上質なビジネスバッグを種類別に紹介!

ビジネスバッグの代表的な存在といえばブリーフケースだが、ビジネススタイルのカジュアル化が進む昨今では様々なバッグが取り入れられている。王道のブリーフケースだけでも通常のタイプから2WAY、3WAYタイプまであり、バックパックやトートバッグなどもビジネスマンに向けたアイテムが各ブランドから多く展開されている。今回は「ビジネスバッグ」にフォーカスして、カテゴリー別に注目のアイテムを紹介!

スポンサーリンク

ビジネスバッグの主流。スーツスタイルにも相性抜群の「ブリーフケース」

ブリーフケースはビジネスバッグのなかでも、多くのビジネスマンが使用する主流のアイテム。手持ちのバッグはジャケットを傷めることもなく、スタイリッシュなスーツスタイルを演出することができる。昨今ではショルダーバッグやバックパックにスタイルチェンジできる、機能性の高い3WAYタイプのバッグも多く展開されており、同じブリーフケースでも選択肢は様々だ。

DSC_5931

BRIEFING(ブリーフィング) 3WAYブリーフケース NEO TRINITY LINER

1998年に、米国の軍用規格であるミルスペックに準拠した真のミリタリズムを追求し、卓越した機能美を持つラゲージレーベルとしてとして始まった「BRIEFING(ブリーフィング)」。今回は、ブリーフィングの定番であるLINERシリーズから3WAYブリーフケース、NEO TRINITY LINERをピックアップ。ブリーフケース/バックパック/ショルダーバッグの3タイプをシーンによって使い分けることができる優れモノ。内部はパソコンや書類をスマートに収納できるよう設計されており、ビジネスマンの優秀なパートナーとして活躍すること間違いなしだ。

BRIEFING(ブリーフィング) 3WAYブリーフケース NEO TRINITY LINER

詳細・購入はこちら

TUMI(トゥミ) ALPHA2 3WAYバッグ

“高い機能性”と”モダンなデザイン”をコンセプトに掲げたグローバルなライフスタイルブランド「TUMI(トゥミ)」。ALPHA2は、TUMIが誇るオリジナル素材”FXTバリスティックナイロン”を使用した多機能ビジネスバッグのフラッグシップラインだ。FXTバリスティックナイロンは、防弾チョッキにも使われる通常のバリスティックナイロンを1.5倍の強度まで高めた素材。そんなALPHA2の3WAYバッグは、ブリーフ/バックパック/メッセンジャーの3タイプで使用できるタフなブリーフケース。ラップトップ用の収納スペースや、濡れたものを収納できる撥水ポケットなど様々な機能を備えた、ビジネスシーンにおすすめのバッグだ。

TUMI(トゥミ) ALPHA2

詳細・購入はこちら

FELISI(フェリージ) ビジネスバッグ

1973年に創業したイタリアの鞄ブランド。イタリア北部の街フェラーラに立ち上げた革工房が発祥。元々はレザーグッズからスタートしたブランドだが、代表的なモデルは名だたるメゾンブランドも採用するリモンタ社ナイロンと、使い込むほどに自然な艶が生まれ、柔らかに馴染む本場イタリアのバケッタレザーを組み合わせたバッグだ。中央のポケットには緩衝材が入れられており、PCなどを収納しても重さが分散され、抜群の安定感を誇る。

FELISI(フェリージ) ビジネスバッグ

詳細・購入はこちら

SAMSONITE(サムソナイト) 3WAYブリーフケース アーバントーン

1910年にアメリカで創業したスーツケースのリーディングカンパニー「SAMSONITE(サムソナイト)」。旅行者にとって最高のラゲージを作るという信念のもと、世界初の軽量スーツケースやキャスター付きスーツケースなどの現在では欠かせない機能を他者に先駆けて導入してきたブランドだ。アーバントーンはサムソナイトのビジカジコレクション。3WAYタイプのブリーフケースはテフロン加工高撥水ナイロンをメインに、握り心地を考慮して作られたレザーハンドルを組み合わせ。シンプルなデザインに、カジュアルステッチ、サイドベルトがほどよくカジュアルな雰囲気を漂わせている。

SAMSONITE(サムソナイト) 3wayブリーフケース

詳細・購入はこちら

2/8GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ