冬コーデ メンズ特集【チェスターコートの着こなし7スタイル】

冬アイテムの大定番とも言えるコートの中でも、最も格式の高いコートのひとつと言われ、多くの男たちに愛用されているのが「チェスターコート」だ。今回は「チェスターコート」に注目し、選び方から旬な着こなし事例までを厳選して紹介!

スポンサーリンク

チェスターコートの選び方「シングルなら2Bか3B、ダブルなら6B2つ掛けが定番」

チェスターコートには、スーツのジャケットと同じく「シングルとダブル」「ボタンの数」「ボタンの掛け方」「ラペル形状」などによって様々な種類が存在する。シングルであれば2Bか3B(ボタンの数)のタイプ、ダブルであれば6Bで2つ掛け(最上段のボタンが飾り)のタイプが定番だ。

チェスターコート

一般的にシングルの方がVゾーンの開きが縦に長いため、シャープな印象に着こなすことが可能だ。ダブルブレステッドはシングルと比べてVゾーンの開きが少ないためシャープさには欠ける分、重厚で迫力ある印象を演出できる。また、前合わせで重なる面積が広い分、ダブルの方が防寒性が高い点も見逃せないポイントだ。

チェスターコートの選び方「ディテールやトレンドを意識した選択も有力!」

スーツと同じく、シングルの中でも3Bの段返り(3ボタンでありながら最上部のボタンが飾りボタンで、Vゾーンが2Bのように広いタイプ)であったり、ピークドラペルや比翼仕立て、ショールカラーなど多くのディテールの差によってバリエーションが存在する。ルックスはもちろん、ディテールに注目したチェスターコート選びを行うことで、より自分のお気に入りの一着を手に入れる可能性が高まるのではないだろうか。次の項目では、チェスターコートを選ぶひとつの目安となりそうなディテールや仕様にフォーカスして、注目ポイントを紹介!

チェスターコートの注目ディテール①「ロング丈やダブルブレステッドの重厚感のあるチェスターコートでシックな雰囲気をプラス!」

クラシック回帰のキーワードが注目を集める昨今、重厚感を演出できるロング丈やダブルブレステッドのコートが各ブランドから展開されている印象を受ける。特に着丈は、昨年の腿の中間あたりから3~5cm長くなった膝丈のデザインが今の気分だ。

ロング丈のコート

チェスターコートの注目ディテール②「グレンチェックやヘリンボーンの英国生地を使用したコートが注目株」

ビジネススタイルにおいては、英国クラシックという言葉もトレンドキーワードのひとつとして注目を集めている。中でも「ヘリンボーン」「ハウンドトゥース」「グレンチェック」といったテキスタイルデザインを取り入れたコートが人気だ。2018年1月に行われたピッティウオモでも、ブリティッシュ調のテキスタイルデザインを採用したコートを着用する姿が多く見受けられた。下記画像は、左からヘリンボーン、ハウンドトゥース、グレンチェックのテキスタイルを採用したチェスターコートだ。

英国調farfetch

チェスターコートの注目ディテール③「ピークドラペルのデザインが各ブランドから多く展開されている模様」

ピークドとは「先のとがった」という意味。優雅さや華やかさを演出できるディテールであり、フォーマルなスーツや貫禄のある表情を与えるダブルスーツによく採用されるディテールだ。チェスターコートにもこのディテールを採用したデザインが多く展開されている。Tシャツなどをインナーにチョイスしたスタイリングにも精悍な印象をプラスしてくれるため、ノッチドラペルだとどこか物足りなさを感じる方などは、ぜひ一度検討してみるのはいかがだろうか?

(ラルディーニ)LARDINI ダブルチェスターコート

▶︎LARDINI(ラルディーニ)のダブルチェスターコート

チェスターコートの注目ディテール④「比翼仕立ては、本格的なチェスターコート仕様のひとつ」

上襟がベルベットで比翼仕立てのものが正式なチェスターコートと言われている。比翼仕立てとは、フロントを閉じたときにボタンが隠れる仕立てのこと。フォーマルな雰囲気も高まるため、スーツやジャケットにコートを合わせるスタイリングが多いという方は、比翼仕立てのチェスターコートは有力な選択肢になるだろう。下の画像のようにフロントを開いた状態でも、ボタンホールのかがり穴が表に見えないため、ミニマルな雰囲気を演出できる。

比翼仕立てのチェスターコート

続いては、チェスターコートスタイルの参考になりそうなポイントにフォーカスして、具体的な着こなし事例をピックアップ!

チェスターコートの着こなし事例①「今季のトレンドである”ブラウン×ブラック”を取り入れ!」

今季注目を集めるトレンドといえばブラウン×ブラックのカラーリング。ブラウンのチェスターコートをメインに据えたスタイリングはもちろん、ブラックのチェスターコートにブラウンのアイテムを組み合わせた着こなしが、2018年1月のピッティウオモでも多く見受けられた。英国クラシックとともに今季注目するべきトレンドの最右翼であるため、積極的に取り入れていきたい要素の一つだ。

DSC_9539

 

【関連記事】メンズトレンドの最右翼!ブラック×ブラウンの着こなし特集↓

ブラック×ブラウン特集
ネイビーやグレーといったメンズファッションのベーシックカラーは、冬においてもアウ...

チェスターコートの着こなし事例②「スポーツテイストをミックス」

チェスターコートといえばスーツやジャケパンスタイルと相性抜群だが、スポーツテイストで構築した着こなしに取り入れるのもおすすめだ。スニーカーはもちろん、ジャージーパンツやニットキャップなどのアイテムと組み合わせれば、スポーティなチェスターコートスタイルが完成する。

DSC_8598

チェスターコートの着こなし事例③「さりげないアレンジを加えて”クラシコイタリア”テイストで着こなす!」

ピッティウオモではストリートやモードの台頭によって以前ほどの勢いは感じられないものの、チェスターコートスタイルを考える場合にクラシコイタリアスタイルは無視できないだろう。ジャケットスタイルを基軸に、ポケットチーフなどの取り入れや、チェスターコートの襟を立ててアクセントをきかせているのが特徴。袖を通さずに肩掛けで羽織るという小技も注目したいポイントだ。

DSC_7516

チェスターコートの着こなし事例④「ビジネススタイルに取り入れてドレッシーに!」

ビジネス用のスーツやジャケパンスタイルとは切っても切り離せないチェスターコート。ドレススタイルのアウターとして取り入れることで着こなしを華やかに仕上げてくれる。色柄物やピークドラペルデザインの場合、主張が強くなりすぎてしまう可能性があるため、TPOに合わせてアイテムをチョイスするのがポイントだ。

DSC_7572

チェスターコートの着こなし事例⑤「モノトーンコーデやダークトーンベースのスタイリングでモードな雰囲気を演出」

ブラックやホワイト、グレーなどのモノトーンカラーは、その汎用性の高さが魅力的。ブラックのチェスターコートを主役に着こなしをモノトーンでまとめれば、どこかモードが漂う。クラシックなコートスタイルや、ビジネスにおけるコートスタイルは伝統的にグレーとネイビーであることから、モノトーンはややくだけた雰囲気を出すのに最適なカラーだ。

チェスター

 

【関連記事】モノトーンコーデ特集↓

モノトーンコーデヘッダー
シックでクールな印象を与えることができる「モノトーンコーデ」。単調になってしまう...

チェスターコートの着こなし事例⑥「エフォートレスな着こなしでトレンドコンシャスな装いに」

ドレッシーな要素が強いチェスターコートに、タートルネックやクルーネックのニットセーターを組み合わせれば、カジュアルで気張らないスタイルに。リラックスした印象の着こなしが今の気分だ。DSC_9895

チェスターコートの着こなし事例⑦「ダメージジーンズを合わせてハズしを」

メンズファッションにおいて不動の人気を誇るアイテムの一つであり、着こなしにこなれ感をプラスできるダメージジーンズ。ワイルドかつカジュアルなルックスなため、クリーンな印象のチェスターコートスタイルに取り入れれば絶妙なハズしとして機能する。

DSC_8317

ダメージジーンズコーデメンズ
その武骨なデザインから、着こなしにワイルドな雰囲気をプラスできるダメージジーンズ...
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ