ライダースジャケット メンズ 特集

重厚感と男らしさ溢れるハードなルックスが魅力のライダースジャケット。牛革や羊革を使用したジャケットは着込めば着込むほどに着用者の色が出るため、年数をかけて愛用する楽しさがあるアイテムだ。今回は「ライダースジャケット」にフォーカスして、注目のアイテムをピックアップ!

【関連記事】ライダースジャケットの着こなし記事は↓

スポンサーリンク

VANSON(バンソン) 「MODEL B シングルライダース」

1975年に米国マサチューセッツ州ボストンで誕生したレザーブランド「VANSON(バンソン)」。レザー業界では暗黒の70年代と言われ、名門レザーウェアブランドが低迷していた当時、Michael Van De sleesenがVanson Associates Incを設立。最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、品質にとことんこだわったバンソンのレザーウェアは、ボストンを中心に徐々に需要を高める。1978年のオイルショック時には不況の影響を受け、1983年には倒産の危機に見舞われるが翌年、本拠地をボストンからサザンランドに移し、Vanson Leathersとして見事復活した。MODEL BはVANSONが誇る最もベーシックでポピュラーなシングルライダースジャケットだ。厚手の牛革を使用した重厚感のあるライダースジャケットは、そのルックス通り非常に丈夫で一生着れると言っても過言ではないだろう。無駄をそぎ落としたシンプルなスタイルに、随所にあしらわれたVANSONオリジナル製のゴールドメタルジッパーがラギッドな雰囲気を醸し出している。

詳細・購入はこちら

JAMES GROSE(ジェームス・グロース) 「MANILA JACKET」

スタイリッシュなレザージャケットの代名詞「JAMES GROSE(ジェームス グロース)」は1876年にロンドンで創業した、自転車やオートバイ、車のパーツ、アクセサリー、衣料品を扱う小売店にルーツを持つ。創業当初は”JAGROSE”というオリジナルブランドを中心に展開していたが、1970年代に不況の煽りを受け一時閉鎖。約40年後にレザーウェアブランドとして復活した。MANILA JACKETはMADE IN ENGLANDの代名詞とも言えるJAMES GROSEの定番ライダースジャケットだ。厳選されたレザーは重厚感溢れる品質で、一着ずつイギリスの職人によって手作業で生産。ややタイト目に絞られているので、レザーながらもすっきりとしたシルエットに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

Lewis Leathers(ルイスレザーズ)「Lightning HORSE HIDE」

1892年にスタートした英国を代表する老舗レザーブランド「Lewis Leathers(ルイスレザーズ)」。そんな伝統的なブランドが展開するレザーライダースジャケットの「Lightning」は、数多くのロックスターに愛される、ルイスレザーズ永遠のスタンダードモデル。前に施された4つのジップポケットと、サイドからフロントに回り込むバックルが特徴だ。バイク乗用時にチケットを収納できるジップポケットも左袖に施されている。胸部分には、レザー製のブランドロゴパッチをセット。

お問い合わせ:03-6438-9215

【関連記事】ルイスレザーズのブランド記事は↓

DIESEL(ディーゼル) 「L-ROSHI」

1978年にRenzo Rosso(レンツォ ロッソ)氏がイタリアにて立ち上げて以来、デニムとカジュアルファッションの分野をリードし続けているブランド「DIESEL(ディーゼル)」。DIESELの名前の由来はディーゼル燃料から来ており、「当時新たなエネルギーとして注目されていたディーゼル燃料の様に世の中を活気づけたい」という思いが込められている。「L-ROSHI」はシンプルなデザインのシングルライダースジャケット。素材には上質なラムレザーを使用しており、無駄をそぎ落としたミニマルなデザインだからこそ、こだわりが見て取れる一着だ。

詳細・購入はこちら

DIESEL BLACK GOLD(ディーゼル ブラックゴールド) 「LORENZO」

2008年に展開をスタートしたコンテンポラリーコレクション「DIESEL BLACK GOLD(ディーゼル ブラック ゴールド)」。「LORENZO」は、ラペルにデザインされた幾何学模様のステッチが特徴のダブルライダースジャケットだ。オーソドックスなスタイルの中に、ラペルやジッパーテープなど個性的なディテールを取り入れることで洗練されたデザインに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

Schott(ショット) 「613 HORSE HIDE ONESTAR TALL」

1913年にニューヨークのイーストブロードウェイで、ショット兄弟によってレインコート屋として創業し、1928年には世界で初めてジッパー開閉式のライダース・ジャケットを製造したブランド「Schott(ショット)」。裁断から縫製までを全て自社工場で行い、MADE IN USAにこだわったアイテムを作り続けている。マーロン・ブランドをはじめ、ジェームズ・ディーンやシド・ビシャスが着用したことで一躍人気を集めた613ワンスターは、Schottを代表するライダースジャケットだ。肩のエポレットには星型のスタッズがあしらわれており、ハードなルックスと相まってロックテイストを感じさせるライダースジャケットに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

BOSS HUGO BOSS(ヒューゴボス) 「LIKEER LEATHER ライダースジャケット」

1924年にドイツのファッションデザイナーであるHugo Ferdinand Bossが、両親の営んでいた婦人用商店を引き継ぎ、”Schneiderei Hugo Boss(仕立て屋ボス)”服飾工場を立ち上げたことが起源のラグジュアリーメンズファッションブランド。LIKEER LEATHERはジッパーの意匠がハードで個性的なデザインのライダースジャケットだ。細やかなシボ加工が施された表情豊かなレザーは、レザー特有の重厚感を備えつつソフトな質感に仕上がっている。裏地のパイピングにはブランドカラーであるレッドテープを用いており、遊び心も取り入れた魅力的なライダースジャケットに。

詳細・購入はこちら

GANT RUGGER(ガントラガー) 「THE BIKER」

アメリカントラディショナルの雄「GANT(ガント)」のニューラインとして2010年にデビューしたブランド。ルーツは1941年に米国コネチカット州でバーナード・ガントが設立したシャツ工場で、ポール・スチュアート、J.プレス、ブルックス・ブラザーズなどのシャツを手掛け、世界で初めてボタンダウンシャツを考案した。1949年には自身のブランドをスタートし、現在ではメンズ&レディース、カジュアルライフスタイルブランドとしてアメリカ全土で注目を集めている。THE BIKERはシープスキンを使用しており、なめらかな肌触りが特徴だ。

詳細・購入はこちら

GIORGIO BRATO(ジョルジオ ブラット) 「PELLE ライダースジャケット」

斬新な質感のレザーと、パンクにインスパイアされたヴィンテージスタイルが特徴のブランド「GIORGIO BRATO(ジョルジオブラット)」。レザータンニングにおいて高い評価を得ており、樹脂や自然の植物のみを利用するベジタブルタンニングという手法でハイクオリティなレザーアイテムを生み出している。PELLEはダブルジップを採用したシングルタイプのライダースジャケット。見た目から感じられる独特の温かみは、薬品を一切使用しないベジタブルタンニングによるもの。細やかなシワ加工や染色の具合がヴィンテージライクな一着となっている。

詳細・購入はこちら

PIERRE BALMAIN(ピエールバルマン) 「ライダースジャケット」

フランスのラグジュアリーメゾンを代表する老舗「BALMAIN(バルマン)」のセカンドラインとして位置づけされている「PIERRE BALMAIN(ピエールバルマン)」。職人技が根底にある優秀なパターンを活かしつつ、最新モードの感性を巧くミックスさせている。キルティング意匠やシルエット設計などBALMAINならではの要素をミックスしたライダースジャケット。光沢を消したマットなブラックが上品な面持ちに仕上がっている。ライニングにはブランドの筆記体ロゴが所狭しとデザインされおり、表と裏で異なった表情が楽しめる。

詳細・購入はこちら

nudie jeans(ヌーディージーンズ)  「Ziggy」

2001年に元ヨーロッパLEEのデザイナー、マリア・エリクソンによってスウェーデン、ゴーテボーグで設立された「Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)」。日常にはいつもジーンズがあるというコンセプトのもと、ジーンズを「Second Skin(第二の肌)」と捉えており、素材にもオーガニックコットンを使用するなど環境にも配慮したデニムブランドだ。ZIggyはウォッシュ加工が施されたライダースジャケットで、絶妙なヴィンテージ感はデニムブランドならではの技術によるもの。ガンメタルの金具がヴィンテージ加工と相まってラギッドな雰囲気を醸し出している。

詳細・購入はこちら

BALENCIAGA(バレンシアガ)「ライダースジャケット」

1918年にクリストバル・バレンシアガがスペインにて創業したラグジュアリーファッションブランド「BALENCIAGA(バレンシアガ)」。バッグからアクセサリーに到るまで幅広くアイテムを展開している。2015年からはMAISON MARGIELAやLOUIS VUITTONでのキャリアを持つVETEMENTSのデザイナーDemna Gvasaliaをアーティスティックディレクターとして迎え、コレクションを展開している。オーセンティックなデザインをベースにしたライダースジャケットは身頃の丈感を短く設定し、婦人服ライクな印象に。素材に厚手でハードなバッファローレザーを用いることで、フェミニンになりすぎない一着に仕上がっている。

詳細・購入はこちら

EMMETI(エンメティ)「ANDREA」

1975年にイタリア、フィレンツェ近郊の町ヴィンチにて、ファーガーメント工房として創業したアウターブランド「EMMETI(エンメティ)」。「エレガンテ・スポルティーボ」をコンセプトとして掲げており、その名の通りスポーティでありながらもエレガントなスタイルを展開している。「ANDREA」は「EMMETI」を代表するロングセラーモデル「JURI」が改名したモデルだ。素材には厳選されたラムレザー(生後6ヶ月以内の仔羊革)をナッパ加工したラムナッパレザーを使用しており、美しく艶のある質感に仕上がっている。

詳細・購入はこちら

SAINT LAURENT(サンローラン)  「クラシックライダースジャケット」

「SAINT LAURENT(サンローラン)」は、”モードの帝王”とも呼ばれたイヴ・サン・ローランの美学を継承するフランスのレーベル。2016年3月にエディ・スリマンが勇退し、後任にアンソニー・ヴァカレロが就任した新生サンローランは、独創性が感じられる完成度の高い作品群が注目を集めている。カーフレザーを使用したライダースジャケットは、ハードな見た目とは裏腹にしっとりとソフトな質感が特徴だ。クラシックをベースにしているが、裾に取り付けられたロングタッセルなどのディテールで個性的なデザインになっている。

詳細・購入はこちら

DELAN(デラン) 「GIULIANO-W」

1974年にフィレンツェ郊外のエンポリで創業したレザーウェアブランド『Delan(デラン)』。イタリアの中でも皮革産業が盛んなトスカーナ地方でDavide、Fabio、Valerioの親子三代にわたってハイクオリティなレザーウェアを作り続けている老舗レザーファクトリーのオリジナルブランドだ。「GIULIANO-W」はDELANのロングセラーモデルであり、シーズン毎にディテールを変えて継続展開されている。シャープな印象のスタンドカラーやクラフト感溢れるオリジナルメタルパーツなど、シンプルなデザインに特徴的なディテールを取り入れている。

詳細・購入はこちら

DSQUARED2(ディースクエアード) 「クラシック ライダースジャケット」

1994年にディーン・ケイティン氏とダン・ケイティン氏の双子兄弟が設立したファッションブランド「DSQUARED2(ディースクエアード)」。カナダに生まれミラノでキャリアを積み、ロンドンに在住しながらイタリアでコレクションを発表し続ける彼らの多様なバックグラウンドが反映されたデザインが世界から注目を集めている。クラシックライダースジャケットは素材にカーフレザーを採用しており、ハードな印象のダブルジャケットでもソフトな質感に仕上がりに。ライニングはチェック柄のウール素材で仕立ててあり、デザイン、素材感ともにコントラストがきいた一着になっている。

詳細・購入はこちら

 ALLSAINTS(オールセインツ) 「JASPER LEATHER BIKER」

1994年にスチュワート・トレヴァーがイギリスで設立したプレミアムファッションブランド「ALLSAINTS(オールセインツ)」。 100%直営展開で、商品、内装、音楽、ウェブサイトのコーディングにいたるまで、購入者との接点はすべて自社でマネジメントしている。「JASPER LEATHER BIKER」はショルダーのキルティングから見て取れるように、モーターレーサーからインスピレーションを受けたライダースジャケットだ。シルエット調整が可能なサイドジップや、モダンな印象を与えるスタンドカラーなど特徴あるデザインが魅力の一着になっている。

詳細・購入はこちら

STUDIOUS(ステュディオス) 「ラムレザーダブルライダースブルゾン」

「日本発を世界へ(From JAPAN to the WORLD)」を理念とした人気セレクトショップ「STUDIOUS(ステュディオス)」。メイドインジャパンにこだわったステュディオスのプライベートブランドから展開するレザージャケットは、国内トップレベルの革職人が手掛けるこだわりの一着。今シーズンより、STUDIOUS専用のレザー工場を青山の一等地に新設している。使用している革もヨーロッパ向けに輸出している革工場のラム革を採用。肌触り、ぬめり感、黒の質感、光沢感全てにこだわり尽くした仕上がりだ。ファスナースライダーもよりモードなスクエア型へと変更されている。

詳細・購入はこちら

BEAMS LIGHTS(ビームスライツ) 「シープレザーダブルライダース」

2007年よりBEAMSが展開する、オリジナル商品に特化したレーベル「BEAMS LIGHTS(ビームスライツ)」。”Life as a Journey” をコンセプトに、旅行や出張、散歩などライフスタイルの全てを旅と捉え、デイリーウェアと小物を取り揃えている。シープレザーを使用したライダースジャケットは、ハードな見た目ながらもソフトな質感。キメの細かいシボ加工を施してあり、上品なルックスに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ) 「UK ラムレザーダブルライダース」

様々な都市をリサーチ(URBAN RESEARCH) し、カジュアルテイストをベースに世界中からデイリーウェアーやドレス、ライフスタイル雑貨までをセレクトしている「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」。ソフトで馴染みの良いラムレザーを使用したライダースジャケットは、ベルトなどのディテールをそぎ落としたミニマルなデザインになっている。すっきりとしたルックスになっているため、コーディネートの幅が広がるアイテムだ。

詳細・購入はこちら

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) 「シープシングルライダースジャケット」

“FREEDOM”な精神と“STANDARD”な精神、永続的であるこの2つの精神を持ち、感受性や精神性の輝きをテーマに掲げている「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)」。しなやかなシープレザーを使用したライダースジャケットは無駄を省いたシンプルなデザインに。ハードな印象を抑えたシングルライダースジャケットだ。シルエットもすっきりとしているため、シンプルなデザインと相まってスマートな印象に仕上がっている。

詳細・購入はこちら

nano・universe(ナノ・ユニバース) 「ラムレザーシングルライダース」

時代を読み解き、高感度なトレンドを創造する一方で、トラッドでクラシックという相反するテイストも持ち合わせた「nano・universe(ナノ・ユニバース)」。東京カジュアルをベースに、イギリス、フランス、イタリアなどのヨーロピアントラディショナルを織り交ぜた、洗練された「装い」を提案している。ソフトなラムレザーを使用したライダースジャケットは、着込むほどに身体に馴染み、よりフィットした着心地に。無駄な装飾を省き、首回りもバンドカラーデザインのため、すっきりとした雰囲気に仕上がっている。

詳細・購入はこちら

AVIREX(アヴィレックス) 「SHEEP DOUBLE RIDERS」

1937年にフライト・ジャケットミリタリーの代表的ブランドU.S.ARMY AIRFORCE(USアーミーエアーフォース)のコンストラクター(製造業者)として創業した「AVIREX(アヴィレックス)」。数多くのフライトジャケットを正規支給品として納入してきた。無駄のないデザインとノスタルジックな味わいが世界中の人々から支持され続けている。シープスキンで作られたライダースジャケットはシワ加工が施されており、味のある独特の雰囲気が特徴だ。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ