banner

サイドゴアブーツ メンズ特集

サイドゴアブーツは、サイドにゴア(ゴム)を採用することでスマートな見た目と機能性を実現したブーツだ。ブーツとしては珍しいフォーマルな起源を持つことから、スーツスタイルに合わせても良しとされている。今回は「サイドゴアブーツ」にフォーカスし、その歴史や注目のアイテムを紹介!

スポンサーリンク

サイドゴアブーツとは

サイドゴアブーツは、名前があらわすとおり両サイドにマチを設け、伸縮性のあるゴア素材を施したブーツのこと。他のブーツにはない、脱ぎ履きのしやすさが特徴だ。紐靴やストラップシューズと異なり、脚にぴったりとフィットする着用感も魅力。デザインとしては装飾のない「プレーントゥ」が多く、簡素なルックスとフォーマルなルーツを持つことから、スーツスタイルに合わせられるブーツとしても知られている。ベーシックなプレーントゥ以外にも、装飾の入ったカジュアル向けのものや、ダブルソールを採用したアウトドア志向のものも。また、丈の長短によっても印象ががらりと変わる。

サイドゴアブーツの歴史

ブーツとしては珍しいフォーマルな起源

軍靴をルーツに持つ多くのブーツと異なり、サイドゴアブーツの起源は王室。1830年代中盤のイギリスで、ロンドンの革靴屋が当時即位したばかりのヴィクトリア女王のために仕立てたのが始まりとされている。ヴィクトリア女王以上にこのブーツを気に入ったのが、夫のアルバート公。合理的思考の持ち主だったアルバート公は、着脱が簡単でフィット感が得やすいことを目的として作られたサイドゴアブーツの魅力に取り憑かれ、イギリス議会への登院時などに着用。このことから「アルバートブーツ」という名称でも呼ばれることとなった。王室から生まれたサイドゴアブーツは、1840年代後半から徐々に普及。さらに1950年代後半、江戸時代末期の幕末には日本にも渡来した。あの坂本龍馬が履いていた「長靴」も、サイドゴアブーツである。明治時代から第二次世界大戦前まで礼装用などに履かれることもあり、昭和天皇も愛用していたと言われている。

ビートルズが愛用したことで大衆に定着

第一次世界大戦後の英国では、一部の礼服や乗馬用のブーツとして用いられていたとは言え、長らくのあいだファッションアイテムとして街で普及することはなかった。市民権を獲得したのは、1960年代に入ってからである。きっかけは、ビートルズやローリングストーンズなどのスターが愛用し始めたため。当時の一大ムーブメントを象徴するアイテムのひとつとなったサイドゴアブーツは、若者のあいだで空前のブームを巻き起こす。そしてそのムーブメントの中心地が英国チェルシーであったことから、サイドゴアブーツは今でも「チェルシーブーツ(Chelsea Boots)」という別名を持つのである。その後、サイドゴアブーツは世界へと広まり、数ある革靴の一種として定着した。

サイドゴアブーツのアイテム紹介!

続いては、サイドゴアブーツを展開している数あるブランドの中から、注目のアイテムをピックアップ紹介!

Saint Laurent(サンローラン)「サイドゴアブーツ Wyatt(ワイアット)」

サンローランは、フランス領アルジェリア出身のデザイナー、イブ・サンローラン氏が1962年に立ち上げたファッションブランド。“モードの帝王”として前例のないコレクションを発表し、20世紀のファッション業界をリードし続けてきた。偉大なる創業者の死後も、名だたるデザイナーが率いることでブランドスピリットを継承。2012年以降は新生「サンローラン」として現在のブランド名に改め、世界的に人気を博している。サンローランのブーツは、一時期大流行を起こしたほどの名品。洗練されたアーモンドトゥのフォルムは、このブランドだけが生み出せる美しさだ。ヒールは従来モデルよりやや低めに設定することで万人向けの仕様となっているが、それでも一般的なサイドゴアブーツよりは高く、脚長の視覚効果をもたらせる。

詳細・購入はこちら

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)「サイドゴアブーツ」

1879年にチャールズ・ジョーンズ氏とその義理の兄弟ジェームズ・クロケット氏によって創業されたクロケット&ジョーンズ。世界中で最も多く木型の種類を持つ靴メーカーとして、靴作りのデザインバリエーションや素材選びで優れたノウハウを持つ英国ブランドだ。一足作るのに約8週間を要するとされているグッドイヤーウェルト製法を採用したサイドゴアブーツは、耐久性抜群。丈が短い分より脱ぎ履きがしやすく、スリッポン感覚で活用できるのが魅力だ。アウトソールにはグリップ力の強いダイナイトソールを用いているので、雨の日にもガシガシ履ける。

詳細・購入はこちら

Santoni(サントーニ)「サイドゴアブーツ」

サントーニは、1975年にアンドレア・サントーニ氏によって創業されたイタリアのシューズメーカー。革靴ブランドとしては短い40年という期間で世界的に名を知られるようになり、倍以上の歴史のあるブランドにひけを取らない高品質の靴を作ることを誇りとしている。このブランドのサイドゴアブーツは、イタリアブランドらしい美しいカラーが魅力。ナチュラルな濃淡のグラデーションで、シンプルなプレーントゥながら独特の表情を醸し出す。やや厚めのラバーソールで安定した歩行感を実現。さらにバックとフロント両方にストラップを施すことで脱ぎ履きも便利だ。

詳細・購入はこちら

Church’s(チャーチ)「サイドゴアブーツ Redenham(レッドナム)」

イギリス・ノーサンプトンの老舗ブランド、創業は1873年。1930年代にはニューヨークに海外店舗を出店するなど、いち早く世界に販路を拡大し、英国靴を国際的に発展させた。Redenhamは、英国靴らしい端正なシルエットが特徴のサイドゴアブーツ。やや幅広の甲部分から、履き口にかけてきゅっと細くなっているのも独特だ。ゴアの形状も直線的ではなく大きめに取るなど、真面目な中に遊び心を感じさせる1足。

詳細・購入はこちら

Tricker’s(トリッカーズ)「サイドゴアブーツ ELASTIC(エラスティック)」

ジョセフ・トリッカー氏が、農地や不動産を所有する紳士階級向けに靴やカントリーブーツを製造するため、1829年に創立したトリッカーズ。日本でも人気のトリッカーズだが、サイドゴアブーツにおいてもこのブランドらしいカントリーの要素が取り入れられている。ウィングチップのメダリオンやブローギング装飾のクオリティは世界でもトップクラス。アウトソールもダブルレザーソールで、タウンユースからアウトドアまで幅広く着用できる仕様だ。

詳細・購入はこちら

GRENSON(グレンソン)「サイドゴアブーツ」

1866年創業のグレンソンは、ノーサンプトンシャー州のラシュデン発祥の英国シューズブランド。少数精鋭の靴職人による、高品質な靴作りで多くの人に愛用されている。起毛感のあるスエード生地を採用したこのサイドゴアブーツは、ラウンドトゥの質実剛健なフォルムが特徴。ソールとライニングにもレザーを使用した贅沢な逸品。

詳細・購入はこちら

Silvano Sassetti(シルバノ・サセッティ)「サイドゴアブーツ」

シルバノ・サセッティは、1964年に創立したイタリアのシューズブランド。流行を取り入れたデザインや、独自開発したグッドイヤーフレックス製法のドレスシューズで愛好家から支持されている。ショートブーツと言えるほどに丈の短いシルバノ・サセッティのサイドゴアブーツは、スエード素材の上質な素材感が魅力。小ぶりなラウンドトゥで、ミニマルな美しさを演出している。

詳細・購入はこちら

BUTTERO(ブッテロ) 「サイドゴアブーツ」

イタリアのスタッピアという地に本社を構えるレザーブーツに強みをもつ「BUTTERO(ブッテロ)」。ボリュームのあるレザーのフォルムながら、甲はやや薄めに設計されたバランス感覚がイタリアのらしさを感じさせる。アッパーに使われている牛革はトスカーナ郊外のサンタ・クローチェにて加工されたナチュラルタンニングレザーで、丈夫で少ない伸縮性が特徴。ソールには「ビブラム」社製のBetullaソールを採用し、歩きやすさにもこだわっている。

詳細・購入はこちら

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)「サイドゴアブーツ Dimitri(ディミトリ)」

今でこそあらゆるファッションアイテムを展開するサルヴァトーレ・フェラガモだが、元々はドレスシューズで成功を収めたブランドだ。サイドゴアブーツも流石のデザイン性で、シューズ専業メーカーでは成し得ない独創的な美しさを実現している。厚みのあるラバーソールを採用しながら、無骨な印象を一切感じさせない。光沢感のあるブラックカーフも実にラグジュアリー。

詳細・購入はこちら

Dr. Martens(ドクター・マーチン)「サイドゴアブーツ」

ドイツの医師、クラウス・マーチン氏が独自のラバーソールを開発したことから誕生した英国ブランドドクターマーチン。エアークッションの効いたバウシングソールを黄色い糸で縫いつけた製品が特徴だ。1960年代後半〜1970年代中頃にかけて、ビートルズやストーンズ、セックス・ピストルズなどのパンクロッカーが愛用したことで、若者のサブカルチャーとして人気を集めるようになった。サイドゴアブーツにおいても、このブランド特有のバウシングソールで独自性を発揮している。上質な歩行感と、独創的なステッチで一般的なサイドゴアブーツとは一線を画す存在だ。

詳細・購入はこちら

Doucal’s(デュカルス)「サイドゴアブーツ」

デュカルスの創業は1972年。イタリア中部に位置する靴製造業が盛んな地域、マルケ州にてマリオ・ジャンニーニ氏によって創業された。紳士靴専門のファクトリーとして高品質なアイテムを展開しているが、なかでも人気なのがマルチカラーのスウェードレザーを採用したアイテム。サイドゴアブーツは丈の短い端正なフォルムで、得意のスエード素材を存分に楽しむことができる。グッドイヤーウェルト製法を採用した、疲労を感じさせないフィット感も素晴らしい。さらにショートブーツ仕様なので履き口にストラップを施す必要がなく、シンプルなデザインを実現しているのも◎

詳細・購入はこちら

HUNTER(ハンター)「サイドゴアブーツ」

ハンターは、1956年にアメリカ人実業家ヘンリー・リー・ノリスがスコットランドのエジンバラに工場を構え、ゴム製ブーツメーカーとして創業したのが起源。第二次世界大戦中に防水性が高いゴム製ウェリントンブーツを開発し、世にレインブーツを広めたパイオニア的存在だ。30年以上も英国王室御用達(ロイヤルワラント)ブランドとして愛用されているこのブランドのサイドゴアブーツは、シンプルなフォルムと伝統の防水性が魅力である。ひとめで分かるおなじみのハンターロゴで、ファッション性も抜群。雨の日のレインブーツとしてはもちろん、タウンユースとしてコーディネートに取り入れてもサマになる1足だ。

 

詳細・購入はこちら

Tod’s(トッズ)「サイドゴアブーツ」

トッズは、1920年代にデッラ・ヴァッレ家が創業をはじめたEMAという会社が、1979年にブランドとしてスタートさせたブランド。靴や鞄などのレザー製品を得意とし、長い歴史で培った高い技術力でヨーロッパを中心に支持を集めている。装飾的なウィングチップのサイドゴアブーツは、カーフのラグジュアリーな光沢と精緻な装飾が魅力。飽きの来ないデザインで、360度どの角度から見ても美しい。

詳細・購入はこちら

COMMON PROJECTS(コモン プロジェクツ) サイドゴアブーツ

コモン プロジェクトはプラタン・プーパ(Prathan Poopat)氏とフラビオ・ジロラミ(Flavio Girolami)氏がタッグを組んで2004年秋冬シーズンにスタートしたニューヨーク発のフットウェアブランド。イタリアのファクトリーにて、職人の手で仕上げられるこのブランドのサイドゴアブーツは、スニーカーライクなシンプルでカジュアルな造形が独創的。ベージュカラーとスエード素材の柔らかさが相まって、あらゆるスタイルと抜群の相性を発揮する。

 

詳細・購入はこちら

Tom Ford(トム・フォード)「サイドゴアブーツ」

2005年にスタートしたアメリカのラグジュアリーファッションブランド、トム・フォード。映画007の衣装提供も務めるこのブランドのサイドゴアブーツは、丈の長いモードなシルエットが特徴。細身シルエットのすらりとしたフォルムで、スタイリッシュなルックスを実現している。スエード素材と無骨なラバーソールでバランスを取っている点も秀逸。

詳細・購入はこちら

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

サイドゴアブーツ メンズ特集

Share

Related post