クレバリーが90年代に復活させるかたちで誕生した。DE GIVENCHYは、スリーアイレットデザインが特徴の外羽根プレーントゥ。ビスポークと同様の素材を使用することで見た目の美しさとしなやかな履き心地を実現しているのが特徴だ。Vフロントのためスーツスタイルをスタイリッシュに格上げする。立体的なチゼルトゥの美しさがここまで引き立つのも、プレーントゥのデザインならでは。

詳細・購入はこちら

MAGNANNI(マグナーニ) ホールカット

マグナーニは、1954年に創業されたスペインのシューズブランド。マッケイ製法のバリエーションのひとつである「ボロネーゼ製法」を得意とし、手袋のような柔らかい履き心地の靴を手がけることで人気を博している。その技術力の高さが、1枚革を使ったホールカットでは如実に表れる。ラストはショートノーズでやや甲高設計が特徴の#409を採用。マグナーニのお家芸であるマッケイ製法は、グッドイヤーウェルトのようにコバが張り出さないためホールカットのシルエットにぴったりだ。「色の魔術師」の異名を持つだけあって、深みのある色合いも秀逸。街履きからちょっとしたパーティまで、幅広いシーンで活躍できる一足だ。

詳細・購入はこちら

PREMIATA(プレミアータ) スエード外羽根プレーントゥ

1885年、イタリア・マルケ州モンテグラナーロで創業されたシューズファクトリーが起源のプレミアータ。モンテグラナーロ地区は、シルバノ・ラッタンジなども工房を構えるイタリア靴産業のメッカだが、プレミアータのファクトリーは最も古い靴メーカーとして知られている。近年ではスニーカーなどのスポーツラインが有名だが、ドレスシューズのクオリティも高評価。スエードレザーを使用したこの一足は、エレガントなシルエットでプレーントゥの魅力を引き出している。コバのステッチも非常に丁寧で、プレミアータのコンセプトである「ニュークラシック」を体現した仕上がりとなっている。

詳細・購入はこちら

Doucal’s(デュカルス) 外羽根プレーントゥ

イタリア・マルケ州にて、1972年にマリオ・ジャンニーニ氏によって創業されたシューメーカーのデュカルス。全ての工程を一貫して自社工場で行うことで、高い品質を維持し、目の肥えた顧客もうなされる革靴を生み出している。厚みのあるダブルソールが特徴のこの外羽根プレーントゥは、本場アメリカブランド顔負けのアメリカントラッド雰囲気を漂わせる逸品。ボリュームのあるトゥと、黒にほど近いバーガンディカラーで力強くラギッドな印象を演出する。

詳細・購入はこちら

Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 内羽根プレーントゥ HORATIO

アルフレッド・サージェントは、現社長であるポールとアンドリューのサージェント兄弟の曽祖父にあたるアルフレッドが1899年に設立したブランド。一世紀以上にわたりファミリー・ビジネスを維持し続けている英国の老舗ファクトリーだ。ホレーショは、英国靴のなかでも稀少な存在の内羽根プレーントゥ。外羽根式と違い、簡素になりすぎてしまうのが内羽根プレーントゥの特徴だが、フレンチシックな木型を採用することで気品漂う仕上がりとなっている。シンプルながらも端正な表情のおかげで、ビジネスシーンにおいて足元をエレガントに仕立てることが可能だ。

詳細・購入はこちら

F.LLI Giacometti(フラテッリ ジャコメッティ) 外羽根プレーントゥ

イタリア・ベネト地方のファクトリーブランド、フラテッリ・ジャコメッティ。1890年代から続く伝統技術によって作られたこのブランドの外羽根プレーントゥは、シンプルな6アイレットが特徴。適度なノーズの長さとクラシックなトゥラインを描く木型によって、イタリアブランドならではのスマートでクラシックな雰囲気を表現している。小さめのヒールカップや丁寧にシェイプされた土踏まず、足当たりの良いライニングなど、足を包み込むようなフィッティングも魅力的だ。アッパー素材には上質なコードバンスエードを採用。独特の光沢で、ワイルドさと”品の良さ”を見事に両立させている。

詳細・購入はこちら

BARKER(バーカー) 外羽根プレーントゥ Eton

1880年にアーサー・バーカーによって設立された英国の老舗、バーカー。ノーザンプトンの自社工房にて、イギリスらしいクラシックで高品質な靴を製造している。イートンは、このブランドの高級ラインである「プロフェッショナルコレクション」の一足。立体感のあるスクエアトゥとVフロントによって、モダンでスタイリッシュな逸品に仕上げられている。グッドイヤーウェルト製法で底付けされているため、堅牢で安定感があり、長時間歩いても疲れにくいのがメリット。ビジネスユースに最適なプレーントゥだ。

詳細・購入はこちら

Paraboot(パラブーツ) 外羽根プレーントゥ LAZARE

レミー・リシャールポンヴェールによって1908年に設立されたパラブーツ。ラバーソールの生みの親であり、Uチップシューズ「シャンボード」など数多くの名作で世界に名を轟かせている。パラブーツと言えばトゥにボリュームのあるクラシックラインが日本でも人気だが、世界的に見るとドレスラインも非常に注目を集めている。外羽根プレーントゥのノワールは、従来のノルヴェージャン製法ではなくグッドイヤーウェルト製法で仕上げたスマートな一足。代名詞である自社製ラバーソールは、他にはない格子状のデザインでグリップ力に優れている。王道モデルよりもコスパが高く、ビジネスシーンの有力な選択肢として申し分ない。

詳細・購入はこちら

YANKO(ヤンコ) 外羽根プレーントゥ

ホセ・アルバラデホ氏が1961年に立ち上げたスペインブランドのヤンコ。企画からデザイン、製造まで自社で一貫して行い、底材やラストも自社生産というこだわりを貫き通している。グッドイヤーウェルテッド方式をいち早く取り入れ、靴作りに関しては英国にも引けを取らないこのブランドのプレーントゥは、Vフロントの端正な逸品。新ラスト961を採用し、セミスクエアトゥの美しいシルエットとゆとりのある足入れ感を併せ持つ。前の半分がラバーで後ろ半分がレザーの「ヨークソール」も、ヤンコが得意とする意匠。ラバーソールの耐久性・耐水性とレザーソールの通気性を兼ね備えている。

詳細・購入はこちら

Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) 外羽根プレーントゥ 3644

1963年に創立されたエンツォボナフェ。ボローニャに工房を持ち、高いクオリティと靴作りに対する真摯な姿勢で、小規模な靴工房ながら名門ブランドに引けを取らない人気を誇る。顧客にはヨーロッパ各国のVIPが名を連ねる他、前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世からも愛用されている。エンツォボナフェの外羽根プレーントゥは、イタリアらしい端正なシルエットが特徴。アッパーにはフランスの名門、デュプイ社製のレザーを採用している。ほとんど機会に頼らないグッドイヤー・ア・マーノ(九分仕立て)製法で作られているため、見た目・履き心地ともに圧巻のクオリティだ。

詳細・購入はこちら

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリウァヤ) 外羽根プレーントゥ

インドネシアで設立されたシューズファクトリーがルーツの、ジャランスリウァヤ。世界各国のOEM生産を長らく手がけていたため、ハイレベルな技術力を持つ。自社工場を改革し、オリジナルブランドを立ち上げて以降は、英国やイタリアのブランドに匹敵するクオリティを誇りながら、優れたコストパフォーマンスで日本でも注目度を高めている。通常よりも手作業の割合が多いハンドウェルテッド・グッドイヤーで仕立てられた外羽根プレーントゥは、無駄なデザインを削ぎ落し、素材の良さが際立つ一足。ストームウェルトを施したブリティッシュスタイルで、オンオフ問わず使えるプレーントゥである。

詳細・購入はこちら

Buttero(ブッテロ) 外羽根プレーントゥ

1974年、イタリア・トスカーナにてマウロ・サーニにより創業されたブッテロ。もともとはブーツブランドとして名を馳せ、ビートルズが履いたようなモッズブーツや、タバコやマッチを入れる小さなポケット付きブーツなどで有名になった。ブッテロの外羽根プレーントゥは、このブランドのルーツを窺わせる男らしい仕上がりが特徴。アッパーを外側に吊り込むようにして表皮に張り付け、二連で縫い付けるステッチダウン製法もワイルドさを後押ししている。ダブルソールとアッパーのカラーコントラストも秀逸。

詳細・購入はこちら

Berwick1707(バーウィック1707) 外羽根プレーントゥ ROIS

バーウィック1707は、1991年に設立されたスペイン・アルマンサのシューズブランド。英国のクラシックテイストとイタリアやフランスの色気を上手く融合させた、スペインらしいバランスの取れたデザインが欧州を中心に高い評価を獲得している。ROISは、ラウンドトゥと5アイレットの正統派外羽根プレーントゥだ。軽やかな素材を採用したエクストラライトソールで、グッドイヤーウェルト製法ながら履き始めから軽快に馴染む。

詳細・購入はこちら

Officine Creative(オフィチーネ・クリエイティブ) 外羽根プレーントゥ Princeton

1995年にデザイナーのロベルト氏の手によりスタートしたオフィチーネ・クリエイティブ。イタリア靴製造の聖地モンテグラナーロに本社工場を置き、同地でもトップクラスのファクトリーとして知られている。外羽根プレーントゥのアメリカンなラウンドトゥのラストのPrincetonは、アッパーに光沢のあるレザーを使用。ダービーシューズの枠を超えたエレガントな雰囲気を漂わせる。黒を基調としつつも、あえてヒール部分のみカラーを施していないのがアクセント。

詳細・購入はこちら

REGAL(リーガル) 外羽根プレーントゥ 2236NA

日本を代表する老舗シューズメーカーのリーガル。製造技術、デザインセンスともにハイレベルで、新卒社会人からベテランのビジネスマンまで幅広い層に愛用されている。2236NAは、シボ感のあるフルグレインレザーを採用した外羽根プレーントゥ。正統派のフォルムながら、他とはひと味違う存在感を発揮する。得意のグッドイヤーウェルト製法による仕立てで、ソフトなクッションと適度な通気性が得られるのも魅力。

詳細・購入はこちら

LOAKE(ローク) 外羽根プレーントゥ 771T

1880年に設立されたロークは、100年以上の歴史を誇り格式と伝統を重んじる由緒正しき英国紳士靴メーカー。靴産業の中心地ノーザンプトンに生産ラインを構え、高品質で伝統的な製法で生産を行っている。クラシックな外羽根プレーントゥのこのモデルは、気品漂うポリッシュドレザーをアッパーに使用。深みのあるバーガンディカラーが貫禄のある足元を演出する。ダブルレザーソールだが野暮ったさを一切感じさせないあたりも流石。

詳細・購入はこちら

Campanile(カンパニーレ) スエード外羽根プレーントゥ 2718

カンパニーレは、1858年ナポリで創業した歴史のあるシューズメーカー。ナポリ3大靴ブランドとも言われており、世界中のセレクトショップや百貨店で展開されている。上質なスエードレザーを採用したこの一足は、やや広めのラウンドトゥでカジュアルシーンに最適。美しいフォルムは伝統的な職人技術の賜物である。マッケイ製法のため型くずれもしにくく、足に馴染んでいきフィット感も抜群。オリジナルの軽量ソールで、長時間の着用をものともしない。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post