ネクタイピン 付け方【6つのポイント】

スーツスタイルやジャケットスタイルを格上げしてくれるアイテムのひとつが「ネクタイピン(タイバー/タイクリップ)」。ネクタイを定位置に固定するという単純な役割だけでなく、それ自体のデザイン性をアクセントにしたりネクタイに立体感を演出するなど、使い方によってはこなれ感を演出できる便利なアイテムだ。持ってはいるが、意外と「正しいネクタイピンを付ける位置」や「ネクタイに合わせたタイピンの選び方」を知らないという方も多いのではないだろうか。今回はネクタイピンを付ける際に注意したいポイントやこなれ感を演出する付け方まで紹介!

スポンサーリンク

ネクタイピンの付け方 ポイント1「ネクタイに合わせたタイピンを選ぶ!」

ネクタイと組み合わせるアイテムのため、ネクタイとタイピンの相性は重要なファクターだ。ナロータイであればショートタイプ、太めのネクタイであればロングタイプを選択するのが好ましい。色はシルバーが万能で、ビジネススタイルにも違和感なく取り入れられるが、昨今ではクラシック回帰の影響もあり、ヴィンテージ感のあるゴールドなどのタイバーも、注目を集めている。その他の色は、ネクタイや着用シーンを選ぶので注意が必要だ。

タイピンの長さ説明

ネクタイピンの付け方 ポイント2「タイピンをつける位置”第三ボタンと第四ボタンの間”が目安」

タイピンを付ける位置も重要だ。下の画像のように高すぎず、低すぎない位置がオーソドックス。シャツの第三ボタンと第四ボタンの間を目安にするとバランスを取りやすい。付ける位置は、厳密にルールが決まっているわけではないので、程よいゾーンで高めにしたり低めにしたりとバランスをとりながら気軽に取り入れるのが◎

ネクタイピンの付け方 JUST POSITION

ネクタイピンの付け方 ポイント3「シャツとネクタイは固定するのがセオリー」

タイピンが誕生した当時のネクタイは、芯地なしで薄かったり、小剣・小剣通しが存在しなかった。そんな乱れやすい当時のネクタイをシャツと固定する役割を担うためにネクタイピンは誕生している。現在のネクタイは乱れにくいため、装飾品の意味合いが強いが、付け方は基本に忠実にシャツを挟むのが好ましい。

タイピンの正しい付け方

2/3GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ