結婚式 服装 特集【お呼ばれでの着こなし編】

男性なら誰もが悩んだ経験をもつのがゲストとして参加する際の「結婚式の服装」だ。スーツスタイルのカジュアル化も進み、ひと昔前と比較して正解と不正解の線引きが曖昧になっている結婚式のスーツスタイル。今回は、現代において一般的とされている結婚式でのスーツスタイルを基軸に、好ましい着こなしやポイント、アイテムを紹介!

スポンサーリンク

結婚式とフォーマルスーツについて

結婚式の起源は様々あるが、日本で一般化しているのは西洋のブライダルパーティを模したものだ。開国直後の明治時代、西洋の文化が急速に流れてきた時期に結婚式の形も同時に輸入されたと言われている。式と同時に輸入されたフォーマルスーツの文化はヨーロッパの上流階級の人物が着用していた服が起源だ。フォーマルスーツの種類には「正礼服」「準礼服」「略礼服」があり、それぞれ昼か夜かの時間帯や、式の重み、式の主催者から指定されたドレスコードに沿った礼服を着用するのが一般的。立場によって着る服の質に違いはあるものの、式典の参加者は同じものを着用するのがフォーマルスーツの基本だ。

ビジネスとフォーマルの違いとは

結婚式でのフォーマルスタイルとビジネススタイルの区別が難しいと感じることは少なくないだろう。位置付けとしては、フォーマルウェアはタキシードや燕尾服などの格式高いもの。ビジネススタイルはフォーマルと比べて少しカジュアルダウンした着こなしが昨今の主流だ。カジュアルダウンの例としては、スーツにボタンダウンシャツをチョイスしたり、足元に外羽根式のシューズを合わせるなど、フォーマルスタイルではNGなスタイリングが挙げられる。

ソリッドネイビーで保守的に仕上げたスーツスタイルに足元はローファーをチョイスして遊び心をプラスした着こなしはビジネススタイルならでは。

日本で一般化しているフォーマルスーツは略礼服

ヨーロッパ王室で行われる結婚式などの格式高い場面には燕尾服などの正礼服が好ましいが、一般層の結婚式での服装はカジュアル化が進んでおり、略礼服が一般的になっている。略礼服はダークスーツがそれに値するもので、チャコールグレー、ネイビーなどの色が濃い生地のスーツを総して呼ぶ。ちなみに、日本では略礼服として認識しがちのブラックスーツだが、世界基準で考えると略礼服には入らないため海外での式典などに参加する際には注意が必要だ。

「結婚式=無地のブラックスーツ」は日本独自の礼服文化、世界の非常識?

「結婚式といえば黒無地のスーツを着るのが正しい」と考える方は少なくない。実は、世界的にみると黒無地スーツの着用は一般的ではないようだ。ホテルにて、結婚式参加者が揃ってブラックスーツを着ている光景をみた外国人旅行者から「お葬式ですか?」「ジャパニーズマフィア!?」という質問が飛び出すのはホテル従業員のあるあるだそう。「黒=悲しみの色」というのがキリスト教文化が大勢を占める西洋の共通認識。黒いスーツは結婚式はおろか、実はビジネスの場で着ることさえもあまり一般的ではないのだ。

ドレスコードにうるさい英国も結婚式参加者のスーツはチャコールグレーのスーツが主流

世界でも最もドレスコードにうるさいイメージのある英国。「みんな燕尾服やモーニング、タキシードを着ているんだろう。」と思ってしまいがちだが、一般的な結婚式においてはチャコールグレーのスーツが主流の模様。イタリアやアメリカになるとネイビーのスーツはもちろんのこと、ライトブルー、ライトブラウンなど明るい色のスーツを着こなす男性が多くなる。西洋ではタブーの少ない結婚式のスーツスタイルだが、派手なストライプは避けるケースが多いようだ。あくまで主役は結婚する二人なので彼らより目立たないようにするのが大人のバランス感覚。

「結婚式におけるブラックスーツ」について知人の英国人とイタリア人にそれぞれインタビューしたところ「黒は喪服でしょう。」「結婚式は楽しくお祝いする場なんだから悲しい色は避けるのが普通。」「祝う気持ちをこめて華やかなスーツで参加するのがイタリアの常識」との回答であった。ただし、午後の結婚式や夜のパーティーには黒のタキシードスーツを着る男性も多いようだ。白のタキシードは新郎が着るアイテムでもあり、新郎よりも目立つ恐れがあるため、お呼ばれで行く場合は着用しないように心掛けたい。

無地ブラックスーツをあえて着るべき結婚式とは?

特に地方都市の結婚式や、古き良き文化を残す会社の従業員の方の結婚式では日本独自の礼服文化が根強く残っており、参加者が全員ブラックスーツに白ネクタイということも多い。そんな結婚式の場合「周囲から浮かない」「減点回避」という点が最重要になることも十分あり得るだろう。「郷に入っては郷に従え」の精神でローカルスタンダードな服装をチョイスするのも考え方次第で正解といえる。

ちなみに無地のブラックスーツが準礼装として日本に広まった理由には諸説あり。「戦後、燕尾服やモーニングが廃れて売れなくなったことへの対策として日本のアパレル企業が提案した上下黒のソシアルスーツが起源」「和装における最上級の格式を示す黒をスーツにもそのまま持ち込んだことが起源」など。スーツを西洋文化に根差した「洋服」として捉えるのか、日本文化の中でアレンジされたある種の「和洋折衷服」と捉えるのかによっても服装の判断が分かれそうだ。

結婚式に柄スーツを着ていく場合は主張が控えめなものを

ゲストで参加する場合に重要視したい点は、新郎新婦より目立つ服装をしないことだ。ゲストとしての立場をわきまえた着こなしを心掛けたい。一番好ましいのは無地のダークスーツだ。無地のアイテム以外が間違えではなく、あくまでも主張が控えめなスーツ選びを心掛ければ会場で浮いてしまう心配はないだろう。柄のスーツを着ていく場合は、シャドーストライプなどの織りで柄が表現された主張が控えめなものが好ましい。ヘリンボーンの織り柄生地などは、スーツやワイシャツなどのフォーマルウェアにもよく採用されている。

スーツの中でも、ツイードやナイロンなどのスポーツテイスト漂う素材感のカジュアル寄りなアイテムをチョイスするのは結婚式に適していないため控えるのが無難だ。ウールがメインの一般的なスーツ生地で仕立てられたものを選びたい。

結婚式に適したスーツの仕様は様々

結婚式に適した打ち合わせはシングルかダブルか、ラペルの形はノッチラペルかピークドラペルかと悩む方も少なくない。ラペルや打ち合わせなど仕様は結婚式での適正にあまり関係が無いため自分の好みのアイテムを選ぶのが良いだろう。テーラードパンツの裾の仕上げもシングル、ダブルどちらを選んでもOKだ。

結婚式に適したポケットの仕様

ジャケットには屋外か室内かによって適したポケットの仕様がそれぞれ存在する。昨今トレンド傾向にあるパッチポケットの仕様は屋外向け。現代の結婚式でパッチポケット仕様のスーツの着用はNGではないが、胸ポケットまでパッチ仕様になった3パッチポケット仕様はカジュアル過ぎる印象を与えるため着用は控えたい。

お呼ばれ結婚式に適したジレ

基本的にスーツと条件は一緒だが、スーツと生地の異なるオッドベストの取り入れは着こなしに華やかな雰囲気がプラスされるため取り入れる価値ありだ。主張が激し過ぎないカラーのアイテムを選ぶのが基本だが、ブラックのジレは葬儀を思わせるためNGとされている。例えば、朝の結婚式などで無難に行きたい場合は、マットなグレー系のカラーリングをチョイスするのが好ましいだろう。シングルかダブルの打ち合わせ、ラペルの有無は結婚式の適正にあまり関係が無いため自分の好みのアイテムを選びたい。

BEVILACQUA(ベビラクア)のイタリア製ジレ 詳細・購入はこちら

結婚式スーツに合わせるネクタイは無地や小紋が王道

結婚式の服装で迷うポイントといえばネクタイも挙げられる。結婚式では無地や織り柄、小紋を選択するのが王道だ。日本のドレスコードとしては、シルバー無地やホワイトベースに柄が施されたものが一般的と言われている。

ビビッドなカラーリングや派手な柄のネクタイは、二次会や夜のパーティなどには良いが、格式ある場面ではホストより目立ってしまう/目立とうとしていると思われる恐れがあるため注意が必要だ。

結婚式にレジメンタルストライプのネクタイは不向き

日本の結婚式で多く見られるのがレジメンタルストライプのネクタイだが避けるのがセオリーだ。なぜならレジメンタルストライプはもともと英国騎士時代に連隊ごとに設定された柄が起源であり、その後は様々な大学や軍隊、州において特定の柄が無数に設定されたものであって、クラシックなスーツスタイルにおけるグローバルスタンダードではないからだ。オクスフォード大学の卒業生がOB会で締めるようなケースを除き、実は英国人でさえフォーマルな場で避ける柄なので頭の片隅に留めておきたい。関連記事:レジメンタルストライプのネクタイは誤解を招く!?

3d47a33eb97d2570bfc8a27e02d32682

お呼ばれ結婚式でのおしゃれの楽しみ方として、ネクタイの締め方にアレンジを加えて見るのは有力な選択肢だ。ちなみに、お葬式の場面ではディンプルを作ることもタブーとされているためTPOはしっかりと把握しておきたい。関連記事:ネクタイのディンプルを1日崩さない結び方のコツ

結婚式にボウタイをチョイスする場合の注意点

ボウタイ、すなわち蝶ネクタイの取り入れも注目を集めている。ボウタイは基本的に燕尾服やタキシードなどの午後の夕暮れ時から着用するアイテムに合わせるもののため、朝の結婚式に合わせると浮いてしまう恐れがあるので注意が必要だ。ボウタイの取り入れは夕暮れ時が好ましいが、現在は午後であればブラックスーツをタキシード代わりにボウタイを合わせるスタイリングなども可能。シャツもこだわる場合は、ウィングカラーのシャツを合わせるとよりフォーマルな雰囲気を演出できる。また、黒のネクタイは結婚式で一般的では無いが、ボウタイならばブラックのチョイスが王道だ。

FRANCO BASSI(フランコ バッシ) のボウタイ 詳細・購入はこちら

お呼ばれ結婚式に履いていく靴

そしてネクタイと同じくらい悩むのは靴。誰にも文句を言われないように無難にいくなら内羽根ストレートチップだが、友人として参加するなら靴のつま先のステッチ部分にブローグ(穴飾り)が施されたパンチドキャップトゥくらいまでなら違和感を感じる人は多くないだろう。フルブローグだとスポーティーすぎる印象を感じる人がやや多いため注意が必要だ。靴のチョイスもさることながら、しっかりと磨き込まれて手入れが行き届いた靴を履くことが重要だと心に留めておきたい。関連ページ:結婚式ゲスト革靴で悩まないための基礎知識

SANYO YAMACHO 友二郎 内羽根ストレートチップ 詳細・購入はこちら

結婚式に履いてくべきは内羽根と外羽根どちらか

結論から言うと、フォーマルウェアに合わせるレザーシューズは内羽根式が好ましい。紐を通す羽根部分が甲の上に乗るか潜るかの違いで外羽根式か内羽根式かを判断できる。外羽根式のシューズは羽根が全開するため着脱が行いやすいという理由から、狩猟用や野外労働用として活用されていた歴史が存在する。一方、内羽根式は1853年イギリスのヴィクトリア女王の夫君アルバート公が考案したミドルブーツが起源だ。歴史の観点から「外羽根式=カジュアル」「内羽根式=フォーマル」といった認識が一般的になっている。

SUTOR MANTELLASSIの外羽根式ストレートチップ 詳細・購入はこちら

SUTOR MANTELLASSIの内羽根式ストレートチップ 詳細・購入はこちら

結婚式のスーツに合わせるのを避けたい革靴の種類やデザイン

カジュアル化が進んでいる結婚式の服装だが、カジュアルダウンのやり過ぎは避けたいところ。避けたいアイテムの例として、タッセルローファーやチャッカブーツが挙げられる。もちろん、スニーカーなどのチョイスもハズしすぎた印象を与えるため結婚式では避けるのが好ましい。素材では、スエードが耐久性、撥水性など機能性の高さからカントリーブーツのアッパーに使用されていた歴史もあり、カジュアルな印象を与えてしまうため避けるのが一般的だ。中には、スエードは革製の生々しさから縁起が悪いと考える方も多いので頭の片隅に留めておきたい。

色味に関してはブラックが好ましいが、現代では茶系のアイテムを履いている人物も結婚式で多く見られている。どちらにせよ主張が控えめなデザインがお呼ばれで向かう結婚式に適しているのは間違いないため、ブラウン系のシューズをチョイスする際はダークブラウンなどの落ち着いた雰囲気のあるものを選びたい。

お呼ばれ結婚式に着ていくシャツ

どのようなシャツを着ていくのが好ましいかも把握しておきたい。生地で見ると、万国共通で白無地のコットンが王道だ。カジュアル寄りな結婚式の場合は、サックスブルーなどの淡い色味の生地や織り柄で表現された主張が強すぎないストライプなどの柄物アイテムの取り入れもアリだ。挑戦的な着こなしを避けたい場合は、無難に無地のコットンホワイトシャツを選びたい。

LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ) ワイドカラーシャツ 詳細・購入はこちら

結婚式に着ていけるフォーマルなシャツの仕様とは

ホワイト無地だからといって、全てのシャツがフォーマルに適している訳ではないため注意が必要だ。それぞれのシャツのディテールにフォーカスして、結婚式に適したフォーマルな仕様を紹介!

結婚式に着ていけるフォーマルなシャツ仕様①「クラシックはスプレッドカラー」

衿と言えば、シャツの中で一番多くの人に見られるディテールだ。日本の式では、今の時代の最も標準的なカラースタイルであるレギュラーカラーをチョイスする人物が多く見られる。レギュラーカラーのチョイスも問題無いが、よりクラシックなスタイリングを目指す場合は衿が160度開いたスプレッドカラーが◎。英国のウィンザー公の弟であるケント公が定着させた由緒ある衿型だ。衿の長さは7cm、後ろ衿の高さはテーラードジャケットを羽織った時に1.5cmほど覗かせるのがクラシックと言われており、それを表現するために必要な高さは4.4~4.5cmと言われている。

フォーマルな場に適していない衿のディテールはボタンダウンやタブカラーだ。ボタンダウンはポロ競技で衿先が遊ばないよう固定するために開発されたディテールであるためカジュアルな印象を与えがち。無駄な装飾を省いたエレガントを重要視するクラシックスタイルでは特に、ピンホールやボタンなどの装飾が施されていないベーシックなデザインをチョイスすることを心掛けたい。

結婚式に着ていけるフォーマルなシャツ仕様②「前立て」

本格的なクラシックシャツの場合、前立ての無いデザインが基本。しかし、現代のクラシックシャツには前立てが付いている場合も。好ましい前立て幅は3.3cm。この数値を超えると、スポーティな印象を与えるため注意が必要だ。

前立ても装飾ディテールのため、なるべく主張を控えたデザインが好ましい。中には、比翼仕立てを採用してボタンまで隠したドレスシャツも存在する。胸ポケットもカジュアルなディテールのため、こだわる場合は付いていないデザインを選びたい。

DOLCE & GABBANAのクラシック シャツ 詳細・購入はこちら

結婚式に着ていけるフォーマルなシャツ仕様③「カフスはシングルでもダブルでも可」

カフスはシングル、ダブルどちらを選んでもNGにはならない。よりエレガントなクラシックスタイルを確立する場合はダブルカフスが好ましいが、カフリンクスの素材と色合わせの手間が増える。スーツの着こなしの基本である、袖先から1.5cmほど見せるレイヤードを再現するにもダブルカフスのシャツは調整が難しいため、着用する場合はサイジングにも十分な注意が必要だ。

TOM FORD (トムフォード) ダブルカフス シャツ 詳細・購入はこちら

結婚式などのフォーマルスタイルに適したポケットチーフは白無地のリネン

フォーマルな場に一番適しているポケットチーフは白無地のリネン素材だ。当時のブルジョワジー(富裕層)に、主に燕尾服やフロックコートの着こなしにおいて取り入れられ白いリネン(麻)のチーフが用いられることが多かったため、次第に「フォーマルな装いには白チーフ」という暗黙のルールが形成されている。他には、光沢感のあるシルク生地の選択も有力だ。着こなしにエレガントな雰囲気をプラスしたい場合はシルクのポケットチーフを取り入れたい。コットン製のポケットチーフは、カジュアルな印象が強いため結婚式での使用は避けたいところ。

FRANCO BASSI(フランコ バッシ)ポケットチーフ リネンソリッド 詳細・購入はこちら

結婚式で取り入れたいポケットチーフの折り方

ポケットチーフの折り方の種類も幅広い。格式のある会場で行われる結婚式に最適な折り方は「スリーピークス」だ。だが、それに関わらずTPOに応じてさりげないアレンジを楽しみたい。例えば、先輩・上司などの結婚式への参列で控えめに行くなら「TVフォールド」。仲の良い友人の式で、自分のキャラクター性を演出したい場合は「パフド」などが挙げられる。ラフな印象を与えやすい「クラッシュド」は披露宴には相性が悪いため避けたいところだが、二次会においては十分に対応が可能だろう。関連記事:ポケットチーフ 特集【折り方&注目アイテム紹介】

結婚式で参考にしたい注目の着こなしをピックアップ!

ネイビースーツ×ネイビータイ×ブルーシャツスタイル

「無地のネイビースーツ x 無地ネイビータイ x ブルーシャツ」で精悍な印象をまとったスタイル。ややラフに挿したツーピークスの白ポケットチーフでこなれ感を演出。画像の靴は外羽根だが、披露宴から参加するなら内羽根式のシューズをチョイスしたい。

スリーピーススーツスタイル

明るめネイビーのスリーピーススーツを使った結婚式のゲストとして最適な着こなし。ポイントは光沢のあるやや幅広のネクタイ。ネクタイの厚みと幅を活かし、大胆なディンプルをつくって変化を加えている。

ネイビースーツ×ウィングカラーシャツスタイル

紺無地スーツ、ウィングカラーシャツにボウタイを合わせた着こなし。ボウタイをすることによって、ボタンやVゾーンが目立つので質の良いシャツをチョイスすることで印象が大きく変わる。高番手の滑らかな無地のホワイトコットンシャツが好ましい。

グレースーツ×ネイビータイコーデ

シャドーストライプのグレースーツスタイル。スーツとネクタイに色を合わせた「ネイビーxシルバー」のコンビポケットチーフのチョイスが粋だ。主張しすぎず、さりげない雰囲気を演出することで主役を引き立てるダンディな着こなしに。

タキシードスタイル

 夜に開催されるパーティーに参加する機会が多いなら、タキシードを一着持っていると重宝する。くれぐれも午前中に開催される披露宴に着ていかないように注意したいところ。

グレースーツ×グレータイスタイル

織り柄に表情のあるグレースーツにグレータイを合わせてグラデーションを表現したコーディネート。スーツに主張がある分、シャツやシューズにはレギュラーカラーのソリッドホワイトや内羽根式のブラックシューズなどの控えめなベーシックアイテムをチョイスして保守的なイメージをキープ。

シャドーストライプのグレースーツ×織り柄ソリッドタイ

無地以上に控えめな印象を放つシャドーストライプも有力候補。画像ではボタンダウンシャツでカジュアルダウンしているが、結婚式ではレギュラーカラーやスプレッドカラーを合わせて保守的に仕上げたい。

ネイビースーツ×ブルーシャツスタイル

ネイビースーツにサックスブルーのシャツを合わせてグラデーションを表現したスタイリング。小物のチョイスが目を引くが、スプレッドカラー、ツーピークスに折ったポケットチーフなどのTPOを意識した着こなしに注目したい。

ARMANI COLLEZIONI ツーピース フォーマルスーツ

モード界の帝王と言われているアルマーニ氏が手がける、スーツを主に取り扱うライン「ARMANI COLLEZIONI(アルマーニコレツォーニ)」。マットな質感なら、主張も控えめで保守的な印象に。ネイビースーツをチョイスしてビジネススタイルにも活用するのも手だ。

詳細・購入はこちら

Z ZEGNA ツーピーススーツ

世界最高峰の生地を作るイタリアメーカーZEGNAのモダンなライフスタイルライン「Z ZEGNA(ジーゼニア)」。織り柄でうっすらとストライプ柄が表現されたスーツならば、さりげなく個性を演出できる。ビルドアップショルダーによってメンズらしい精悍な印象をプラス。

詳細・購入はこちら

BOGLIOLI ツーピース ディナースーツ

創業から100年以上の歴史を持つ老舗イタリアブランド「BOGLIOLI(ボリオリ)」。夜の披露宴で、ブラックタキシードよりも一歩踏み込んだダークネイビーのタキシードに挑戦してみるのもアリだろう。ショールカラーは、ラペルの返り位置のふくらみが大きいほどフォーマルな印象に。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

banner