メンズ スーツ【イタリアのファクトリーブランドが人気!5つの理由とは?】

多くのビジネスマンにとってのスーツは、戦士にとっての「鎧」のようなもの。なくてはならないアイテムです。「高すぎるスーツには手を出す気にはなれない。でも安かろう悪かろうのスーツは避けたい。」というのが男性の偽らざる本音ではないでしょうか?そんな男性にぜひ選択肢に入れていただきたいのが、「ラルディーニ」「ボリオリ」「タリアトーレ」「イザイア」などイタリアのファクトリーブランドのスーツ。今回はファクトリーブランドのスーツをおすすめする理由を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

①「ブランドプレミアムをのせない良心的な価格で上質なスーツを提供。コスパにこだわる男性にこそオススメ。」

いわゆるファクトリーブランドは、その名の通りハイブランド、ラグジュアリーブランドのスーツ生産を担う工場・工房が原点です。ハイブランド、ラグジュアリーブランドのスーツは、基本的に有力デザイナーによるデザイン、製造工場の職人的技術、選び抜かれた高級素材から成り立っていますのでデザイン性・品質ともにハイレベルです。しかしながら、それらにかかるコストに加えてファッション誌への広告費用やファッションショー、一等地への出店など、高いブランドイメージをキープするためにスーツという製品そのもの以外に多額のコストが上乗せされています。考えようによっては割高という考え方もできるかもしれません。それに対してファクトリー系ブランドは、持ち前の製造ノウハウに加えて、一流ブランドからの仕事を長年こなしていく中で高いデザインセンスを獲得しています。すなわち「高品質でスタイリッシュなスーツ」を提供できる実力を備えているわけです。その上、直接スーツ製造に関わらない広告費などのコストを最小限に抑えているので消費者にとって良心的な価格でスーツの提供が可能になります。

②「クラシックスーツにトレンドを取り入れたバランス感が時代の要請にマッチしている」

メンズスーツブランドlardinilardini.it

ハイブランドも多種多様ですが基本的には毎シーズン、デザインに変化を加えながら(時には奇抜なデザインも取り入れながら)商品をリリースします。スーツも例外ではありません。いわゆるクラシックスーツが長年にわたって変化することない普遍的なダンディズムを体現するのに対して、ハイブランドのスーツは目まぐるしく変わる流行の最先端をいくもの。しばしば語られる「クラシックとモードの対立」の構図ですね。「変化しないことを良しとする文化」と「変化を良しとする文化」として線引きが可能かもしれません。ファクトリー系ブランドのスーツは基本的にはスタンダードなクラシックスーツをベースとしながらも、ほどよく流行を取り入れたものが多く「伝統の型にはまりすぎたスタイルにも、流行を追求しすぎるスタイルにも満足しない」多くの男性の価値観にフィットしています。また「オーソドックスなデザインなので職場でひんしゅくを買わないこと」「ブランドが相手にばれても嫌味がないこと」は、ビジネスマンにとって嬉しいポイントではないでしょうか。

③「ファクトリーブランドは、年々ブランド力が高くなっている」

イタリアファクトリーブランド

昔は知る人ぞ知るイタリアファクトリー系ブランドでしたが、国内雑誌でも特集が組まれたりセレクトショップで展開されたりとブランドの認知・イメージが上がり、下手なブランドよりも良好なイメージを獲得しています。一流ブランドのスーツや生地の製造工場であったゼニアがいまや一流ブランドへと変貌を遂げたのは最たる例ですね。また最近では、一流ブランドが老舗ファクトリーに生産を委託していることを示すことで信頼性を高めるといった「逆転現象的な動き」も見られます。

④「既製品のためオーダーよりも安心」

ファクトリーブランドとして日本で特に人気を集めるのは「ラルディーニ」「ボリオリ」「タリアトーレ」あたりでしょうか。生地やブランド、ディテールにもよりますが10万円〜15万円の価格帯が多いですね。そうなってくると「オーダースーツ」が選択肢に入ってきます。テーラーが採寸を行い型紙からおこしていくフルオーダーは難しくても、既定のスーツデザインベースを個々の体型に微調整するパターンオーダー、既定のパターン型紙を体型にあわせて微調整していくイージーオーダーは十分に可能でしょう。しかしパターンオーダー、イージーオーダーともにベーススーツや型紙のデザイン、テーラーの経験・技術・センス、そして顧客側のテーラーに的確に要望を伝える能力といった複数の変数によって仕上がりの良し悪しが大きく左右されます。「スーツのオーダーで想定通りの仕上がりにならなかった」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。それに対してファクトリーブランドのスーツは、既製品のためスタイリッシュなスーツとして完成されています。1着目は失敗しても、2着目・3着目とステップを踏みながら理想に近づけていくという根気のある方でなければ既製品の方が間違いなく安心です。

⑤「肩幅があったり、手が長い人に特におすすめ」

「肩幅が広かったり手が長い人」いわゆる標準的な日本人体型比較において、身長に対して裄丈が長い人は国産吊るしのスーツが合わないことが多く困っているもの。裄丈に合わせてスーツのサイズをワンサイズ上げて胴回りが太くなってしまうケース、逆に胴回りにあわせて袖が短くなったり肩がパツパツになるというケースに悩まされる方も多いのではないでしょうか。ファクトリーブランドのスーツは、セレクトショップ別注品などを除き欧米人体型に合わせて作られているので、そんな贅沢な悩み?を抱える方には特におすすめです。

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

PICK UP!

FASHION / PR

真の格好いいに出会えるのはココ!頼れるスタッフがいるショップ「ハケット ロンドン 銀座」

FASHION / PR

軽妙洒脱なビジネスマン御用達「HACKETT LONDON」の最新スーツスタイル

FASHION

春の装いを洒脱にみせる10のアウター紹介!

FASHION / PR

適度なハズしで洒脱にみせる!2018SSのジャケット&スーツスタイルを洗練に導くカギ

FASHION / PR

男の春コーデは、モダンクラシックなベルスタッフでこんなに見違える!

FASHION / PR

今季のスポーツMIXスタイルは「ナイロン×スウェット」の異素材コーデがキーワード!

FASHION / PR

Tシャツの上に羽織れる「秀逸ブルゾン」で春の着こなしを格上げ!

GOODS / PR

クールビズを格上げする12の方法とは?

FASHION / PR

今年の春はどっちを選ぶ?ホワイトジーンズvsブラックジーンズ

FASHION

春コーデ メンズ【2018最新メンズファッション】

FASHION

春服をスタイリッシュに。2018年春のメンズ服を厳選ピック!

FASHION

スニーカーを使った春のメンズコーデ特集

FASHION / PR

2018SSの最旬アイテムでつくる春カジスタイル事例集!

GOODS / PR

【問題】コーヒーをバシャっ!とかぶってもシミ皆無だった最強アイテムはこの中のどれ?

FASHION / PROMOTION

フランス仕込みのモテニットといえば「ルトロワ」でキマり!4つの魅力と旬なコーデを紹介

公式 Instagram スナップ