ダウンジャケット コーデ特集

冬アウターの中でも抜群の保温性を誇る”ダウンジャケット”。昨今では、スペック重視の高機能モデルはもとより「スーツにあわせても違和感がないような細身でスタイリッシュなモデル」が市場に多く登場するなど、着こなしの多様化がよりいっそう進んでいる印象を受ける。今回はそんな「ダウンジャケット」にフォーカスして、注目の着こなし&アイテムを紹介!

【関連記事】ダウンジャケットおすすめ最強ブランド特集↓

ダウンジャケットヘッダー
秋冬に欠かせないアウターといえばダウンジャケット。アウトドアブランドのみならず、...
スポンサーリンク

ダウンジャケット×ドレスアイテムで魅せる大人顔の冬コーデ

アウターの中でもカジュアルな印象が強いダウンジャケットは、ドレスアイテムをミックスすることで大人の色気漂う雰囲気に。下記のスナップは、ダウンジャケットにスラックスのような美しいテーパードシルエットが特徴のジーンズとダブルモンクの革靴を合わせた大人のきれいめ目カジュアルスタイルの好例だ。全身の色数をブラウンとブルーの2色で抑えることで、洗練された印象に仕上がっている。

ダウンジャケット×ジーンズ

ENTRE AMIS(アントレアミ) ストレッチ混 デニムパンツ

ENTRE AMIS(アントレアミ) ストレッチ混 デニムパンツ

詳細・購入はこちら

Church’s(チャーチ) LAMBOURN

Church’s(チャーチ) LAMBOURN

詳細・購入はこちら

注目を集めるミリタリー系のダウンジャケットにドレススラックスを合わせたミックススタイル

「ミリタリー×ドレス」のミックススタイルは、来季のトレンドとして注目を集めている。例えば、武骨な印象を与えるミリタリーテイストの強いダウンジャケットに、チャコールグレーのスラックスを合わせた着こなし。ゆるすぎないシャープなシルエットを演出するサイズ感が、新鮮でトレンドコンシャスな印象を与える。

ダウンジャケット×黒パンツ

PT01(ピーティーゼロウーノ) スラックス

PT01(ピーティーゼロウーノ) スラックス

詳細・購入はこちら

コートライクなロング丈のダウンジャケットなら革靴との相性◎

ビジネススタイルのカジュアル化が進む昨今、スーツや革靴にダウンジャケットを合わせるというスタイリングも一般的になっている印象を受ける。そんなスタイリングで有力な選択肢になるのが、着丈が長めに設計されたコートライクなダウンジャケットだ。インナーにテーラードジャケットを重ね着しても裾が隠れ、革靴にもほどよくフィットする重厚感を演出してくれる。

ダウンジャケット×ベージュセーター

SANYO(サンヨー) Rain Down京鴨ダウンフーデッドコート

SANYO(サンヨー) Rain Down京鴨ダウンフーデッドコート

詳細・購入はこちら

旬なストリートテイストをミックスしたダウンジャケットコーデ

フライトジャケットライクなデザインが特徴的なダウンジャケットに、オーバーサイズのフーディ、イージーパンツ、ナイキのエアジョーダン1を合わせてストリートテイストをプラスしたコーディネート。バッシュなどのストリートカルチャーが強いアイテムをチョイスしながらも、モノトーンをベースにまとめることでクセのない都会的クラス感が際立つスタイルに仕上がっている。

ダウンジャケット×ストリートテイスト

NIKE(ナイキ) JORDAN RETRO HIGH 1

NIKE(ナイキ) JORDAN RETRO HIGH 1

詳細・購入はこちら

ロング丈のダウンジャケットで男らしい重厚感のある冬コーデに

膝まで着丈が伸びたロング丈のダウンジャケットで男らしい重厚感のあるコーディネートに。アウターで十分なボリュームがある分、他アイテムで抜け感や軽快な印象を演出したい。そんな場合、スニーカーやホワイトアイテムの取り入れは有力な選択肢になるだろう。保温性の高いダウンジャケットなら、インナーを薄着にして着膨れを最小限に抑えるのもアリだ。

ボリューミーなダウンジャケットにカットソーを合わせて

ダウンジャケットコーデに、原色アイテムを取り入れて華やかさをプラス

膝まで伸びたロング丈が特徴的なダウンジャケットに、原色ニットを合わせることで華やかさと軽さを演出。パンツはホワイトスラックスを合わせることで、ダークトーンが主体になりがちな冬コーデに新鮮味を持たせている。

ダウンジャケット×差し色ニット

【関連記事】効果的な色使いで着こなしをアップデート!

差し色コーデ
着こなしにメリハリやこなれ感を演出するのに最適な「差し色」。ダークトーンが主体の...

カーキのダウンジャケットでラギッドなワークテイストをプラス

現在注目を集めているカラーであるカーキのダウンジャケットに黒パンツを合わせた、武骨なダウンジャケットスタイル。作業用のダウンジャケットがベースとなっているウールリッチのアークティックパーカが、カーキの色味と相まってワーク感を演出している。首元にはネイビーのマフラーを取り入れて防寒性とアクセントをプラス。

DSC_9747

ダウンジャケット以外のアイテムでトレンドの”カーキ”をリンクさせたコーディネート

ステッチの幅が狭く設定されたライトなルックスのダウンジャケットに、ヴィンテージ感のあるカーゴパンツを合わせたコーディネート。インナーにはカーキのパーカーを着込んでおり、チラ見せしたフードがカーゴパンツの色味とリンクして統一感のある印象に。

ダウン4

ARC’TERYX(アークテリクス) CERIUM LT

ARC’TERYX(アークテリクス) CERIUM LT

詳細・購入はこちら

ダウンジャケット×カジュアルジャケパンスタイル

ヒゲ加工やタテ落ちの風合いが魅力的なブルージーンズにテーラードジャケットとダウンジャケットをセット。カジュアルアイテムとドレスアイテムの絶妙なバランス感覚に注目だ。色使いを極力抑えている点も洗練された印象を与える秘訣のひとつ。カジュアルアイテムとドレスアイテムを巧みに組み合わせたコーディネート

ブルーのグラデーションを表現したダウンジャケットコーデ

ダウンジャケットのブルーよりもトーンを一段階落としたブルーのパンツを合わせて、グラデーションを表現したコーディネート。足元には白スニーカーを合わせてクリーンな印象に。

ダウンジャケット×ジーンズ

ギンガムチェック柄のダウンジャケットで冬コーデにインパクトを

全体にギンガムチェック柄のプリントが施されたダウンジャケットをチョイスすることで、インパクトのある冬のコーディネートに。ポップな印象を与えるデザインでもあるため、足元にラギッドな重厚感のあるスエードブーツを合わせることでバランスをとっている。軽快な印象をキープさせたい場合は、リュックサックを取り入れてスポーツテイストを高めるのもアリだ。

ダウンジャケット×ジーンズスタイル

モードデザインのダウンジャケットで構築する都会的コーディネート

フロントの打ち合わせ面積の広いダブルダウンジャケットをチョイスすることで、モードな雰囲気を演出した着こなし。アーバンスタイルに仕上げるなら、ボトムスもブラックでシックにまとめるのが好ましい。モノトーンアイテムで構成されたモードなスタイリングは、一部のハイブランドフリーク以外においてもトレンドとして注目を集めている。

モードなデザインのダウンジャケットを取り入れた着こなし

【関連記事】モノトーン コーデ特集↓

Monotone Header
クールでシックなスタイルを体現し、洗練された雰囲気を醸すモノトーンコーデ。モード...

ダウンジャケットのシャイニーな生地感を利用して冬コーデにメリハリをつける

シャイニーな生地感のダウンジャケットにソフトなベージュのタートルネックニットを合わせることで、メリハリのあるスタイリングに。昨今のトレンドキーワードとしても注目を集める「ブラック×ブラウン」の配色も意識したアイテムチョイスがこなれ感への鍵だ。

ダウンジャケット×ベージュインナー

【関連記事】メンズトレンドカラーの最右翼!”ブラック×ブラウン”の着こなし特集↓

ブラック×ブラウン特集
ネイビーやグレーといったメンズファッションのベーシックカラーは、冬においてもアウ...

ダウンベストを活用して、冬コーデの醍醐味である重ね着を楽しむ

着用するアイテムが必然的に多くなる冬シーズン。重ね着は冬の着こなしの醍醐味とも言えるだろう。そんな重ね着のスタイリングをダウンウェアで存分に楽しむなら、ダウンベストの取り入れがオススメ。ダウンジャケットと比べて袖が無い分、必然的に他アイテムの見える面積が増えるため、組み合わせによって与える印象を大きく変化させることができる。下記の着こなしのように、あえてダウンベストと他アイテムのトーンを統一することで、シックで都会的な印象に仕上げるのもまた一興だ。

黒コーデでシックにまとめたダウンジャケットコーデ

インナーダウンをコートに合わせてスポーティに!

次なるトレンド候補として注目を集めるミリタリーウェアにインナーダウンを合わせたコーディネート。インナーダウンはスタンドカラーをチョイスすることによって首回りに立体感を演出している。モノトーン×カーキでシックにまとめた色使いも参考にしたい。

首元に立体感を演出するならスタンドカラーのインナーダウンがおすすめ

2/2GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ