旬なメンズアクセサリーブランド特集!

「ボタンを開けたシャツの胸元」「腕まくりして露出した手首」「ロールアップでチラ見せする足首」などアクセサリーが映えるシーズンが到来。センスの良し悪しが如実に現れるアイテムだからこそ、こだわりたい。今回はブレスレットを中心に注目される旬なメンズアクセサリーブランドをピックアップしていきます!

スポンサーリンク

Philippe Audibert(フィリップオーディベール)

1988年にスタートしたフランスのアクセサリーブランド。彫刻家としても知られるPhilippeAudibert氏がデザインを手がける。品質、デザイン性ともに非常に高く、フランスのブランドならではのシンプルでスタイリッシュなラインナップ。シルバーやゴールドの細やかなメタルパーツをベースにスワロフスキークリスタルを組み合わせたソリッドなデザインが魅力。

Philippe Audibert

詳細・購入はこちら

SCOSHA(スコーシャ)

NY発のアクセサリーブランド。旅を通じて得たインスピレーションをベースに「男らしさとフェミニン」「ラグジュアリーとチープ」などの相反するコンセプトをデザインに盛り込んでいることが特徴。1万程度からダイヤモンドを使用した100万円以上のブレスレットまで価格面のバリエーションも面白い。

スコーシャメンズアクセサリーブランド

詳細・購入はこちら

WAKAMI(ワカミ)

ロンハーマンでも入荷後、すぐに売り切れてしまうと話題のWAKAMI(ワカミ)。ワックスコードとビーズを主体にするナチュラルで繊細なデザインがユニセックスで使える。およそ40年続いた内戦でダメージを受けた農村部に住む女性職人たちが製造を担っており、フェアトレードを通じて彼女達を支援できるという意味ところも見逃せないポイントです!

ワカミブレスレットブランド

詳細・購入はこちら

KIEL JAMES PATRICK(キールジェイムスパトリック)

2008年に始動したアメリカのライフスタイルブランド。アメリカのヴィンテージアイテムにインスパイアされた、ロープや碇のモチーフを用いたブレスレットが特に人気。最近では日本国内のセレクトショップでも見かけるようになってきました。

KIEL JAMES PATRICK

詳細・購入はこちら

puravida(プラヴィーダ)

卒業旅行を通じてコスタリカの文化に魅了された2人の米国人サーファーが「コスタリカの職人をサポートしたい」という思いで2010年9月に立ち上げたブランド。PURA VIDAとは「純粋な生命」また「元気かい?」「元気だよ!」という挨拶でも使われるスペイン語。

puravidaプラヴィダブレスレットメンズ

詳細・購入はこちら

HARPO(アルポ)

1971年にフランスのパリで設立されたアクセサリーブランド。インディアンジュエリーにフランスのデザインエッセンスを取り入れることでスタイリッシュな仕上がりに。天然石、カラービーズ、スターリングシルバーを組み合わせながらフランスのデザインエッセンスを取り入れることで本来は無骨な印象のインディアンジュエリーをスタイリッシュに。

harpoパリスメンズアクセサリー

詳細・購入はこちら

CODY SANDERSON(コディーサンダーソン)

2002年にスタートしたアメリカのシルバーアクセサリーブランド。ブランドの名前でもあるコディ・サンダーソン氏が制作工程のほとんどを手がげていることから、大量生産が難しく希少価値が高い。国内外の多くのトップアーティストが愛用。特にスターモチーフのリングやブレスレットが人気。

codysandersonコディーサンダーソンメンズアクセサリー

ロイヤルフラッシュなど国内の数少ない取り扱い店舗では完売商品も多いのが現状。このブランドについてはBUYMAやLASOなど個人輸入サイト、中古品なども検討した方が良いかもしれません。→中古品含め探してみる

NORTHSKULL(ノーススカル)

2009年にロンドンでスタートした新鋭メンズアクセサリーブランド。知性の光るユニークなデザインだけではなく、高品質素材を使い作られているため耐久性があることも特徴。

ノーススカルロンドンメンズアクセサリー

日本ではほとんど取り扱いを見かけないのでBUYMAなどがおすすめ。→BUYMAで探してみる

PAUL HEWITT(ポールヒューイット)

2009年にドイツで設立された時計・アクセサリーブランド。リーズナブルな価格設定と高級感のあるデザインが魅力。

ポールヒューイットメンズアクセサリーブランド

こちらも日本未入荷。→BUYMAで探してみる

DEGS & SAL(デグズ&サル)

始動してからまだ数年の新星ながら海外のGQ表紙を飾ったり、ジャスティンビーバーが愛用していることなどアメリカを中心にホットなアクセサリーブランドとして注目されています。

DEGS & SALデグズ&サル

ニューヨークを拠点に活動するデザイナーが生み出すハイクオリティーかつ洗練されたラインナップが魅力ですが、残念ながら日本未上陸。→BUYMAで探してみる

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

PICK UP!

FASHION / PR

真の格好いいに出会えるのはココ!頼れるスタッフがいるショップ「ハケット ロンドン 銀座」

FASHION / PR

軽妙洒脱なビジネスマン御用達「HACKETT LONDON」の最新スーツスタイル

FASHION

春の装いを洒脱にみせる10のアウター紹介!

FASHION / PR

適度なハズしで洒脱にみせる!2018SSのジャケット&スーツスタイルを洗練に導くカギ

FASHION / PR

男の春コーデは、モダンクラシックなベルスタッフでこんなに見違える!

FASHION / PR

今季のスポーツMIXスタイルは「ナイロン×スウェット」の異素材コーデがキーワード!

FASHION / PR

Tシャツの上に羽織れる「秀逸ブルゾン」で春の着こなしを格上げ!

GOODS / PR

クールビズを格上げする12の方法とは?

FASHION / PR

今年の春はどっちを選ぶ?ホワイトジーンズvsブラックジーンズ

FASHION

春コーデ メンズ【2018最新メンズファッション】

FASHION

春服をスタイリッシュに。2018年春のメンズ服を厳選ピック!

FASHION

スニーカーを使った春のメンズコーデ特集

FASHION / PR

2018SSの最旬アイテムでつくる春カジスタイル事例集!

GOODS / PR

【問題】コーヒーをバシャっ!とかぶってもシミ皆無だった最強アイテムはこの中のどれ?

FASHION / PROMOTION

フランス仕込みのモテニットといえば「ルトロワ」でキマり!4つの魅力と旬なコーデを紹介

公式 Instagram スナップ