本格靴の標準仕様、グッドイヤーウェルト製法の革靴特集

グッドイヤーウェルト製法と言えば、本格的な革靴を代表する意匠。洗練された大人の男を目指すなら、セメント靴ではなくグッドイヤーウェルト製法の革靴を履くのがたしなみというもの。今回は、高級靴の標準装備「グッドイヤーウェルト製法」の革靴について特集する!

スポンサーリンク

グッドイヤーウェルト製法とは

革靴の「アッパー」と「ソール」をジョイントする方法のひとつであるグッドイヤーウェルト製法。まず「インソール」に取り付けたテープ状の「リブ」と「アッパー」、「ウェルト」をすくい縫いし、その後「アウトソール」と「ウェルト」を出し縫いする。アッパーとアウトソールを直接縫合せず、ウェルトを介してくっつけているのが特徴だ。

matthewdack-goodyear-weltmatthewdack

グッドイヤーウェルト製法の起源は1870年代後半のアメリカ。それ以前の革靴のソールはハンドソーン・ウェルテッドと呼ばれる製法で手縫いで縫合するのが主流だった。米国人チャールズ・グッドイヤーJr.がハンドソーン・ウェルト製法を元に、ロックステッチミシンを応用した機械での製法を考案。需要の高かった靴産業において爆発的に普及し、グッドイヤーウェルト製法が確立、世界各地の靴製造で取り入れられることとなった。現在グッドイヤーウェルト製法は、英国靴を代表する製法として有名。頑健な造りと特徴的なコバは、革靴の伝統性を示す象徴ともなっている。もちろんイギリスだけでなく、アメリカやイタリア、日本においても本格志向のブランドでは必ずと言っていいほど採用されている製法だ。

adding-goodyear-welt-2theholbornmag

グッドイヤーウェルト製法の革靴が持つ5つの特徴

グッドイヤーウェルトの特徴1「耐久性・耐水性」

グッドイヤーウェルト製法の魅力は、他の製法に比べてメリットが圧倒的に多いところにある。その代表的なものが、複雑な縫合による耐久性。シンプルな縫合のマッケイ製法や接着剤でくっつけただけのセメント式とは比較にならないほどの丈夫さをグッドイヤーウェルト製法は備えている。また、靴の内部から外側にかけて隙間がない構造のため、耐水性に優れているのも魅力である。

wolverine-1000-mile-boots-how-its-made-goodyear-weltsoletopia

グッドイヤーウェルト製法の特徴2「履くごとに足に馴染む履き心地」

グッドイヤーウェルト製法の革靴には、インソールの中にコルクがたっぷりと敷き詰められている。そのため、革靴を履いて歩くたびにコルクが沈み、持ち主の”足裏の形”に変形するのだ。グッドイヤーウェルト製法の唯一とも言える短所として、履き始めが他の製法よりも硬いという点が挙げられる。これは内部に取り付けられたリブやシャンクの硬さによるものだが、ほとんどの場合半月から一ヶ月ほど履くことでこの短所は完全に解消される。それどころか、足に馴染んだグッドイヤーウェルト製法の革靴は、たとえ既成靴であっても”自分だけの靴”として快適な履き心地を生み出すのだ。

IMG_7238xxstyleforum

グッドイヤーウェルト製法の特徴3「歩行に振り子のような動きを与える”重さ”」

ウェルトや詰め物によって分厚いソールを持つグッドイヤーウェルト製法の革靴は、マッケイやセメント式の革靴と比べると明らかに”重い”。これは一見するとデメリットのようにも考えられるが、むしろ逆である。程よい重量を持つことで、靴は振り子の重りのような役割を果たし、足を自然に前へ前へと送り出すのだ。コルクがもたらすフィッティングとともに、グッドイヤーウェルト製法が最も長時間歩行に適していると言われる由縁がこの”重さ”である。

goodyearwelt-shoeantennamag

グッドイヤーウェルト製法の特徴4「ソール交換修理」

ウェルトを介在しているため、直接縫合されていないアッパーとアウトソール。これによりグッドイヤーウェルト製法の革靴はソールの取り外しが容易で、ソールが磨り減った場合は靴底全体を新たなものに付け替える修理が可能なのだ。「オールソール交換」と呼ばれるこの修理によって、アッパーの手入れさえ怠らなければ一足の革靴を半永久的に愛用することができる。製造コストが高いグッドイヤーウェルト製法の革靴はセメント式の革靴と比べると明らかに値段が張るが、長期的な視点で考えると実は前者のほうがコストパフォーマンスに優れているのである。

Perennial-Shoemaker-Goodyear-Welt-hammer-1030×579perennialshoemaker

グッドイヤーウェルト製法の特徴5「張り出したコバ」

製造工程上の都合から「コバ(靴底前半分のエッジ部分)」が張り出しているのがグッドイヤーウェルト製法の外見上の特徴。革靴に少しでも関心を持つ人であれば、張り出したコバによってひと目でグッドイヤーウェルト製法の革靴であると見分けがつくため、一種の”高級靴の証明”とも考えられる。ただし個人の趣向によってはあまりに仰々しいコバは美しくないという考えもあり、ハイブランドのモデルの中には”張り出しを控え目にしたコバ”のグッドイヤーウェルト製法靴を展開。高い技術力がないとコバの張り出しを抑えることはできないことから、グッドイヤーウェルト製法のなかでも特に上位に位置付けされる仕様である。

matthewdack-turnerii-broguematthewdack

グッドイヤーウェルト製法の革靴を紹介

クロケット&ジョーンズ(CROCKETT&JONES )「内羽根ストレートチップ オードリー(AUDLEY)」

英国革靴ブランドの王道、クロケット&ジョーンズのキャップトゥ。「オードリー」は”ハンドグレードライン”と呼ばれる最上級コレクションのひとつ。グッドイヤーウェルト製法の技術力はもちろんのこと、ヒドゥンチャネル(伏せ縫い)仕上げのソールや牛革の素材など全てが申し分なしのクオリティ。通称”パリラスト”と名高い名作木型「#337」によるセミスクエアトゥのロングノーズシルエットも秀逸。冠婚葬祭の場合でも使用できる内羽根ストレートチップだからこそ選びたい、長きに渡って愛用できる一足。

61S81

詳細・購入はこちら

チャーチ(Church’s)「外羽根プレーントゥ シャノン(SHANNON)」

クロケット&ジョーンズと同じく百貨店の紳士靴売場に必ず並ぶ日本でも人気のブランド、チャーチ。質実剛健な靴作りに定評のあるこの老舗ブランドだが、シャノンはダブルソール仕上げのドレスカジュアルな一足。アッパー素材はチャーチが独自で開発した”ポリッシュドバインダー”を使用しており、単なるガラスレザーとは一線を画す上品な輝きを宿している。ポリッシュドバインダーはもともと