結婚式の服装に悩む男性必見!ゲストでお呼ばれした時に焦らない着こなしのポイント&おすすめアイテムを紹介

男性なら誰もが悩んだ経験をもつのが、ゲストとして参加する際の「結婚式の服装」だ。スーツスタイルのカジュアル化も進み、ひと昔前と比較して正解と不正解の線引きが曖昧になっている結婚式のスーツスタイル。今回は、現代において一般的とされている結婚式でのスーツスタイルを基軸に、注意したいポイントから好ましい着こなし事例、結婚式の服装で使えるオススメのアイテムを紹介!

スポンサーリンク

結婚式で着用するフォーマルスーツは時間帯や式の重み、ドレスコードによって変化する!

結婚式の起源は種々あるが、現在の日本で一般化しているのは西洋のブライダルパーティを模したものだ。開国直後の明治時代、西洋の文化が急速に流れこんできた時期に結婚式の形も同時に輸入されたと言われている。式と同時に輸入されたフォーマルスーツの文化はヨーロッパの上流階級の人々が着用していた服が起源だ。フォーマルスーツの種類には「正礼服」「準礼服」「略礼服」があり、それぞれ昼か夜かの時間帯や、式の重み、式の主催者から指定されたドレスコードに沿った礼服を着用するのがルール。立場によって着る服の種類に違いはあるものの、式典の参加者は同じものを着用するのがフォーマルスーツの基本だ。

ab0kl016-750×374

ビジネスで良しとされている服装も結婚式ではNGな場合も!?

結婚式にふさわしい服装とビジネスに適した服装の区別が難しいと感じることは少なくないだろう。普段のビジネススタイルで結婚式に参列したら周りから浮いてしまい恥をかいてしまった。なんてことを避けるためにも結婚式にふさわしい服装とはなんたるかを理解しておきたいところ。位置付けとしては、フォーマルウェアはタキシードや燕尾服などの格式高いもの。ビジネススタイルはフォーマルと比べて少しカジュアルダウンした着こなしが一般的だ。カジュアルダウンの例としては、スーツにスポーティな印象のレジメンタルタイを合わせたり、足元にローファーを合わせるなど、フォーマルスタイルではNGとされるスタイリングが挙げられる。

ビジネススタイル

ソリッドネイビーで保守的に仕上げたスーツスタイル。足元にローファーをチョイスして遊び心をプラスした着こなしはビジネススタイルならでは。

2/8GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ