上質なビジネスバッグはメンズ必携のアイテム!バッグ専業ブランドからラグジュアリーブランドまで一挙紹介

Share

大人コーデにジャケットが欠かせない存在であるのと同様に、ビジネスシーンにおいて不可欠なものといえばビジネスバッグだ。代表的な存在であるブリーフケースはもちろん、ビジカジ化に伴いバックパックやトートバッグなどもビジネスマン向けのデザインで各ブランドより多く展開され、その選択肢はバラエティに富む。今回は「ビジネスバッグ」にフォーカスし、カテゴリー別に注目のアイテムを紹介!

CONTENTS

スポンサーリンク

ビジネスパーソン必携のメンズビジネスバッグ!機能性に優れた「ブリーフケース」を紹介

ビジネスバッグの中でも、多くのビジネスマンが使用する主流のバッグといえば“ブリーフケース”に他ならない。手持ちタイプのためジャケットにシワを作ることなくスーツスタイルをスマートに演出できるうえ、書類が軽々と入るマチの広さや仕分けされた多機能なポケットなど、ビジネスパーソンに寄り添ったデザインで利便性を追求している点も魅力だ。昨今ではスタイルチェンジが可能な3WAYタイプのものや、撥水性・耐久性などを兼ね備えた機能性に優れたバッグも各ブランドから多く展開されているので、自分のビジネススタイルに適した珠玉の品が見つかるはず。

ブリーフケースおすすめ①「PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ) Capitano CA010」

以前までは大容量のブリーフケースにスポットライトが当たっていたが、ペーパーレス化が進む現代においては薄マチデザインの人気が高まっている。「ペッレモルビダ」ではそんなビジネスマンの新しいスタイルに答えるべく、A4サイズは入るけど全体的にコンパクトなサイズ感に仕上げたブリーフケースを展開。高級感あるボディにはプリズムとよばれる水シボ柄の型押しを施したカーフレザーを採用しており、傷が目立ちにくいので長く愛用できる。

詳細・購入はこちら

ブリーフケースおすすめ②「BRIEFING(ブリーフィング) 3WAYブリーフケース NEO TRINITY LINER」

1998年に、米国の軍用規格であるミルスペックに準拠した真のミリタリズムを追求し、卓越した機能美を持つラゲージレーベルとしてとして始まった「ブリーフィング」。今回は同ブランドの定番であるLINERシリーズから3WAYブリーフケース、NEO TRINITY LINERをピックアップ。ブリーフケース/バックパック/ショルダーバッグの3タイプをシーンによって使い分けることができる優れモノ。内部はパソコンや書類をスマートに収納できるよう設計されており、ビジネスマンの優秀なパートナーとして活躍すること間違いなしだ。

詳細・購入はこちら

ブリーフケースおすすめ③「TUMI(トゥミ) ALPHA3」

「トゥミ」の看板モデルである「アルファ3」は、同ブランドがコンセプトとして掲げる高い機能性とモダンなデザインを体現した意欲作。たとえば、ラップトップ用の収納スペースや濡れた物を収納できる防水ポケットなど、用途別に全18個のポケットを完備するなど。1つのコンパートメントでマチが厚く作られているため、書類やファイルはもちろんのこと、ランチボックスなども軽々と収納できるのがウリだ。また、ショルダーストラップも付属しており2WAYで使えるのも嬉しい限り。

詳細・購入はこちら

ブリーフケースおすすめ④「FELISI(フェリージ) ビジネスバッグ 1882-DS 0045」

1973年にイタリアにて創業された「フェリージ」は、日本国内でも人気を集めるバッグブランド。そんな同ブランドの定番バッグとして多くの人に愛されているのが、ナイロン生地をメインにナチュラルレザーを組み合わせたコチラの一作。化繊でありながら滑らかな質感に仕上げたナイロンは高級感があり、所々にレザーを採用することでクラス感を漂わせたブリーフケースだ。A4サイズがすっぽりと収まる容量に加え、内ポケや南京錠も備わっているので使い勝手も申し分なし。また、ナイロンは高密度に織られており雨にも強いので、シーンを問わずに使えるハズだ。

詳細・購入はこちら

2/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する