革靴の雨対策【お気に入り靴を雨でも履くためにしたい6のこと】

Share

「大事なプレゼンがある日に限って雨予報..」そんな時に悩める革靴チョイス。お気に入りの革靴を履いて臨みたいけど、雨にさらしてダメにしたくない!そんな時に役立てられる「革靴の雨対策」にフォーカス!

スポンサーリンク

革は水に弱い材質ではない!

雨の多いイギリスで革靴が発展・浸透しているだけあり、レザーは決して雨に弱い素材ではない。適切なケアを行えば、雨の日でも気兼ねなくお気に入りの革靴を履ける。正しいケアを行うために抑えておきたいポイントは「雨が革靴の内部にできるだけ浸透しない予防策」と「濡れた後の対応策」だ。

お気に入りの革靴の雨対策①「もっとも手軽な革靴用の防水スプレー!外出の30分前に使うのがベター」

もっとも手軽で革靴の浸水を防げる防水スプレーは、積極的に活用していきたい。シリコン系とフッ素系の2パターンあり、革靴に使用するならフッ素樹脂を主原料にしているタイプがおすすめ。レザーはもちろん、スウェードやキャンバス地にも使用できる。そんな防水スプレーは、外出直前ではなく外出の30分前に使用するのがベター。革にしっかりとスプレーの成分を付着させてコーティングすることで、高い撥水効果を期待できる。昨今では、スプレー使用から1分で効果を発揮する時短タイプも存在するため、前もってスプレーするのが面倒な方はそちらを選ぶのもオススメ。大事な革靴を永く綺麗に履きたいと考えている方は、乾燥時間が必要なものの高い効果を望める防水スプレーを選びたい。

鉄板は、国内シューケア用品老舗コロンブス社の「AMEDAS」。同社の手がけるアッパーブランド「BootBlack」のWATER PROOFはパッケージも洗練されておりメンテ姿もスタイリッシュに。メイドインジャパンにこだわった高品質は国内以上にヨーロッパでも人気の逸品だ。

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する