最新メンズスナップ&トレンド傾向【ミラノファッションウィーク24-25AWにて取材】

Share

最新メンズスナップ&トレンド傾向【ミラノファッションウィーク24-25AWにて取材】

2024年1月12日〜15日の期間で開催されたミラノメンズファッションウィーク。来場していた男性たちの最新ストリートスナップと、各ブランドのファッションショー・展示会でOTOKOMAE編集部が取材したレポートを公開!

24-25AW ミラノファッションウィーク各コレクション来場者に見る秋冬コーデのトレンド傾向は?

ピッティウオモ終了後、息着く間も無くスタートするミラノファッションウィーク。ピッティ速報ではアメカジスタイルやオレンジなどの次期トレンドカラー候補について触れたが、ミラノではまた趣の違ったスタイリングが多く見られた。ここでは、ミラノで見つけた3つのトレンド傾向を紹介!

秋冬トレンド傾向 A「今季の冬アウター注目株はやっぱりショート丈ジャケット!」

OTOKOMAE 編集部
ミラノファッションウィークでOTOKOMAE編集部が注目したのは、アウターとパンツのデザイン・シルエットです。アウターで言うとまずは、昨年からOTOKOMAEが継続して注目していたショート丈ジャケットが一つ。ショート丈ジャケットは変わらずやや肩が落ちたオーバーサイズシルエットが人気な傾向でしたが、丈が短いので“服に着られている感”がなく、メリハリのある着こなしにまとめたスタイリングが目に留まりました。アイテム目線では、MA-1やスタジャンなどの裾が絞られたブルゾン系が多かった印象です。

秋冬トレンド傾向 B「コートは膝下から足首上ぐらいのロング丈が気分!」

OTOKOMAE 編集部
アウターでもう一つOTOKOMAE編集部員の目に留まったのが、ロングコートです。おしゃれな来場者たちが着ていたコートは膝下〜足首上ぐらいの丈感が多く、身幅もそれなりにあるゆったりとしたシルエットが気分の様子。IラインやAラインでエレガントに着こなした男性が目立ちました。デザイン面では、テーラードジャケットやスーツの潮流と同様に、ゴージラインの位置が低めのリラックスした顔立ちのコートが多かったように感じます。

秋冬トレンド傾向 C「パンツトレンドはフルレングス・フロアレングスの人気が加速」

OTOKOMAE 編集部
パンツはワイドシルエットで、フルレングスやフロアレングスの人気に拍車がかかっています。靴の履き口を覆うぐらいのロング丈で、中には裾が地面についている人も。そんな長いパンツにショート丈のジャケットを合わせた男性が多く、シルエットでコントラストを効かせたコーディネートが印象的でした。幅だけでなくレングスもオーバーサイズなパンツが引き続き注目株となりそうです。

続いては、ミラノファッションウィークで取材した最新コレクションから、OTOKOMAE編集部の目に留まったブランドのトピックスを紹介!

24-25AW ミラノファッションウィーク レポート①【ゼニア】最高級のカシミヤアイテムを、リアルクローズ的レイヤードスタイルで魅せる

ゼニアの24-25AWショーは、天井から降り積もるカシミヤの山を囲むようにランウェイが設置された。ゼニアのオリジナル素材「オアジ リネン」を使ったコレクションを発表した昨シーズンに引き続き、今シーズンもゼニアオリジナルの素材「オアジ カシミヤ」を使ったコレクションを披露。ゼニアのショーといえば、同系色のアイテムでスタイリングしたトーンオントーンの提案が慣例だが、今回はそこにレイヤードのルック提案を組み合わせることで、色調とアイテム全体の存在感を際立たせた。レイヤードスタイルを彩る小物も豊富に展開されており、長いリブ仕様のグローブやブリッジレスのメガネ、トーンオントーンのラバーソールブーツに加え、ゼニアの定番シューズであるトリプルステッチTMスニーカーの新型「Monte」が発表された。

OTOKOMAE 編集部
カシミヤアイテムをメインに、コレクション全体でレイヤードを駆使した着こなし提案をしていたゼニア。着丈の長短や袖丈の長短でメリハリをつけたレイヤードやニットアンサンブル、シャツオンシャツなど多彩な重ね着が見られました。レベルの高いレイヤードスタイルではあるものの、リアルクローズと言える提案が多く、トータルで非常に完成度の高いコレクションは一見の価値アリ。現地で取材したOTOKOMAE編集部員は、ハイネックとクルーネックによる“ネックレイヤード”を作ったギャラリー52枚目のルックに注目。着膨れ感が出ないように、それぞれのサイジングを計算して重ねたレイヤードが良い感じです。他にも普段のコーディネートをアップデートするのに参考にできそうなルックが多くあったので、ぜひ下記ギャラリーのコレクションルックに一度目を通してみてほしいです!

24-25AW ミラノファッションウィーク レポート②【JW アンダーソン】まさかのパンストスタイルで芸術的なコレクションを際立たせた奇才

リアルクローズに寄ったゼニアとは打って変わって、非日常的なコレクションを発表したJW アンダーソン。本コレクションは、スタンリー・キューブリックの映画『Eyes Wide Shut』の世界観をモチーフとしており、劇中に登場する絵画やインテリアなどの映像的ディテールが落とし込まれた。ルックは非常に個性的で、観る者に疑問符を与えるようなパンスト一丁のルックや、劇中の絵画を3つのルックにわたってプリントしたメンズのワンピーススタイルなど、アート的な要素が随所に散りばめられている。一方で、クラシックな服を現代的に解釈したかのような、“シンプルにカッコいい服”も同時に展開。ケープのような大ぶりな襟が特徴のタイロッケンコートや、ゆったりとしたオーバーシルエットのトレンチコート、超ビッグシルエットのコーチジャケットなど、モードで今の気分に合った提案も目を引いた。

OTOKOMAE 編集部
パンストスタイルは初めは驚きましたが、よくよく見ていると無駄を削ぎ落として、歌舞伎の黒衣(くろご)と同じように他を目立たせず、メインアイテムだけが際立つように見せているのかとも感じました。そんなJW アンダーソンのコレクションで気になったのは、タイロッケンコートを現代風にアレンジしたかのようなラップコート。シンプルなコーディネートでも、このコートを着ているだけでおしゃれに見える雰囲気があります。現に、ランウェイで披露されたルックは、コート以外に着用しているのがパンストとソックスとシューズのみ。これだけでも雰囲気ある佇まいだったので、一撃必殺的なアウターだと言っても過言ではないのではないでしょうか。また、ビッグシルエットのコーチジャケットも良い感じ。かなりオーバーサイズなので、実際に着こなすとなるとかなりチャレンジになりそうですが、ショート丈でバランスを取った今っぽいデザインだと思います。

24-25AW ミラノファッションウィーク レポート③【ブルネロ クチネリ】“メンズファッションのルール”から脱した自由な着こなしを提案

ブルネロ クチネリは80年代のサルトリアを彷彿とさせるフォーマルなスタイルを軸に、メンズファッションのルールに囚われない自由でモダンな着こなしをルックで提案。2024AWコレクションのテーマは「A FREE SOUL CALL(自由な魂の叫び)」ということで、着こなしだけでなく、色使いもカラーパレットの幅が広く新鮮な印象。ブルネロ クチネリといえば、品のあるベージュやグレーをベースにしたアイテムが象徴的だが、今コレクションではそんなベースカラーに加え、アクセントカラーが豊富に使用されていた。例えば、ピッティでも目立った次期トレンドカラー候補のオレンジは、ロブスターの色をイメージした“ロブスターオレンジ”として提案。他にも珊瑚礁をイメージした“コーラルレッド”や“アイリスパープル”などが提案されているが、全ての色がわずかにグレイッシュに調整されているため、ベージュやグレーとの相性は抜群。計算されたカラーパレットも流石の一言だ。

OTOKOMAE 編集部
ルールに囚われない自由な着こなしが提案された今回のコレクションですが、中でも斬新な着こなしとして目を引いたのが、ニットカーディガンのタックインです。普段あまり馴染みのない「カーディガンのタックイン」という言葉だけでイメージすると、何とも野暮ったいコーディネートになってしまいそうですが、メンズエレガンスの歴史を築いてきたブルネロ クチネリの手にかかれば、まるでドレスシャツをタックインしてるかのようなエレガントな佇まいに仕上がってしまいます。その他にも、スーツ×ライダースジャケットや、シャツとタートルネックのレイヤード、レザージャケットのインナー使いなどスタイルパターンが豊富で、クラシックなメンズファッションのルールから脱した自由な着こなしから、ブルネロ クチネリの新たな境地が垣間見えました。

 

24-25AW ミラノファッションウィーク レポート④【ウールリッチ】NYの仕掛け人 トッド・スナイダーが参画したことで注目度急上昇!

ピッティウオモでのファッションショー、そしてミラノで開催されたメンズファッションウィークにて発表され、話題を集めているウールリッチの新コレクション「ウールリッチ ブラックレーベル」。過去にラルフローレンやJ.クルーなどのブランドのデザイナーを務め、2011年にニューヨークにて自身の名を冠したブランドを設立したトッド・スナイダーがクリエイティブディレクターとして指揮をとる注目のレーベルだ。お馴染みのバッファローチェック柄を用いたアイテムをはじめ、メインコレクションもブラックレーベルも彼のクリエイションが全面に発揮される2024秋冬コレクションに注目だ。

OTOKOMAE 編集部
主力のアウターウェアだけでなく、ニットウェアにも注力しているウールリッチ。現在イタリアに拠点を置くウールリッチのニットウェアは素材使いが秀逸で、業界内でも密かに注目を集めているそうです。今回発表されたブラックレーベルでは、アメリカンクラシックやブリティッシュテーラリングに強みのあるトッド・スナイダーさんのセンスが加わり、デザイン性とフィッティングが飛躍的に向上しています。展示会場を見ていた中では、バッファローチェックのアウター群ももちろんですが、エルボーパッチ付きのセーターが気になっています。アメリカ最古のアウトドアブランドなだけあって、これまではアウトドアテイストが強いアイテムの展開が多かったウールリッチですが、トッド・スナイダーさんの手腕によって、よりファッション性が高いコレクションに仕上げられたブラックレーベル。実際に発売される来秋冬シーズンに大きく期待したいです!

【関連記事】「ウールリッチ ブラックレーベル」についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック

関連記事 NYの仕掛人トッド・スナイダーが打ち出すウールリッチ「ブラックレーベル」の見どころ3選
NYの仕掛人トッド・スナイダーが打ち出すウールリッチ「ブラックレーベル」の見どころ3選
2024年1月9日に開催されたピッティウオモ 105のランウェイ、そして1月13日にミラノで開催されたメンズファッションウィークにて発表され、いま話題を集めているのがウールリッチの新コレクション「ウールリッチ ブラック レーベル(Woolr...

24-25AW ミラノファッションウィーク レポート⑤【カナーリ】ナチュラルカラーの構成と“ほどユル”シルエットで大らかなエレガンスを表現

展示会という名目ながら、ステージ上でモデルが一定間隔で立ち替わるライブプレゼンテーションを毎シーズン実施するカナーリ。ショーのように実際に着用して歩くサマを至近距離で見られるため、服のリアルな質感やフィッティング、ドレープの動きなどが見て取りやすい表現方法として定評がある。今季は「イントゥ ネイチャー」をテーマに掲げ、カナーリが誕生した地の絵画的な霞をイメージしたグリーンを基調に、ナチュラルカラーを中心に構成された最新コレクションを発表した。服のシルエットは全体的にゆったりと設計された、ジャストすぎずオーバーサイズすぎない“ほどユル”で、大らかなエレガンスを表現。ややドロップショルダーのアウターやニットウェア、そしてパンツもリラックスしたシルエットを中心に展開された。

OTOKOMAE 編集部
スーツやアウター、ストールなどに乗せられたチェック柄も24-25AWコレクションの注目ポイントの一つとのこと。タータン調のハウスチェック柄がコレクション全体でふんだんに配置されていて、コーディネートの“差し”に使えそうなミニバッグの展開も気になりました。ギャラリー2枚目の大判ストールなんかは、大柄のチェックデザインですが、スタイルを選ばないカラーリングで活躍してくれそう。日本では展開アイテム数が限られるそうなのですが、こういったチェック柄のストールやバッグなどの小物も豊富に展開されることに期待したいです。
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する