記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

春コーデで使いたいレザージャケット 最新メンズモデル6選

Share

春コーデで使いたいレザージャケット 最新メンズモデル6選

秋冬だけでなく春も活躍するレザージャケットは、ライダースだけでなくスイングトップタイプなど、軽快なデザインも多い春ならではのアイテムを選ぶのが楽しい。今回は、春に着たいレザーアウターを厳選して6つ紹介!

春に選ぶべきレザージャケットは?

秋冬だけでなく春シーズンも活躍するレザージャケット。ライダースタイプが王道だが、下のスナップで着用しているような、スイングトップやハリントンジャケットなどのゴルフジャケットタイプの軽快で着やすいデザインも春は狙い目だ。レザージャケットは基本的に丈が短いものが多く、昨今人気を集めているショート丈ジャケットの枠にも当てはまるため、旬な着こなしを表現するのにも持ってこい。Tシャツの上にさらっと着てワイドシルエットのパンツを合わせれば、モードで今っぽい着こなしを作れる。春だけ着るなら裏地なしの薄手のレザーがベターだが、秋冬も着回すことを考えるなら、そこそこ厚みがあってもTシャツとの合わせで春にも十分着られるため、そこが一つの考えどころになる。

編集部 泉
春のレザージャケット展開は各ブランドでスエードの割合が多くなる印象がありますが、個人的にはレザージャケットならスムースレザーの質感がしっくりくるので、春もそっちを選びます。ただ、スムースレザータイプは裏に中綿入りのキルトライニングが張ってあるものもあるため、それを春に着てしまうと汗だくになってしまいます…。基本的にはTシャツや薄手のニット、ドライなスウェットアイテムなどをインナーにして、その上に軽めのレザージャケットを羽織るのが春シーズンの正しい着方だと思います。

続いては、今年の春に着たいレザージャケットを6つ厳選して紹介!

春コーデに使いたいレザージャケット①AMI Paris ジップ レザージャケット

フレンチブランドらしい余裕のあるおしゃれな雰囲気と、トレンドのエッセンスを絶妙な按配で絡めたバランス感が魅力のAMI Paris。そんな同ブランドから今回ピックアップしたのは、シャツのような上品な襟が特徴のレザージャケットだ。ほどよく緩められたゆったりシルエットと、裾が絞ってメリハリをつけたブルゾン型のショート丈が今の気分を絶妙に捉えた、AMI Parisらしいセンスが光る。ハードなイメージでレザージャケットに苦手意識を持っている方は、こんな品のあるデザインを選んでみては?

編集部 泉
AMI Parisは個人的にすごく好きなブランドで、毎シーズン新作が出るのを楽しみにしています。ほどユルなシルエットや気張らないデザインで人気を集めていて、このレザージャケットにもそんなAMI Parisらしさが詰め込まれていると思います。ライダースほどガチすぎず、シャツジャケットやスイングトップを羽織るようなライトな感覚でレザーアウターを着たい方には、特にこのジャケットをおすすめしたいです!

詳細・購入はこちら

春コーデに使いたいレザージャケット②JAMES GROSE DOVER

英国最古のレザーウェアブランドであるJAMES GROSE。バリエーション豊かにライダースジャケットを展開する中でも、定番モデルかつ特に最近人気を高めているのがこちらのシングルタイプの「ドーバー」だ。シングルライダースは基本的にシンプルなデザインが多いが、ほとんどの装飾を削ぎ落としたミニマルなデザインが魅力なのがこのモデル。良い意味でクセのないルックスなので、ファンだけでなくライダースジャケット初心者でも取り入れやすいジャケットだ。

編集部 泉
“究極の普通”を追求したノームコアが昨今再び注目を集め始め、ネオノームコアというキーワードも出てきていますが、そんな時代の流れにもピッタリと合う一着だと思います。素材はシープ・カウ・ホース・カウスエードの4種類で展開されているので、自分好みの質感を選べるのも嬉しい。春を主戦場とするなら、軽やかにスエードを選ぶのも良さそうです。

詳細・購入はこちら

【関連記事】

関連記事 シングルライダースの傑作!ジェームスグロース「ドーバー」の魅力とは?
シングルライダースの傑作!ジェームスグロース「ドーバー」の魅力とは?
ハードなイメージが強いダブルライダースよりもシンプルでコーデに取り入れやすいシングルタイプのライダースジャケット。2013〜2014年頃に流行したノームコアブームが再来し、“ネオノームコア”時代の到来が兆しを見せる近年、シングルライダース人...

春コーデに使いたいレザージャケット③Schott LEATHER HANTEN

ライダースジャケットをはじめとしたレザーウェアで人気を集めるアメリカブランドのSchott。ダブルライダースの「ワンスター」が圧倒的に有名だが、こんな変わり種のレザーアウターも展開している。江戸時代の日本で作業着として着られていた“半纏”をデザインソースに、レザーで現代風に仕上げたのがこの「レザーハンテン」。フロントは紐で閉じられる“和式”で、ジャケットやカーディガンのように羽織れる春にぴったりのレザーアウターだ。

編集部 泉
和服は今では日本でもほとんど着られなくなったこともあって、街着として着るにはややアブノーマルというかコスプレのようになってしまうイメージがあります。ですが、展示会で気になって実際に試着してみたところ、意外と違和感なく着られるなと感じました。王道からは確実に外れますが、レザーウェアで周りと差をつけたいなら選択肢として大いにアリだと思います。

詳細・購入はこちら

【関連記事】

関連記事 Schott(ショット)「ワンスター」がダブルライダースジャケットの傑作たる理由とは?
Schott(ショット)「ワンスター」がダブルライダースジャケットの傑作たる理由とは?
ダブルライダースの礎を築いたスタンダードと言われている、アメリカの老舗ブランド Schott(ショット)の「ONESTAR(ワンスター)」。発売当時から基本のデザインは変わらず、ライダースジャケットのアイコンとして愛され続けている名作中の名...

春コーデに使いたいレザージャケット④SANDRO フーデッドレザージャケット

モダンとクラシックを巧妙にミックスしたフレンチスタイルを得意とするパリ発祥のブランドSANDRO。同ブランドから見つけたのは、珍しいフーディタイプのレザージャケットだ。マウンテンパーカーのようにフードや裾を絞るためのドローコードも付いており、意外と本格的な仕様がモダンで◎ フーディは春コーデの超定番アイテムだが、こんなレザー製のものを選んだらオリジナリティあふれる着こなしを実現できること間違いなしだ。

編集部 泉
私自身、普段スウェットパーカーはよく着るのですが、王道のものが多くこういった色物的なフーディは持っていません。でもこのSANDROのフーデッドレザージャケットは見た時に「めっちゃ良い」と感じたのが率直な意見です。今っぽいシルエットに、ドローコードなどの本格的なディテール、そして左身頃下部にあしらわれたブランドのロゴのアクセント。まさにブランドのコンセプトであるモダンクラシックを体現したジャケットに仕上がっていると思います。

詳細・購入はこちら

春コーデに使いたいレザージャケット⑤BARBA スエードジャケット

ドレスシャツで有名なBARBAだが、実はスエードジャケットなどのライトアウターも意外とバリエーションが展開されている。今回はそのラインナップの中から、スイングトップタイプのスエードジャケットを紹介。軽やかなスエード素材とスポーツテイストを感じさせるリブ編みの裾が、春らしい軽快なイメージにマッチする。ブラウンのレザーベルトなどとリンクさせれば大人っぽいコーデに。

編集部 泉
この色味のジャケットを春に着るとなると、スタイリング画像のように色落ちしたブルージーンズなどの明るいパンツを合わせて春らしく軽快な印象で装いたくなりますが、個人的にはブラックのパンツを合わせてダークトーンのコントラストを楽しみたいです。ブラック×ブラウンの色合わせは、クラシックスタイルにおいてはタブーとされてきましたが、その概念を打ち壊したモダンなスタイルとして、ピッティでもここ数年でよく見かけます。裾のリブがライトグレーなので、これがアクセントになって重くなりすぎる心配もないと思います。

詳細・購入はこちら

春コーデに使いたいレザージャケット⑥ARMA スエードジャケット

1985年にオランダ・アムステルダムでスタートしたレザーブランドARMA。もともと大手メゾンブランドのOEMを請け負っており、その技術力は折り紙つき。そんなARMAからはスエードブルゾンを。春に着るスエードジャケットというと、明るいベージュなどブラウン系の色味が人気かつ定番だが、こんなネイビーカラーも他と被らなさそうで良い。ネイビーならではの上品なムードもあるので、キレイめな春コーデのアウターとしても使えることうけあいだ。

編集部 泉
レザージャケットって基本的にブラックかブラウン系なので、こういった珍しいカラーは自然と目に留まりますよね。レザーブランドならではの上質で柔らかいラムレザーを使っていて、その品の良い素材感ともネイビーがマッチしています。センタークリースがピッと入ったスラックスを合わせて大人っぽく着こなしたい一着です。

詳細・購入はこちら

この記事の著者

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する