扇子 メンズ ブランド特集!こだわりの逸品を手掛けるメーカー5選

Share

言わずと知れた日本古来の伝統工芸品であることはもちろん、近年はファッションアイテムとしても人気が高い扇子。ビジネスマンのクールビズとして重宝するだけでなく、自分らしさを表現するのに相応しい、日本の紳士のためのアイテムだ。今回は、こだわりの逸品を手がける扇子ブランドをピックアップし、おすすめの扇子を紹介!

スポンサーリンク

扇子ブランド①「白竹堂」

享保三年(1718年)創業という、実に300年の歴史を誇る「京扇子」のメーカーだ。京扇子は、扇面・扇骨・仕上げ加工すべて京都・滋賀を中心とした国内で生産した扇子の指したもの。骨作りから地紙づくり、絵付け、組み立てなど約88もの工程があり、そのほとんどが手仕事。それぞれの工程に特化した職人による分業体制で、腕を振るっている。白竹堂では、伝承の技を駆使した京扇子や古典的な扇子から、レースやラインストーンをあしらい洋の感覚を取り入れたファッション性の高い扇子、異業種やアーティストとのコラボレーション品まで幅広く展開。熟練技術を継承しながら常に使用者の目線に立ち、時代のニーズに応えている。

白竹堂「脇彩小紋 紳士セット」

開いた状態ではシンプルかつシックな表情だが、閉じれば脇に小紋柄が浮かび上がる仕様になっており、開いたときと閉じたときで異なる表情を楽しめる。ちりめん生地で作られた扇子袋にも同じ小紋柄が配され、遊び心のあるデザインに。

詳細・購入はこちら

白竹堂の扇子を探す

白竹堂「つむぎかすり扇子セット」

シックな扇面と黒の染め骨が大人な雰囲気を醸し出す扇子。紬絣(つむぎかすり)調の生地と太めの扇骨を組み合わせた造形美は重厚感に溢れている。「骨太な男」にぴったりの、タフな風格を備える1本だ。

詳細・購入はこちら

白竹堂の扇子を探す

白竹堂「ヘリンボーンデニム扇子セット」

日本のデニムの聖地としてしられる岡山で作り上げたヘリンボーン柄のデニムを使用した一品。濃色に染め上げているためカジュアル過ぎず、むしろ落ち着いた印象に仕上がっていて日常使いにも丁度いい。文化財建築物などに良く見られる唐木染めを用いて親骨を染色しているため高級感があり、これ見よがしでなくステータス性をアピールできる点も◎

詳細・購入はこちら

白竹堂の扇子を探す

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ