ダウンジャケット コーデ特集!最強の冬アウターを駆使したメンズの装いにフォーカス

冬アウターの中でもバツグンの保温性を誇るダウンジャケット。昨今では機能重視のハイスペックモデルはもとより、スーツに合わせても違和感がないような細身でドレッシーなモデルも珍しくない。それに伴って着こなしの幅も格段に広がっていることは言うまでもないだろう。そこで今回はそんなダウンジャケットにフォーカスして、大人が参考にしたい注目の着こなしとオススメのアイテムを紹介!

【関連記事】ダウンジャケットおすすめ最強ブランド特集

秋冬に欠かせないアウターといえばダウンジャケット。アウトドアブランドのみならず、...
スポンサーリンク

定番のダウンジャケットを使ったコーディネートもブラックメインでまとめれば旬なムードが漂う

ウールリッチの「アークティックパーカ」といえば、誕生から45年以上にわたって愛され続けている名作ダウンジャケット。そんなアークティックパーカにブラックのジョガーパンツ、ホワイトのエアフォース1を合わせて全身をモノトーンで固めたコーデに。定番のダウンジャケットを使ったコーディネートも旬なブラックでまとめれば、イマっぽいトレンドコンシャスな装いに仕上がる。

黒無地のダウンジャケット、黒無地のシャツ、黒無地のジョガーパンツ/リブパンツ、ナイキの白ローカットのスニーカーを合わせたメンズコーデ・着こなし。

WOOL RICH(ウールリッチ) アークティックパーカ

WOOL RICH(ウールリッチ) アークティックパーカ

詳細・購入はこちら

ビジネススタイルにダウンジャケットを取り入れるなら丈感と素材感のチョイスがキモ!

カジュアルアウターの印象が強いダウンジャケットだが、昨今ではビジネススタイルに合わせる御仁も散見されるように。そんなダウンジャケット、スーツやジャケットスタイルに合わせるときに注目したいのが丈感と素材感だ。ジャケットの裾がしっかりと覆われる着丈で、素材は上質なウールやカシミヤ製のものを選ぶのが吉。ムーレーヘルノなどのブランドから展開されているモデルはドレッシーなものが多く、冬のビジネススタイルにダウンジャケットを取り入れるのであればぜひチェックしてみてはいかがだろうか?

黒無地のダウンジャケット、白無地のシャツ、ネイビー無地のソックス、ブラウンコインローファーの革靴、黒無地のブリーフケース/ハンドバッグ、グレンチェックのグレーチェックのスーツ、ネイビーネクタイのネクタイを合わせたメンズコーデ・着こなし。

HERNO(ヘルノ) ダウンジャケット

HERNO(ヘルノ) ダウンジャケット

詳細・購入はこちら

モンクレール ジーニアスのダウンジャケットでメンズコーデを格上げ!

一目見てモンクレールとわかるほどのポップなデザインに仕上げられた2 MONCLER 1952の「DERVAUX」を羽織ったダウンジャケットコーデ。パームエンジェルスのフーディやナイキ×ヴァージル アブローのAJなど、ラグジュアリーなストリート路線に振り切ったアイテムチョイスで、テイストに統一感を持たせながら着こなしを格上げしている。イマが旬なブランドで固めながらも、ミーハーな印象は与えない計算されたサイズバランスと色合わせの妙も秀逸だ。

モンクレールのブルー無地のダウンジャケット、パームエンジェルスの黒グラフィックのフーディ、ネイビー無地のカーゴパンツ、ナイキ オフホワイト ザテン エアジョーダン1の水色・白ハイカットのスニーカーを合わせたメンズコーデ・着こなし。

MONCLER(モンクレール) DERVAUX

MONCLER(モンクレール) DERVAUX

詳細・購入はこちら

定番色のダウンジャケットを使ったコーディネートにネオンカラーのスニーカーを合わせてスパイスを効かせる

グレーやネイビー、ブラックなどの色はダウンジャケットにおいても変わらず定番。そんな定番カラーのダウンジャケットを使った着こなしにスパイスを加えるのであれば、一点だけでも主張の強いアイテムを取り入れると◎ ネオンカラーなどの分かりやすいアイテムであれば、その効果もより高まるハズ。

無地のサングラス、黒・白チェックのスヌード、ダークグレー無地のダウンジャケット、ダークグレー無地のスラックス、ナイキのイエローローカットのスニーカーを合わせたメンズコーデ・着こなし。

Mackage(マッカージュ) ダウンジャケット

Mackage(マッカージュ) ダウンジャケット

詳細・購入はこちら

2/17GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ