banner

ライダースジャケット 着こなし メンズ【最新】

重厚感があり、良い意味での男臭さを醸し出すメンズアウターといえばレザーライダースジャケット。Tシャツやデニムに合わせたワイルドな着こなしから、タイドアップしたドレスシャツやスラックスに合わせたエレガントな着こなしまでコーディネートの守備範囲の広さが魅力だ。シンプルなデザインが魅力のシングルライダースと武骨で重厚なダブルライダースでは大きく印象が異なる点においても選択する楽しさがある。今回はライダースジャケットにフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

レザーライダースジャケット 着こなし「ホワイトカットソー×ジーンズ」

今も昔も定番のシンプルなカットソーとデニムにレザーライダースジャケットを組み合わせた着こなし。リブ細めのカットソーを選ぶことでさりげなく、キレイめなコーディネートを完成させる。

DSQUARED2 クラシック ライダースジャケット

1994年、カナダ出身のディーン氏とダン・ケイティン氏による双子兄弟が設立したファッションブランド「DSQUARED2(ディースクエアード)」。ラグランの切り替えをプラスすることによって、機能性をプラスしたダブルライダースジャケット。

 

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ホワイトパンツ×スニーカー」

シングルタイプのレザーライダースジャケットにホワイトパンツを合わせて抜け感を演出した着こなし。足元にはディアドラのヘリテージラインのスニーカーをチョイス。

ACNE STUDIOS レザージャケット

1996年からスウェーデンにてスタートしているブランド「Acne Studios(アクネ ストゥディオズ) 」。洗練されたシルエットに施されたファスナーのディテールがアクセントをプラス。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ノーカラーシャツ×カーディガン」

渋い光沢を放つダブルライダースジャケットに、ノーカラーシャツで抜け感を演出した着こなし。ブラウンクリアフレームのサングラスがアクセントを効かせている。

DIESEL(ディーゼル) メンズ ラムスキン レザージャケット L-GIBSON-1 JACKET

上質なカジュアルウェアを展開しているブランド「DIESEL(ディーゼル)」。ラムスキンを使用したダブルライダースジャケット。袖にはさりげなくディーゼルのアイコニックデザインロゴをプラス。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「プリントニット×スニーカー」

良くも悪くも武骨さが漂うライダースジャケットに、プリントニットやスニーカーを合わせてポップな雰囲気をプラスさせたスタイリング。履き込んだ風合いのブラックスキニージーンズはロールアップさせて抜け感を演出。

レザーライダースジャケット 着こなし「ハット×タートルネックニット×ウィングチップ」

ヴィンテージゴールドのファスナーやインパクトのあるステッチワークが無骨な雰囲気を漂わせるライダースジャケットにミドルゲージのタートルネックニットを合わせてメリハリを効かせたコーディネート。内羽根式ウィングチップやハットのチョイスが品のある雰囲気をキープ。

レザーライダースジャケット 着こなし「白Tシャツ×黒パンツ」

ジップがゴールドカラーのライダースジャケットは存在感大。デザインやディテールなど押し出しの強いライダースジャケットを着こなす場合、シンプルなアイテムをコーディネートすることが洗練スタイルのポイント。

レザーライダースジャケット 着こなし「白Tシャツ×スラックス」

起源はもとより、正反対のテイストをもつライダースジャケットとスラックス。あえてベクトルの異なるアイテムを組み合わせたミックスコーデがこなれ感を演出。アンクル丈やスリッポンスニーカーのチョイスがスラックスのカジュアルスタイルへの親和性を高める。

【別注モデル】 VANSON バンソン ダブルライダースジャケット C2

熟練した職人達によるハンドメイドのライダースジャケット。Golden Stateのスペシャル別注として、全体のシルエットラインを現代的なスリムフィット型にし、裏地はインディゴのカモ柄仕様に。バンソンの商品には一つ一つにシリアルナンバーが付属しており、その全てがコンピューターでデータベース化され、徹底した品質管理が行われているのも魅力的。

【別注モデル】 VANSON バンソン ダブルライダースジャケット C2

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ジップアップスウェットパーカー×白Tシャツ」

ライダースジャケットの大きな特徴のひとつに”着丈の短さ”が挙げられる。そんな特徴を活かし定番の着こなしテクニックといえば「レイヤード(重ね着)」スタイルだ。特にライトグレーのジップアップスウェットパーカーや白Tシャツはライダースジャケットの着こなしにクリーンなテイストを加えてくれる王道アイテムだ。

レザーライダースジャケット 着こなし「パーカー×ジーンズ」

ブラックのライダースジャケットにレッドのパーカーを合わせてアクセントをプラスしたコーディネート。程よい太さのブルージーンズがワイルドな印象を加速させる。足元にはVANSのオールドスクールをチョイス。

レザーライダースジャケット 着こなし「タートルネック×ベースボールキャップ」

ライダースジャケット×ベースボールキャップのやんちゃな組み合わせに対して、タートルネックをタックインしたスラックスの組み合わせが品のある印象をキープ。袖口からチラ見せした蛍光色のブレスレッドがアクセントをプラス。

EMMETI(エンメティ) ダブルライダース

1975年にイタリア、フィレンツェ近郊の町ヴィンチにて、ファーガーメント工房として創業したアウターブランド「EMMETI(エンメティ)」。ドットボタンにブラックを採用することで洗練された雰囲気を演出したダブルライダースジャケット。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「スカーフ×ベレー帽」

ライダースジャケットのフロントジップを閉め、スカーフとベレー帽を組み合わせて上品な雰囲気に仕上げたスタイリング。ライダースのウエストベルトをあえて取り除いて着ることでスマートなシルエットに。

レザーライダースジャケット 着こなし 「タートルネック×グレースラックス」

ダブルのライダースジャケットを肩掛けし、タートルネック、グレースラックスを合わせてソフトな雰囲気をプラスしたコーディネート。足元にナイキのオールホワイトエアフォースワンをチョイスして抜け感を演出。

GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND Golden ライダースジャケット

MYVでスタイリストを務めていたFrancesca & Alessandro Gallo氏が立ち上げたイタリアブランド「GOLDEN GOOSE(ゴールデングース)」。オフセンターのフロントファスナーや、ファスナーポケットのディテールデザインがポイントのライダースジャケット。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「クルーネックTシャツ×パイル地パーカー」

硬派なブラックレザーライダースに相反するような、エフォートレスなフーディーとTシャツを取り入れたスタイリング。レイヤード感を強める長め丈のフーディーチョイスにも着目したい着こなしだ。

BELSTAFF ジップアップ ライダースジャケット

1924年、ハリス・グロスバーグ氏がライダース・モーターサイクルジャケットやフライトジャケットを展開するブランドとして英国のスタッフォードシアで始動した「BELSTAFF(ベルスタッフ)」。レースに出場するライダーはもちろんのこと、バイクで南米大陸を旅したチェ・ゲバラや、スティーブ・マックイーンに愛用されてきたライダースジャケットは今もなお輝きを放つ。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「トレーナー×ダメージジーンズ」

ダブルライダースジャケットに、トレーナーとダメージジーンズを合わせてストリートテイストをプラスした着こなし。トレーナー以外のアイテムはブラックで統一させてシックな印象に。足元にチョイスしたのはドクターマーチンの3ホールシューズ。

Schott(ショット) ONESTAR RIDERS

1913年、ニューヨークイーストブロードウェイにて、アーヴィン氏とジョン氏のショット兄弟によりスタートしたブランド「Schott(ショット)」。エポーレットに星のスタッズが打ち込まれたONESTARモデルは、ショットの代名詞とも言えるモデル。ジェニュイン・ステアハイドレザーは着込むごとに味わいを増す。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「オールブラックスタイル」

スタッズの装飾が施されたダブルライダースジャケットに、ケーブルニットを着込んだコーディネート。オールブラックのアイテムで統一させて都会的な雰囲気に。ドクターマーチンのイエローステッチが映える。

レザーライダースジャケット 着こなし「グレーセーター×ホワイトシャツ」

無骨なアイテムであるダブルレザーライダースジャケットに対して、インナーはグレーセーターとホワイトシャツを着込んでメリハリを演出したスタイリング。全体をモノトーンカラーで統一することで、知的な雰囲気を漂わせている。

レザーライダースジャケット 着こなし「青ストール×デニムシャツ」

ダブルライダースジャケットのインナーにチョイスしたブルーストールとデニムシャツでグラデーションを表現したコーディネート。ボトムにブラックスキニージーンズとチェルシーブーツを組み合わせてスマートな印象に。

FREAK’S STORE(フリークスストア)  VANSON 別注 ダブルライダースジャケット

フリークスストア30周年記念の限定モデルで生産されたVANSON(バンソン)別注ダブルライダースジャケット。代表的モデルのC2を完全別注した特別モデルだ。ウエストベルトやエポーレットを取り除いてミニマルなデザインに。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「クロップドスラックス×トレーナースタイル」

ライダースジャケットにレッドのトレーナーを着込んでアクセントをプラスしたスタイリング。クロップド丈のスラックスとナイキのスニーカーを合わせて軽快な印象に。

レザーライダースジャケット 着こなし「チェルシーブーツ×グレースキニージーンズ」

ヴィンテージ加工が施されたダブルライダースジャケットにグレーのスキニージーンズを合わせたロックテイスト漂うコーディネート。足元のチェルシーブーツとスキニージーンズの組み合わせがスマートなシルエットを演出している。

レザーライダースジャケット 着こなし「タートルネック×サイドジップブーツスタイル」

ビンテージテイストのライダースジャケットに、タートルネックセーター、ブラックスキニージーンズ、チェルシーブーツでスマートにまとめたスタイリング。随所にファスナーやチェーンなどの光沢のあるディテールを取り入れてアクセントを効かせている。

GANT RUGGER THE BIKER JACKET

1941年に米国コネチカット州でバーナード・ガント氏が設立したシャツ工場が始まり。現在はカジュアルライフスタイルブランドとして展開しており、シャツ工場で培ってきたノウハウをそれぞれのアイテムに落とし込んでいる。そんなGANT RUGGERより、絶妙なユーズド加工が施されたライダースジャケットをピックアップ。

GANT RUGGER(ガント ラガー) THE BIKER

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ブラックスウェットパンツ×オールブラック」

全身を黒で統一したオールブラックコーデ。トップスにはラギッドな印象漂うダブルライダースジャケット、ボトムにはショート丈が抜け感を演出するスウェットパンツをコーディネート。足元にあわせたスリッポンスニーカーもこなれ感のポイントだ。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS UKレザー ダブルライダースジャケット

イギリス原産の羊革を使用したライダースジャケット。小さめの衿で肩章やベルトを排したダブルライダースジャケットが登場。ミニマルなデザインでハードにならずに着こなせます。シルエットをキレイに出す為、少し厚みのあるUK産の羊革を使用している点も魅力。

 (ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS 【予約】 by UKレザー ダブルライダースジャケット 12251997648

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「白Tシャツ×スキニーブラックジーンズ」

ライダースジャケットといえば、数あるアウターの中においてもタイトなシルエットが特徴だ。それに合わせるようにブラックスキニージーンズと白Tシャツをモノトーンコーディネート。都会的テイストの着こなしを志向するなら取り入れたいスタイルのひとつ。

DIESEL レザージャケット L-GIBSON-1

上質なラムスキンを採用することでソフトなタッチが実現。

(ディーゼル) DIESEL メンズ レザージャケット L-GIBSON-1

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ネイビーパンツ×デニムシャツ」

ダブルライダースジャケットにデニムシャツ、ロールアップボトム、サンダルを合わせたスタイル。タイトフォルム&ミニマルデザインのブラックボトムに加え、スタッズディテールの際立つサンダルとライダースジャケットによってロックテイスト漂うモードスタイルを構築。春や秋など、程よい気温のシーズンにあわせたい。

SAINT LAURENT PARIS レザーライダースジャケット

エディスリマン得意のスリムなライダースジャケット。クラシックなスタイルを踏襲しながら、細部のパーツや素材セレクトにオリジナルの感性を落とし込んだファッショナブルな1着。メタルパーツはエイジングシルバー。

SAINT LAURENT PARIS レザーライダースジャケット

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「タイドアップシャツスタイル」

昨今トレンドとなっている「非・テーラードジャケットへのドレスアイテムミックス」。あたかもライダースジャケットをテーラードジャケットに見立てたように、タイドアップしたドレスシャツをコーディネート。ドレッシーなドレスシャツ、ブルータイ、ネイビーコットンスラックスによってメリハリの中にも統一感のある着こなしを構成。ライダースジャケットの存在感に負けない、手首のシルバーアクセサリーにも注目したい。

レザーライダースジャケット 着こなし「モノトーンコーデ」

オールブラックのレザージャケットスタイルに、ダークグレーのニットキャップを合わせたモノトーンコーディネート。小細工がない分、ライダースジャケットの質感や作り、デザインに注目が集まるスタイリングだ。

SCHOTTダブルライダースジャケット

1913年NY創業のレザーブランド「SCHOTT(ショット)」のフラッグシップライダースである613USワンスターのトールバージョン。全てのライダースジャケットの原型であるワンスターはアイコンである型の一つ星がクール。あえて着丈を長めにすることで、現代的なファッションユースからライディングユースに合わせたスタイリングが可能に。

(ショット)SCHOTT 613US ONESTAR TALL 7164 09BLK BLACK 38 ジャケット

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「シングルレザーライダースジャケット×柄モノシャツ」

ブラックのシングルライダース、ブラックボトム、ブラックブーツといった黒で統一した着こなしのインナーにフラワープリントシャツをコーディネート。テーラードジャケットには意外と合わせにくい柄物シャツも、ミニマルデザインのライダースになら簡単に馴染むかもしれない。

Vanson (バンソン) Enfield SLIM FIT Cow Leather

アメリカ、マサチューセッツ州ボストンで1976年に設立したレザーブランド「Vanson(バンソン)」。「Enfield」モデルは、街着用にデザインされた襟付きのシングルライダースジャケット。 本来はアメリカブランドらしいワイドなシルエットのモデルだが、日本人の体型に合わせてスタイリッシュに仕上げた特別な別注モデル。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ニット×白シャツレイヤードスタイル」

ダブルのレザーライダースジャケットににスウェットパンツをあわせたスポーツミックススタイル。蛍光イエローのナイキフライニットレーサーが差し色として機能したハイセンスなコーディネートだ。

JAMES GROSE MEN’S RICARDE JACKET

1876年にロンドンで創業した自転車やオートバイ、車のパーツ、アクセサリー、衣料品を扱う小売店にルーツをもつ「JAMES GROSE(ジェームス・グロース) 」。不況の煽りを受けて1970年代に閉鎖したが、今年約40年ぶりにレザーウエアブランドとして復刻。アーカイブのクラシックスタイルをディテールまで再現しつつ、細身なシルエットでモダンに仕上げたライダースジャケットを提案。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-2-01-27

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「グレーフーディレイヤード」

シボ加工が施されたレザーライダースジャケットに、グレーのフーディをチョイスしてスポーツテイストをプラスしたコーディネート。フーディは少しサイズアップさせてライダースジャケットとレイヤード。

GIORGIO BRATO ライダースジャケット

斬新な質感のレザーと、パンクにインスパイアされた、ヴィンテージスタイルが特徴的なブランド「GIORGIO BRATO(ジョルジオブラット)」。加工により、レザーが独特な風合いを放つダブルレザージャケット。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「肩掛けスタイル×ダブルジャケット」

抑揚のあるユーズド加工が施されたブラウンレザーのライダースジャケットを肩掛けしたスタイル。足元にもユーズド感溢れるスニーカーを合わせたい。

レザーライダースジャケット 着こなし「ヴィンテージ×ストール×ミックスコーデ」

ダメージ感の強い重厚なシングルライダースジャケットに、色落ちデニムをあわせた着こなし。ドレッシーなストールを合わせることで清潔感をプラスすることで、単なる古着スタイルに見せないバランスが見事な装いだ。

レザーライダースジャケット 着こなし「ジーンズ×ハイカットスニーカースタイル」

ライダースジャケット×Tシャツ×ジーンズの定番スタイルも、足元にハイカットスニーカーをチョイスするだけでアクセントの効いた着こなしに。ロールアップでハイカットスニーカーを目立たせている点やあくまでも色数を抑えたスニーカーチョイスにも注目したい。

CHRISTIAN DADA ジップアップ ライダースジャケット

2010年、森川 マサノリ氏が設立したブランド「CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)」。ヴィンテージ加工が施されたレザーを使用してこなれた雰囲気を漂わせたレザージャケット。バックルやファスナー使いがモードテイストをプラス。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ストール×デニムジャケット」

ライダースとデニムジャケットという武骨なアイテムを組み合わせた男性らしさ溢れるスタイリング。タータンチェックのマフラーをチョイスしてソフトな雰囲気をプラス。

AMERICAN RAG CIE レザー ダブル ライダース ジャケット

ヴィンテージのWライダースをベースに現代的にアップデートしたモデル。ダークブラウンの革にブラックの染料を吹き付け、着込むとブラックが抜け赤茶の様な風合いになっていく素材を採用。

AMERICAN RAG CIE レザー ダブル ライダース ジャケット

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「カーキシャツ×ブラックジーンズ」

リブ袖とリブ襟ディテールが特徴のライダースジャケットに対し、ブラックジーンズ×スニーカーを合わせた着こなしスタイル。トレンドカラー「オリーブグリーン」のシャツをコンビネーション。シンプルながらもトレンドを感じさせるスタイルに仕上がっている。

DIESEL BLACK GOLD ジップアップ ライダースジャケット

2007年に設立されたDIESEL BLACK GOLDは、洗練されたスタイルのなかに斬新さと個性をあわせ持つディーゼルのコンテンポラリーコレクション。襟ぐりにステッチワークが効いたデザインを採用することで武骨な雰囲気をプラスしたレザージャケット。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「フランネルシャツ×白Tシャツ レイヤードスタイル」

秋冬のメンズファッション定番「バッファローチェックのネルシャツ」もモノトーンを選択することで、シックで落ち着きのある着こなしに近づく。

レザーライダースジャケット 着こなし「カジュアルシャツ×ボウタイ」

アメトラ定番のボウタイ。あらゆるメンズファッションアイテムの中でも比較的シリアスで硬派なイメージをもつライダースジャケットに、ファニーテイストのボウタイを組み合わせることでメリハリ感あふれる甘辛コーデが完成。

H BEAUTY&YOUTH ショートライダースジャケット

2016年4月29日に南青山にオープンして以来、“東京大人クールな服”をコンセプトに”セレクトショップに通わなくなった大人客“をターゲットにセレクトショップの新境地を切り開く「H BEAUTY&YOUTH」のレザーライダース。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「スウェットパンツ×シングルライダースジャケット」

ブラックのバックスキンが渋い表情を浮かべるライダースジャケット型ブルゾンにグレーのスウェットパンツでスポーツテイストを演出しつつ、足元にはアニマル柄のスニーカーをチョイスしてスパイスを効かせた着こなし。

BEAUTY&YOUTH  シングルライダースジャケット(シープ)

滑らかな質感のシープレザーを使用した、シングルライダースジャケット。緻密なパターンメイキングにより、すっきりとしたスマートなシルエットを構築しています。フロントはスライダーの調整により開きのアレンジが自在に行えるダブルジップ仕様。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS BY シープ シングルライダース 1

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ストール×ホワイトシャツ」

ライダースジャケットにホワイトシャツのフロントボタンを外して抜け感をプラスした着こなし。マフラーの垂らし掛けやホワイトシャツの裾だしがラフな印象に。足元にはサイドジップブーツをチョイス。

GUILD PRIME レザーライダースジャケット

LOVELESSの姉妹店として、国内、海外の高感度なハイブランドを取り扱いつつも、よりカジュアルなアイテムも多数展開するセレクトショップが仕掛けるオリジナルブランド。モードとカジュアルのスタイルをミックスさせたラムスキンのレザージャケットをピックアップ。

GUILD PRIME レザーライダースジャケット

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ブラックストール×ネイビーニット」

ネイビーとブラックでまとめたシックなコーディネート。ブラックストールをアシンメトリー巻きに注目したい。ライダースジャケットとチェルシーブーツの光沢が凛々しい雰囲気を演出。

レザーライダースジャケット 着こなし「ブラックジーンズ×ミドルゲージニットスタイル」

肩からアームにかけてのステッチワークが目を惹くライダースジャケットに、ミドルゲージニットを合わせてメリハリを効かせたスタイリング。足元にはチェルシーブーツとブラックジーンズを合わせて上品な印象をキープ。

BALMAIN ベルト付き ライダースジャケット

今や定番となったバイカーデザインを筆頭に人気を集める「BALMAIN(バルマン)」。随所に施されたステッチーワークやダブルベルトのディテールが武骨な雰囲気を放つダブルライダースジャケット。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「オールブラックコーデ」

ニットキャップに至るまですべてのアイテムをブラックで統一したシックなコーディネート。クロップドパンツをボトムにチョイスして抜け感を演出。

レザーライダースジャケット 着こなし「ストリートコーデ」

ダブルライダースジャケットに、ベースボールキャップやスニーカーを合わせてストリートテイストをプラスしたコーディネート。インナーのホワイトTシャツは、襟ぐりが深めのデザインをチョイスして抜け感を演出。

BEAUTY&YOUTH  ダブルライダースジャケット(シープ)

滑らかな質感のシープレザーを使用した、ダブルライダースジャケット。存在感のある襟やラペルが男らしい風格を漂わせます。フロントはスライダーの調整により開きのアレンジが自在に行えるダブルジップ仕様。

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS BY シープ ダブルライダース

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「モードミックススタイル」

モノトーンながらも大柄のボタニカルプリントシャツを取り入れたエッジの効いたライダースジャケットスタイル。モノトーンでまとめきらずに、多色使いのカモフラパターンのスニーカーで+αのアクセントを効かせているスタイリッシュな着こなし。

666トリプルシックスLJM-1Lロンジャン/ロングヴァージョン

パンクロッカーに愛されるレザージャケットブランド「666」の定番モデル「LJM-1」の着丈を4センチ長くしたモデルが「LJM-1L」。着丈を伸ばすだけでなくポケットの位置なども調整されたバランスのとれた一着。

666トリプルシックスLJM-1Lロンジャン/ロングヴァージョン

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「大判ストール×グレーニット」

大判ストールとライダースジャケットを合わせて首回りにボリュームをプラスさせた着こなし。インナーはストールとカラーリングを合わせて統一感のある印象に。

レザーライダースジャケット 着こなし「ミドルゲージニット×ブラックジーンズ」

ライダースジャケットにミドルゲージニットとホワイトTシャツを着込んでレイヤードさせたスタイリング。ボトムはブラックジーンズとホワイトレザースニーカーを合わせてメリハリを効かせている。

MISBHV Sonic You ジャケット

デザイナーNataliaによりポーランドで立ち上げられたブランド「MISBHV(ミスビヘイブ)」。斬新でインパクトのあるデザインが魅力的。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ハイネックニット×ストレートパンツ」

レザーライダースジャケットにハイネックを合わせて首回りに立体感を持たせたコーディネート。ボトムにストレートタイプシルエットのパンツをチョイスして武骨な雰囲気を漂わせている。足元には履き込んだ風合いのワークブーツを合わせたい。

GANT RUGGER(ガント ラガー) THE BIKER

シャツ工場から始まったブランド「GANT RUGGER(ガント ラガー)」。ラムレザーが独特な風合いを放つレザージャケット。

詳細・購入はこちら

レザーライダースジャケット 着こなし「ロングカーディガン×ホワイトTシャツ」

ライダースジャケットとホワイトTシャツの間に、グレーのロングカーディガンを着込んだスタイリング。ボトムのジーンズはロールアップさせ、シューレースホールが斜めに配置されたブーツを引き立たせている。

ライダースジャケット 着こなし「柄ニット×ホワイトパンツ」

シングルブレストでゴールドジップがアクセントになったレザーライダースジャケットに、ホワイトパンツを合わせて抜け感を演出した着こなし。グリーンベースの柄ニットとソックスのグリーンを合わせて統一感のある印象に。

SCHOTT(ショット) シングルライダース MADE IN USA

アメリカを代表するブランド「SCHOTT(ショット)」。スタンドカラーのシングルライダースジャケットを紹介。柔らかな質感のオイルドカウハイドレザーを使用している。

詳細・購入はこちら

男なら知っておきたい「ライダースジャケットの意外な起源」とは?

最後にライダースジャケットの起源について紹介したい。ライダースジャケットといえば言うまでもなく、バイカー用のレザージャケットというイメージが強いが実はバイクが登場した20世紀初頭にはライダースジャケットは存在しなかった。その起源をたどっていくとフライトジャケットにいきつく。

1903年のライト兄弟の初飛行成功をきっかけに、操縦士の防寒用にボタン留めタイプのレザーコートが誕生。このレザーコートや1930年代に入って開発されたレザー製のフライトジャケットが徐々にバイク乗りに広がったというのが定説であり、ライダースジャケットと飛行機操縦士用ジャケットは切り離せない関係だ。

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

ライダースジャケット 着こなし メンズ【最新】

Share