ライダースジャケット コーデ メンズ特集!シングル・ダブルの選び方から旬な着こなしを一挙紹介

Share

ライダースジャケットは、男らしさ溢れるハードなルックスと重厚感が魅力的な秋冬アウターの代表格。デニムに合わせたタフな着こなしはもちろんのこと、タイドアップシャツやスラックスに合わせたキレイめなこなしも様になる。今回はそんな「ライダースジャケット」にフォーカスし、洒脱な着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

男なら知っておきたい「ライダースジャケットの意外な起源」とは?

ライダースジャケットといえば、その名の通りバイカー用のレザージャケットというイメージが強いが、実はバイクが登場した20世紀初頭にはライダースジャケットは存在しなかった。その起源をたどっていくとフライトジャケットにいきつく。1903年のライト兄弟の初飛行成功をきっかけに、操縦士の防寒用にボタン留めタイプのレザーコートが誕生した。このレザーコートや1930年代に入って開発されたレザー製のフライトジャケットが徐々にバイク乗りに広がったというのが定説だ。つまりライダースジャケットと飛行機操縦士用ジャケットは切っても切り離せない関係であると言えるだろう。

【関連記事】ライダースジャケット 特集!メンズにおすすめのアイテムを一挙紹介

重厚感と男らしさ溢れるハードなルックスが魅力のライダースジャケット。天然皮革を使...

【関連記事】メンズ ライダースジャケットブランド特集

男の着こなしに武骨な印象をプラスしてくれるライダースジャケットは秋冬のマストアイ...

ライダースジャケットの選び方は?

ライダースジャケットの選び方①スタイル選び「シンプルな着こなしで大人っぽくまとめるならシングルを、エッジを効かせた着こなしでワイルドに攻めるならダブルをチョイス」

何よりライダースジャケット選びで重要なのは、シングルかダブルかを選ぶこと。シンプルな着こなしで大人っぽくまとめるならシングルを、エッジを効かせた着こなしでワイルドに攻めるならダブルをチョイスするのが常道だ。まずはこのいずれかのスタイルさえ決まっていればチャート式にシングルorダブルから適切なサイズ感が絞られ、さらにハードorキレイめな着こなしによってチョイスすべきブランドも見えてくる。

左:ジェームス グロースのダブルライダース / 右:ショットのシングルライダース

ライダースジャケットの選び方②サイズ選び「シングルもダブルもタイトめのサイズ感が◎」

基本的にライダースジャケットはシングルもダブルもタイトめのサイズ感でコンパクトに着こなすのがサマになるとされている。とりわけシングルに関してはボリューム感のあるアイテムとのレイヤードは無粋とされ、Tシャツやシャツなど薄手のインナー一枚の着こなしが定番だ。しかし、ダブルに関してはスウェットパーカーとのレイヤーはこなれ感を演出する常套テクニックとされており、よりクリエイティブなレイヤードスタイルを表現するのであればゆったりとしたサイズ感が必要なため、オーバーサイズという選択肢もアリとなる。もちろん春・秋・冬と夏以外の3シーズン着回せるアウターだけに、いつの時季に着用するかも考慮するのは言うまでもない。

ライダースジャケットの選び方③ブランド選び「ハードに着こなすかキレイめに着こなすかでブランドを選ぶ」

バイカー系にもロック系にも絶大な人気を誇るブランドをハードに着こなすのであれば、ショットルイスレザーのライダースジャケットが王道。この二つのブランドのライダースであればファッションアイテムとしての認知度も高く、サイズ展開も豊富なうえ幅広い着こなしが楽しめることうけあいだ。一方、ドレスアイテムとの相性が良くモードやキレイめな着こなしを楽しむならサンローランセリーヌオムメゾンマルジェラが断然おすすめ。特にセリーヌオムは2022春夏“COSMIC CRUISER”コレクションに向け、様々なライダースが提案されると思われる。さらに30代、40代、50代の大人が着てもサマになるエンメティジェームスグロース、エッジを効かせた着こなしでモードストリートに振り切るならリックオウエンスなども外せない。もちろんそれぞれのブランドにはアイコンとなるライダースが存在するので、ショットであれば“ワンスター”、ルイスレザーであれば“サイクロン”か“ライトニング”、サンローランの“クラシックモーターサイクルジャケット”やメゾンマルジェラの“ハの字のライダース”など、定番アイテムから自分好みの一着を探してみるのもいいだろう。

2/41GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する