ビジネススーツに似合う秋冬コート特集【最新版】

ビジネススーツにあうコート

肌寒い秋冬のビジネススーツスタイルに欠かせないコート。チェスターコートやステンカラーコートを合わせてクラシックに装うのは王道だ。しかしながら近年においては、あえてカジュアルアウターを取り入れたスタイルが定着するなど、ビジネススタイルにおけるコート選択肢が広がっている。今回は”ビジネススーツに合うか?”という視点から、「コンサバティブなビジネス王道コート」「ビジネススタイルの”ハズし”になるコート」「スーツに合わせるのは難しいコート」などを紹介!

スポンサーリンク

ビジネススーツに合うコートの選び方4つのポイント

ビジネススーツに合わせるコート選びは、基本的に以下の4点をおさえておきたい。

cu7iwx1weaaxdm4①職種に関わらずフォーマルなコートは1着以上所有しておく【守り】
②着丈・そで丈がスーツよりも長いコートを選ぶ(※オーバーサイズを選ぶのではない)【守り】
③職種やTPOに応じて、ハズし的な種類のコートを所有することも検討する【攻め】
④すその丈感については、丈が長いほどクラシックでドレッシーなイメージに、短くなるほどカジュアルで若々しい印象になることをふまえておく【攻め/守り】

ビジネススーツに合うコート【王道編】

まずは冠婚葬祭からビジネススタイルまで対応できる、フォーマルコートを紹介!ビジネスパーソンであれば、職種に関わらず1着は所有しておきたいカテゴリーのコートだ。あえて奇をてらわずコンサバティブに装う際にマストなコートをピックアップ。

スーツスタイルに似合う王道コート①「ステンカラーコート」

ステンカラーコートは、トレンチコートから派生したと言われるレインコートの一種。就活生からデキるビジネスマンまで幅広く着用される定番アウターだ。意外に知られていないが「ステンカラーコート」は、フランス語で「支える」を意味する「ステン」と「コート」を組み合わせた和製英語。本来の名称は「バルマカーン(コート)」「バルカラーコート」「スタンドフォールカラーコート」など。素材はギャバジン(防水加工されたコットン生地)がクラシックだが、最近ではナイロン・ポリエステル製のタイプも人気が高い。また、ラグランスリーブが基本形だったが、近年は男性の身体を構築的にみせてくれるセットインスリーブも増えている。

ステンカラーコートビジネススーツに合わせたスタイルgalla

UNITED ARROWS green label relaxing [ロロピアーナ] STORM ステンカラーコート

UNITED ARROWS green label relaxing [ロロピアーナ] Loro Piana STORM/S ステンカラーコート

詳細・購入はこちら

スーツスタイルに似合う王道コート②「チェスターフィールドコート」

19世紀、伯爵であるチェスターフィールド氏が着ていたコートが起源とされている「チェスターフィールドコート」、略して「チェスターコート」とも呼ばれる。クラシックなチェスターコートは比翼仕立てが基本だが、現在は打ち抜きでボタンが見える仕様が主流だ。冠婚葬祭からノームコアなどのカジュアルスタイルまでカバーできる汎用性の高さが魅力。ダークネイビーやチャコールグレーなど暗めのトーンを選ぶほどフォーマルな印象が強まり、あらゆるビジネススーツにはまりやすい。

チェスターフィールコートスーツに似合う着こなしbloganchoi

LARDINI シングルチェスターコート

(ラルディーニ)LARDINI シングルチェスターコート

詳細・購入はこちら

スーツスタイルに似合う王道コート③「アルスターコート」

一見するとダブルブレステッドのチェスターコートに見えるが、その名の通り急角度を描くノッジが特徴の「アルスターカラー」をもつコートを紹介。元々は北アイルランドのアルスター地方産のウールを使用したコートに名称の起源をもつ。チェスターフィールドコートに比較して、よりスポーティーな仕上がりになっているが、しっかりとドレステイストをキープしているのでスーツとの相性は抜群だ。チェスターコートとは異なり流通量が少ないので、さりげなく違いを見せつけるのに重宝するだろう。

cu7iwx1weaaxdm4

Belvest(ベルベスト)ウールダブルフェイスソリッドアルスターコート

Belvest(ベルベスト) ウールダブルフェイスソリッドアルスターコート

詳細・購入はこちら

スーツスタイルに似合う王道コート④「ポロコート」

英国のポロ競技者用のコートがポロコートの起源だ。のちにアメリカの学生の間で流行したことで知られる。一見するとチェスターコートやアルスターコートに酷似しているが、ポロコートの特徴として「バックベルト」「フラップポケット」「ダブルブレステッド6B仕立て」「クラシックなものはターンナップカフ(袖口の折り返し仕様)」「本格素材はキャメル」と言った点が挙げられる。アルスターコートと同じく、ドレステイストをキープしながら、”よりスポーティー”な印象を演出したい場合に重宝するアウターだ。※ポロコートとアルスターコートのデザインの違いについては明確に定義されておらず、メーカーによって呼び名が逆になることもある。

スーツに合うコートポロコートtetinotete

TAGLIATORE ポロコート

TAGLIATORE ポロコート

詳細・購入はこちら

スーツスタイルに似合う王道コート⑤「トレンチコート」

トレンチコートといえば、バーバリー、アクアスキュータムといった老舗英国ブランドが元祖といわれるコートだ。第一次世界大戦時に寒冷地における英国軍のミリタリーコートに起源をもつため、肩のエポレットや襟元のチンストラップ、ウェストベルト、防水加工のギャバジン素材など、今でも軍モノディテール・面影を色濃く残しているのが特徴だが、英国発祥アイテムのせいか、不思議とスーツスタイルに馴染む。▶︎トレンチコート着こなし/コーディネート

1fb2b08b33004a8add7b8a4c93732ab0carlosbrusman

BURBERRY トレンチコート

BURBERRY 綿100% 無地 ダブルボタン トレンチコート

詳細・購入はこちら

スーツに合うコート【カジュアル編】

続いて比較的カジュアルテイストが強くオフスタイルにも使いやすいだけでなく、スーツスタイルにハズしを取り入れるという意味でも検討していきたい、こなれ感あふれるコートを紹介!スーツはもちろん、ジャケパンスタイルなどビジネススタイルの中でもフォーマルテイストを求められないシーンで特に重宝するコートを紹介。

スーツスタイルに”こなれ感”をプラスするコート①「ラップコート」

昨今のエフォートレストレンドの影響を受けレディースの間でトレンド傾向にある「ラップコート」。特徴としてはフロント開閉部のボタンが廃され、ウェストベルトでしばるという仕様が挙げられる。一枚布で構成されたポンチョのようなタイプから下の画像のようにドレス仕立てのものまで幅広い。スポーティーでリラックスした印象、そして個性をプラスできる”こなれ感アウター”として注目しておきたい。

ラップコートメンズ着こなしビジネススーツスタイル

marieclaire

メンズウェアにおける展開が少なく、特にドレステイストのコートの選択肢が多くないのが難点ではあるが周囲にアウターチョイスの時点で差をつける意味では挑戦しがいのあるアイテムと言えるだろう。

ニックウースター×ユナイテッドアローズ ラップ ショールコート

14345263_b_02_500詳細・購入はこちら

スーツスタイルに”こなれ感”をプラスするコート②「ダウンジャケット」

人気ダウンジャケットブランド「モンクレール」のヒットにより、アウトドアブランド主体だったダウンジャケットが一変し、「スーツにあわせても違和感がないような細身でスタイリッシュなモデル」が市場に多く登場。それに伴いビジネススーツにダウンジャケットを合わせる習慣が徐々に浸透してきた。防寒性もさることながら、アクティブでスポーティーな印象を作り出すことが可能だ。ある程度すそ丈があり、ジャケットのすそがはみ出すぎないことを心がけたい。 関連ページ▶︎ダウンジャケット特集

スーツにダウンジャケットをあわせた着こなしsyndicate

ストーンアイランドのダウンジャケット

41pfec421nl詳細・購入はこちら

ムーレーのダウンジャケット

71mj8ywui4l-_ul1500_詳細・購入はこちら

スーツスタイルに”こなれ感”をプラスするコート③「キルティングコート(ジャケット)」

その名の通りキルティング生地のジャケットですが、日本以外ではキルトジャケットと呼ばれるアウター。日本では英国発祥ブランドであるラベンハム(LAVENHAM)が圧倒的に有名、マッキントッシュがそれに続く。ちなみにイタリアのハスキーというブランドがキルティングジャケットの元祖と言われており、海外ではハスキージャケットと言われることも。もともとが乗馬用のジャケットだったのでスーツにあわせることはなかったが、昨今はハズしアイテムとしてスーツへのコーディネートが定番化している。

キルティングジャケットコートスーツにあわせた着こなし

LAVENHAM DENHAM DENHAM_2014 CORK 40 ダウンジャケット

LAVENHAM DENHAM DENHAM_2014 CORK 40 ダウンジャケット

詳細・購入はこちら

スーツスタイルに”こなれ感”をプラスするコート④「フィールドジャケット/ハンティングジャケット」

英国上流階級に向けたのアウトドアウェアを展開するバブアーのオイルドジャケットが有名だ。いわゆるカジュアルウェアの範疇に含まれるが、英国発祥というバックグラウンドのせいかドレスアイテムにあわせても意外にも馴染んでしまうという不思議なアウターだ。オイルドクロスの経年変化が着込むほどに味になるという楽しみもある。ピッティウオモにおいても、一定の割合でスーツにあわせてバブアーに身を包んだ男性が見られる。

バブアー着こなしメンズ

dresslikea

Barbour Bedale SL

バブアービデイル

詳細・購入はこちら

スーツに合わせにくいコート

ビジネススーツに合わせること自体のハードルが高いコートをピックアップ。着こなしの難度が高い分、ハズしとして取り入れればこなれ感のあるスタイルが完成するかも!?

スーツに合わせにくいアウター①「モッズコート」

1960年代のイギリスにおいて細身のスリーピーススーツに米国払い下げのM-51を着たモッズ達にちなんで日本で「モッズコート」と称されたのが起源のコート。時を経て「踊る大捜査線」において織田裕二の演じる青島俊作が着用したことから日本では青島俊作イメージが強い。1951年にアメリカ陸軍に採用されたオーバーコート「M-51」をベースにしているため、武器などの装備をつけた上から着用できるように身幅がゆったり作られていることが多い。スッキリとスーツにあわせるなら、身幅をタイトにデザインしたモデルをチョイスするのがオススメだ。

(ロスコ)ROTHCO(ロスコ) P9462 モッズコートM-51フィールドパーカー

詳細・購入はこちら

スーツにモッズコートを合わせた着こなしといえば、踊る再捜査線の青島俊作だ。下に紹介するモッズコートは”青島モデル”。純然たるフォーマルスタイルに合わせるのは厳しいが、職場や取引先との話題作りという意味で有力な選択肢になるかもしれない。

HOUSTON M-51 モッズコート青島モデル

(ヒューストン)HOUSTON M-51PARKA 5409M モッズコート青島モデル

詳細・購入はこちら

スーツに合わせにくいアウター②「ダッフルコート」

北ヨーロッパの漁師の仕事着が起源。のちに第二次世界大戦において英国海軍の防寒着として採用され、大戦後に余剰在庫がに市場に多く出回ったことから定着。厚手のメルトン生地と漁師が手袋をした状態でも着脱しやすいように配されたトグルディテールが、その背景とは裏腹に良くも悪くもソフトで優しげな印象を醸し出す。もともとビジネス向きではないことに加え、ソフトな印象が強いので精悍な印象を演出したい場合には避けたほうが良いが、下の着こなしのように色味をあわせるなどしてコーディネートすることで洒脱な雰囲気を演出してみるのは良いかもしれない。

Pコートスーツ着こなしメンズpittiuomo87

GLOVER ALL monty Duffel Coat

ダッフルコートグローバーオール

詳細・購入はこちら

スーツに合わせにくいアウター③「Pコート」

Pコートといえば英国海軍の艦上用の軍服が起源として知られるが、特徴はなんといっても丈の短さだ。ジャケットの裾が見えることからスーツやジャケットスタイルに合わせるのは原則的には避けるべきアウターといえる。あえてレイヤード的にあわせる着こなしも稀に海外スナップで見かけることもあるがあくまでも「遊びやハズし」の域を出ない。主戦場は、ジャケパンやニットなどオフのカジュアルスタイルになるだろう。

e1b823a144f114d077e39c76e7d23d90zady

クラシックスーツ/ビジネススーツに合わせるのは難しいが、下の着こなしのようにカジュアルなジャケパンスタイルには意外にも馴染む。

Pコート、ジャケパン

SHIPS SC:HAMILTON MELTON P-COAT

SHIPS SC:HAMILTON MELTON P-COAT

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post