ネクタイのディンプルを1日崩さない結び方のコツ

ネクタイくぼみコツ

スーツの着こなしにさりげなく、こなれ感を与えてくれる要素のひとつはネクタイのディンプル(くぼみ、えくぼ)です。ディンプルの位置を左右にずらしたり、ディンプルの数を2つにするという上級者の男性も多いと思いますが「ディンプルが崩れてしまった」という経験ありませんか?今回は、知って得するディンプルの作り方におけるコツを説明する動画を紹介していきたいと思います。IMAGE:lifeisverybeautiful

スポンサーリンク

ネクタイのディンプル作りのコツ=「くぼみを高めの位置からつける」

ディンプル崩れないコツ結び方

多くの方がネクタイのノット(結び目)の下になんとなくディンプル(くぼみ)を作っていると思います。しかし、実はこれがディンプルがうまく作れなかったり、崩れてしまう元凶です。
ネクタイの結び目の高い位置からくぼみを開始すること」が、美しくて崩れにくいディンプルをつくるコツです。ディンプルにしっかりと土台を作ってあげるイメージです。
言葉では伝わりにくいので、解説動画を以下に2つ紹介します。

1日崩れない綺麗なディンプルの作り方−ネクタイの結び方−

東京・神楽坂のオーダーメイドサロンBERUN(ベルン)のオーナーである竹内大途氏がわかりやすくコツを紹介してくれています。ネクタイに負担をかけないためのちょっとしたアドバイスも参考になります。

タイディンプルの作り方

ディンプルなしの方法と比較しながら、わかりやすくコツを説明している動画です。コツは同じですが上の動画の確認の意味でもぜひチェックしてみてください。

みなさんのディンプルが、さらにカッコよくキマることを願っています!

FOLLOW US

Related post