ダッフルコートを使ったメンズコーデ特集!起源から注目の着こなしまでを紹介

ダッフルコートは北欧の漁師たちが着ていたコートが起源であり、英国海軍の艦上防寒着に採用されたミリタリーアイテムとしても知られている。現在ではすっかりリアルクローズとして定着し、シルエットやディテールも様々なスタイルを取り入れながらアップデートされている。今回はダッフルコートにフォーカスして、その起源や特徴から注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ダッフルコートの起源とは?

1820年頃に、冬に荒れ狂う北海で命がけの漁を行う漁師たちが着ていた防寒コートが起源と言われているアウターの一種だ。その後、第二次世界大戦の中で「モンティ」の愛称で知られていたイギリスの陸軍元帥バーナード・モンゴメリーが、ダッフルコートを愛用していたことから、ミリタリーコートとして発展していく。また、イギリス特殊部隊SAS創立者となるスターリング少佐もダッフルコートの愛用者だった。第二次世界大戦時にイギリス海軍で防寒着として広く採用され、その余剰在庫品が大戦後に払い下げられ市場に出回ったことで一般市民の間で一般化したといわれる。イギリスのグローバーオール、フランスのオールドイングランドのダッフルコートが定番だ。

ダッフルコート

ダッフルコート探す

ダッフルコートの特徴

ダッフルコートと言っても今や様々なタイプが存在しており、至極クラシックなタイプから変化形までそのバリエーションは豊富である。何をもってダッフルコートと呼ぶかを理解しておくことで、数多あるダッフルコートから自分好みの一着を選ぶための視点になるのではないだろうか。ダッフルコートの特徴として挙げられるのは「生地」「フード」「トグル」「ポケット」「着丈」の5つだ。漁師やイギリス軍が防寒コートとして活用するためのディテールがそれぞれに施されている。

ダッフルコートの特徴①「高密度のウール素材」

一般的なウール素材は柔らかな風合いが特徴だが、ダッフルコートに使用されるのは「メルトン」という密度の高い、重厚感のある生地。一度織り上げた生地を縮絨し、織りを隠すようにフェルト加工を施すことで、風や冷気の侵入を防ぎ、防寒機能を向上させているのだ。現在ではポリエステルやフリース素材を使用したダッフルコートも存在しているが、メルトン素材を使用したアイテムがよりクラシックだと言えるだろう。ちなみにダッフルコートのという名称は、メルトンの原産地であるベルギーのアントウェルペン近郊の都市デュフェル(ダッフル)が由来となっている。

メルトン生地

ダッフルコートの特徴②「帽子まで覆う大きめなフード」

兵士の正装として、帽子は外すことのできないアイテムの一つだ。ミリタリーコートのフードは、帽子を着用した状態でも被れるよう大きく設計されているものが多い。中でも、ダッフルコートのフードは、パーカーなどのアイテムと比べて、マチを入れた仕様の大きなデザインや、横に切り替えの入った特徴的な設計のモデルが多く見られる。

ダッフルコートの特徴③「着脱を考慮して採用されたトグル」

ダッフルコートのフロントはボタンではなく、トグル(toggle)と呼ばれる浮き型の留め具と対になるループによって留められる。ボタンと違い、手袋を着用したままダッフルコートを着脱できるのが特長だ。また、前合わせの右前・左前を簡単に入れ替えることも可能で、多方面からの防風効果が期待できる。素材は木製のトグルに麻紐のループを用いたものと、水牛角のトグルに革のループを用いた二種類が存在する。

ダッフルコートの特徴④「大容量のパッチポケット」

ダッフルコートに用いられるポケットは、大きなパッチポケットが一般的だ。パッチポケットの特徴として、大容量で簡単に取り付けられるという点が挙げられる。機能性を求められる軍服には最適な仕様だ。ヨークも、フードやポケットのように大きめに設計されているのも特徴的だ。

ダッフルコートの特徴⑤「長めの着丈」

防寒コートとして活用されていたダッフルコートは、より多くの身体の面積を保護するために、膝まで着丈のあるものがオーセンティックだ。近年ではショート丈のダッフルコートも販売されているが、昨今のトレンドであるクラシック回帰によってロングコートが旬なアイテムとして注目されているということもあるため、ロング丈のモデルを選択するのがベターだろう。

続いてはダッフルコートを使った注目の着こなしとおすすめアイテムを紹介!

2/10GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ