ボタンダウンにネクタイはなし?今さら聞けない男のVゾーン事情

ビジネスシーンでも着用者が増えている「ボタンダウンシャツ」。スポーツ競技を起源としているアイテムなだけあり“ネクタイを合わせるのはアリかナシか”を問われると意外に答えに詰まるという方も少なくないのでは?今回は「ボタンダウンシャツとネクタイの組み合わせ」をテーマに、ポイントや注目の着こなしを紹介!

スポンサーリンク

シーンによってはボタンダウンとネクタイの組み合わせはNG!TPOにあわせたおしゃれを嗜むのが吉

ボタンダウンシャツは、イギリスの上流階級がたしなむポロ競技で選手が着用していたポロシャツの衿が浮くのを固定するために誕生したディテールだ。生みの親はアメリカのシャツブランドである「BrooksBrothers(ブルックス・ブラザーズ)」創業者の孫という話も有名で、アメリカントラッドの着こなしでもよく取り入れられている。起源がスポーツ競技であるため、カジュアルテイストが強いのも特徴のひとつ。取り入れると良くも悪くもスポーティな印象になるため、シーンによっては取り入れがNGの場合もあるため注意したい。TPOにあわせて戦略的に取り入れるのが吉だ。

シーンによってはボタンダウンとネクタイの組み合わせはNG!TPOにあわせたおしゃれを嗜むのが吉

結婚式ではボタンダウン×ネクタイの組み合わせは避けるのがマナー

ビジネスシーンで着用者が増えているものの、もともとは正式なスーツスタイルとは無縁のボタンダウンシャツ。冠婚葬祭などのフォーマルな正装やドレスコードがあるシーンでは、ボタンダウンシャツにネクタイを合わせるのは避けるのがマナーだ。結婚式におもむく際は、シャツの襟型はスプレッドカラーやレギュラーカラー。ネクタイは、日本の結婚式におけるドレスコードではシルバーベースが一般的とされている。披露宴から式に参列する場合はそういったデザインのものを組み合わせたい。

結婚式ではボタンダウン×ネクタイの組み合わせは避けるのがマナー

【関連記事】結婚式の服装に悩む男性必見!ゲストでお呼ばれした時に焦らない着こなしのポイント&おすすめアイテムを紹介

男性なら誰もが悩んだ経験をもつのが、ゲストとして参加する際の「結婚式の服装」だ。...
2/4GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ