banner

レザージャケット メンズ 【本格ブランド10選】

男なら一着は持っておきたい「レザージャケット」。もちろんレザー専業ブランド以外にも、ハイブランドやセレクトショップオリジナルといった様々な選択肢があるが、せっかく入手するなら本格ブランドをチョイスするのも有力な選択肢だ。今回はバイカー御用達のアメリカ老舗レザーブランド、英国老舗ブランド、色気あふれる風合い・デザインが魅力のイタリアのレザージャケットブランド、品質に定評のある日本国産レザージャケットブランドなど本格派のレザージャケットブランドを紹介!

スポンサーリンク

VANSON (バンソン) / 米国

VANSONメンズレザージャケット

1975年に米国マサチューセッツ州のボストンにてスタートしたアメリカの誇る本格レザーブランド。創業当時は、革ジャケット全般の人気が落ち「レザー業界暗黒の70年代」と言われるような時代。
そんなレザー不毛の時代にMichael Van De sleesen氏が、ボストン大学経営学部を卒業後にVanson Associates Incを創業、レザー業界に参入した。ちなみにVansonというブランド名は創業者の名前をアレンジしたもの。当時は旧態依然としていたレザージャケットに最新技術を積極的に取り入れることでレザージャケットの品質を劇的に高め、人気を獲得。ボストンのバイクレースシーンをきっかけに、アメリカ全域さらには世界にバンソンの名前は広がりました。しかし1978年のオイルショックにより不況のあおりを直撃、倒産寸前にまで追い込まれ、1984年に会社をボストンからサザンランドに移しVanson Leathersとして体制を立て直していきます。80年代後半には再び世界的なレザーブームが起こり、世界中から注文が殺到、高級レザージャケットブランドとしての地位を不動のものにしている。

VANSON B シングルライダース ブラック

VANSON B シングルライダース ブラック

詳細・購入はこちら

VANSON C2 ダブルライダース レザー

VANSON C2 ダブルライダース レザー

詳細・購入はこちら

Schott (ショット) /米国

レザージャケットメンズショット

1913年にショットの兄弟がニューヨークで創業したブランド。意外なことに創業当初はレインコートを製造していた。創業から15年後の1928年に世界初のフロントジッパーのライダースジャケットをリリース、のちのライダースジャケットデザインに大きく影響を与える。70年代のロックやパンクミュージックが大流行する中、セックスピストルズやラモーンズをはじめ多くのロックスターに愛用されるブランドとして名声を高めた。
日本国内においては、2009年に上野商会がライセンスを取得し、同社がライセンス商品を販売している。

SCHOTT(ショット)618DOUBLE RIDERS W革ジャン ダブルライダース

詳細・購入はこちら

ルイスレザー (Lewis Leathers) / 英国

英国レザージャケットブランドルイスレザー

1892年に設立された英国で最も古い歴史をもつレザーウェアブランド「ルイスレザー」。厳選した素材と職人技術に高い評価、耐久性と着心地を共存させたアイテムに定評が集まる。60年代には英国初の色の入ったレザーウェアをリリースし現在でも豊富なカラー展開で知られる。
60年代のいわゆるロッカーズスタイルの手本になったと言われる映画といえば、1953年に公開された「The wild one(乱暴者 あばれもの)」。映画の中でマーロンブランドが着ていたウエスト丈のジッパー付きのレザージャケットは、国境を越えイギリスの若者にとっても憧れのアイテムに。いち早くそのニーズに気づきアメリカ人デザイナーBud Ganzを採用してBRONXというモデルのレザージャケットをリリースし、イギリスの若者に熱狂をもって受け入れられた。70年代半ばのパンクスタイル全盛の時代には、多くの有名ミュージシャンに愛用されたレザージャケットの定番だ。

JAMES GROSE(ジェームス・グロース)

JAMES GROSE

ジェームス・グロースの起源は、1876年に英国ロンドンで創業したモーターサイクルや自転車、車パーツ、アクセサリー、アパレルウェアを展開する小売店だ。当時はJAGROSEというオリジナルブランドを中心に販売していたことで知られる。1950年代には、スポーツアイテムやアウトドアアイテムの展開を拡大し、英国において地位を確立したが、その後不況のあおりを受けて1970年代に閉鎖。
約40年ぶりにレザーウエアブランドとして復刻。アーカイブのクラシックスタイルをディテールまで再現しつつ、細身なシルエットでモダンに仕上げたライダースジャケットを提案する。

JAMES GROSE(ジェームス・グロース)

詳細・購入はこちら

ザ・リアルマッコイズ (THE REAL McCOY’S) / 日本

国産レザージャケットブランドメンズザリアルマッコイズ

1987年、イラストレーターの岡本博が雑誌POPEYEの企画で限定300着でA-2フライトジャケットをリリース、予約時点で完売という大反響を受けて1988年に英語で「正真正銘の本物を意味するリアルマッコイ」を冠して「ザ・リアルマッコイズ・ジャパン」を創業。(法人設立は1990年)
主にミリタリーやアメカジ、モーターサイクルウェアをメインに展開するブランドとして成長。ミリタリーウェアの「リアルマッコイ」、ワークウェアの「ジョーマッコイ 」、ライダースウェアの「ブコ (Buco)」の3ラインで展開。レザージャケットはBucoが特に人気を博す。

Buzz Rickson’s (バズリクソンズ) / 日本

レザージャケットブランドメンズBuzz Rickson's

1993年にスタートした日本のミリタリー・ワークウェアブランド。経営はジーンズブランドのシュガーケーン(SUGAR CANE)などを展開することで知られる東洋エンタープライズ。ヴィンテージクローズを細部まで徹底的に復刻するブランドとして知られ、レザージャケットに高い人気を誇る。

KAPRAUN (カプラウン) / ドイツ

レザージャケットブランドカプラウンドイツ

1961年にドイツで創業した高級レザーウェア専門メーカー。特色は世界中から収集したレアな革素材を高い縫製技術によって生み出される個性あふれるレザーウェアの数々。クロコダイル、カンガルー、トナカイなど他のレザーウェアブランドではなかなかお目にかかれないアイテムの数々はドイツだけではなくヨーロッパ全土での高い人気を博す。

DACUTE (ダクテ) / イタリア

レザージャケットブランドイタリアダクテ

2005年にレザー専門業者であるDanilo Boldiniと、ボローニャの人気セレクトショップBarrowの経営者であり、NUURのデザインも手がけるSimone BaruffaとAndrea Bassiの3人がタッグを組んでスタートしたイタリアのレザーウェアブランド。DACUTE(ダクテ)のブランド名はイタリア語の「DA(与える)」と「CUTE(肌・皮)」を組み合わせた造語。ファッションやデザインへのこだわりと深いレザー知識・ノウハウをベースにして本物のmade in Italyを体現するべくリリースされたアイテムが魅力的だ。

CINQUANTA (チンクワンタ) / イタリア

レザージャケット有名ブランドCINQUANTA チンクワンタ

1973年に設立されたレザーウェア専門のファクトリーメーカー、当初はFREETIMEというブランド一本でメンズ・レディースアイテムをリリース。ポリシーとして広告やショーは実施せず、高いクオリティと 低価格を追求する職人気質の姿勢が独特。スタイリッシュで最高品質のレザージャケットを驚くべき価格で提供。現在、「GRUPPO ITALIANO PELLE」「CINQUANTA」「FREETIME」の3つのラインを展開しているが、その中でCINQUANTAは最も上質かつ現代的なラインとしてポジショニング。

Emmeti di Franco (エンメティ) / イタリア

イタリアレザージャケットブランドエメンティー

1975年にイタリア・フィレンツェからほど近いヴィンチにて、ファー衣料のファクトリーとして創業したアウターブランド。エンメティのコンセプトは、スポーティーでありながらエレガンスを忘れないスタイルだ。レザーとファー、レザーと布地など、高級素材を巧みに組み合わせることによって生み出されるラグジュアリーデザインが魅力。人間の身体つきや動きを考慮してデザインされるスリムなデザインも特徴である。

AERO LEATHER (エアロレザー) / 英国

エアロレザーメンズ革ジャン

1975年に英国・ロンドンで創業したブランドですが、1983年に拠点をスコットランドに移している。創業時はカウハイドレザーを素材として使用していたが、のちにホースレザーに変更。品質に徹底的にこだわった少量生産にこだわっており、現在職人はなんと9人のみ。熟練職人が革の選別、革とライニングは手作業で切り出し、昔ながらの足踏みミシンで本来必要とされる縫い圧の3.25倍の圧力で縫い上げるというまさに職人によるこだわりの世界。

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

レザージャケット メンズ 【本格ブランド10選】

Share