膝上ショートパンツ メンズ特集

春夏の代表的アイテム「ショートパンツ」。中でも、膝上丈のデザインはトレンドアイテムとして人気が高い。今回は”膝上ショートパンツ”にフォーカスして注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

PT BERMUDA(ピーティーバミューダ) バミューダパンツ

PT BERMUDA(ピーティーバミューダ)は、パンツ専業ブランドとして世界から人気を集めているPT01のハーフパンツライン。PT01ならではの型紙テクニックによって、子供っぽい印象を与えやすいショートパンツもスマートに演出してくれる。ボタンのカラーリングやベルトピンフック、コインポケット仕様など随所に施されたアレンジが洒脱な雰囲気を醸し出す。

詳細・購入はこちら

GTA(ジーティーアー) 1プリーツショーツ Byron

1955年、イタリアにて創業されたパンツ専門ファクトリーから始まった「GTA(ジーティーアー)」。新定番として注目を集めているモデルVAYRON。先端に向かうごとに細くなっていくグルカパンツのような持ち出しベルトが特徴だ。ベルトレスでパンツを履くスタイルにも活躍を期待できる。素材にはポリウレタンミックスによって高い伸縮性を実現したコットン生地を採用。プリーツや裾のダブル仕上げなど、こだわりの詰まった一本だ。

詳細・購入はこちら 

INCOTEX (インコテックス) SLIM FIT コットンストレッチ ターンナップショーツ

1951年にパンツ専業メーカーとして開業した「INCOTEX(インコテックス)」。専門的な技術と品質の高さで評判を呼び、確かな素材選び、巧みな裁断縫製技術、細部まで行き届いたこだわりが人気を集めている。世界の名だたる一流メゾンが生産を依頼してくるなど、業界からの評価も高いブランドだ。ショートパンツは、腿から裾にかけてテーパードをきかせた美しいシルエットが特徴。インディゴコットン素材を製品洗いした程よい色落ちとソフトな履き心地はインコテックスならではのアレンジだ。カジュアルな仕上がりにも、本格的なテーラードパンツの仕様を取り入れるこだわりも見逃せない。

詳細・購入はこちら

ENTRE AMIS(アントレアミ) コットンショートパンツ

2007年、イタリアはナポリにてスタートした、フィッティング性と履き心地の良さを追求したパンツ専業ブランド「ENTRE AMIS(アントレアミ)」。ブランドマネージャーAntonio Casilloentre氏の両親は、ファブリック会社を40年以上経営している影響もあり、様々な生地やシルエットのデザインを毎シーズン多く展開している。ショーツは研究し尽くされた型紙と程よいストレッチのきいたコットン生地が身体によく馴染むデザイン。

詳細・購入はこちら

HYDROGEN(ハイドロゲン) アイコンカモフラージュ カーゴショートパンツ

2003年にスタートしたイタリア発のカジュアルファッションブランド「HYDROGEN(ハイドロゲン) 」。ドクロのアイコニックデザインや前例のないコラボレーション戦略によって創業から10年足らずで世界へ名を轟かせるブランドとなった。こちらは、カーゴポケットが施されたチノショーツ。バックスタイルにはアイコニックのロゴデザインをセット。

詳細・購入はこちら

PS BY PAUL SMITH チノショートパンツ

ひねりのあるクラシックをコレクションで提案するポールスミスのディフュージョンライン「PS BY PAUL SMITH(ピーエスバイポールスミス)」。2016年よりスタート。カジュアルなルックスのチノショートパンツ。バックポケットの上部にはブランドロゴをセット。バックポケットを左右で仕様を変えている点にも注目したい。

詳細・購入はこちら

GRAMICCI(グラミチ) エアー ショーツ ハーフパンツ

アウトドアへの情熱を表現した 個性的キャラクター「ランニングマン」が ブランドアイコンとして知られる「GRAMICCI(グラミチ)」。180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」や片手でウエスト調整が可能な「Webbingベルト」を採用したグラミチパンツが人気を集めている。こちらは、薄手のポリエステル生地を使用したアクティブストレッチショートパンツ。 ポリエステルならではのシャリ感溢れる肌触りとストレスフリーなストレッチのきいた履き心地が魅力だ。

詳細・購入はこちら

N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド) 54 pieces SWEAT SHORTS

2000年に尾花大輔(おばな だいすけ)氏が「MISTER HOLLYWOOD」という古着やリメイク品を販売していたショップを設立。その後、2002年春夏シーズンより「N.Hoolywood」というブランド名で東京コレクションを発表したことが始まりだ。古着のリメイクから全く新たな価値を表現するブランドで知られている。今回取り上げるショーツは、N.HOOLYWOODのラインの中でもスタンダードを代表する、N.HOOLYWOOD UNDER WEARから。同ラインのパーカと同じ生地を使用したデザインだ。もっちりとした弾力のある生地感を生かしながら、すっきりとした細身シルエットに。 クロッチ部分は動きやすさを考慮したガセットリブ仕様。

詳細・購入はこちら

CHARI&CO(チャリアンドコー) DYNAMIC SHORTS ショートパンツ

日本人が立ち上げた、ニューヨーク発の自転車ブランド「CHARI & CO NYC(チャリアンドコー)」。コットン&ポリエステル&ポリウレタンのミックスによって、強力なストレッチ性を持たせることで機能性を向上させているため、サイクリングなどで使用するスポーツウェアとしても活躍を期待できるショーツ。コインポケット仕様などの機能性を考慮したデザインにも注目。

詳細・購入はこちら

GIORGIO BRATO(ジョルジオブラット) ハーフパンツ

斬新な質感のレザーと、パンクにインスパイアされた、ヴィンテージスタイルが特徴的なブランド「GIORGIO BRATO(ジョルジオブラット)」。イタリアの革職人の家系に生まれ育ったGiorgio Braschi氏がデザイナーを務めるレザーブランドとして有名だ。そんなレザーブランドならではの加工を思わせる特徴的な凹凸を生地に反映したショートパンツ。コットンポリエステルのミックスファブリックながら、武骨な雰囲気を漂わせている。

詳細・購入はこちら

rag & bone(ラグ&ボーン) STANDARD ISSUE SHORT

2002年にマーカス・ウェインライト氏とデヴィッド・ネヴィル氏が始動した米国ブランド「Rag & Bone(ラグアンドボーン)」。ファッションデザイナーとして教育を受けていない二人が「毎日着たくなるような服を作りたい」という想いの元、ジーンズのコレクションを展開したことからスタートしている。STANDARD ISSUEコレクションから新定番として登場したコットンショートパンツ。スリムなシルエットがスタイリングをスマートに見せてくれる。素材は日本製、生産はアメリカで行うこだわりも。

詳細・購入はこちら

DIESEL(ディーゼル) ショートパンツ UMLB-PAN SHORTS

1978年にレンツォ・ロッソ(renzo rosso)氏がイタリアにて立ち上げて以来、ウェアは勿論ジーパンをはじめ、家具や雑貨なども主力として手掛けるオールマイティなブランドといえば「DIESEL(ディーゼル)」だ。快適な穿き心地のスウェット素材のハーフショーツをピックアップ。股下20cm以下のショートレングスが着こなしに軽快な印象を与えてくれる。

詳細・購入はこちら

VENROY Lounge デッキショーツ

オーストラリアのシドニーにてスタートしたスウィムウェアブランドVENROY(ベンロイ)」。質実剛健なもの作りにこだわり、オーセンティックな美しさと、自由で開放的な雰囲気をあわせもつプロダクトを生み出すことをモットーに活動を続けている。太めに設計されたドローコードがアクセントのショートパンツはリネン生地の採用によって清涼感溢れる仕上がりに。

詳細・購入はこちら

FIVE BROTHER(ファイブブラザー) TERRY SHORT PANTS

1890年ニューヨークでスタートした「FIVE BROTHER(ファイブブラザー)」。 ワークウェアブランドとして知られているが、モダンヘリテージラインは現代に向けた洗練コレクションを展開している。こちらは、世界に誇る品質の高さで知られる愛媛県今治市のタオルブランド「今治タオル」を生地に採用したショートパンツ。驚異的な吸水力で汗をかく夏シーズンも快適に。ウエストは総ゴム仕様を採用しているため、履き心地も◎。

詳細・購入はこちら

BEAMS PLUS(ビームスプラス) ツイル2P ショーツ

日本のセレクトショップビームスから展開されている「永年着られる飽きのこない本物の男服」をコンセプトに、次世代へと続くカジュアルウェアのオーセンティックを追求するブランド「BEAMS PLUS(ビームスプラス)」。インプリーツのツータックやコインポケットのディテールがクラシカルな印象を演出したショートパンツ。生地には、今シーズンのトレンドをキャッチしたアースカラーのチノ素材を採用。

詳細・購入はこちら

SHIPS(シップス) THOMSON

SHIPSが国内で最初に販売をはじめたとも言われるブランドのひとつである「THOMSON(トムソン)」。1946年創業のアメリカのトラウザーズブランドだ。夏に最適なトロピカルウール素材を採用した2タックショーツをピックアップ。内部構造にまでこだわった非常に複雑な仕様であり、国内有数のドレススラックス専業の縫製工場にて生産しているプレミアムなアイテムだ。タグにはエクスクルーシブの証が刻まれている。

詳細・購入はこちら

ONIA Austin デッキショーツ

2009年にスウィムウェアブランドとしてマイアミでスタートした「ONIA(オニア)」。革新的なフィット感と高品質のマテリアルで仕上げられた洗練シルエットが特徴だ。ひとつの商品ごとに厳密なテストが行われ、細部まで丁寧に仕上げられたコレクションは長年での使用を期待できる。そんなスイムウェアを中心に取り扱うブランドからリネンで仕立てられた清涼感溢れるデッキショーツをピック。裾を三本針ステッチで抑えるなど、丈夫さを意識した仕様が魅力的。

詳細・購入はこちら

LACOSTE(ラコステ) ショーツ

1933年にフランスのテニスプレーヤーであるルネ・ラコステ氏が、ピケ素材の快適な半袖シャツを開発したことから生まれたブランド「LACOSTE(ラコステ)」。現在はトータルファッションブランドとして不動の地位を築き上げている。ピンストライプのプリントが施されたこちらのショーツは軽量のコットンクレポン素材を採用。クレープ素材のようなシボ感が清涼感溢れる風合いを演出。

詳細・購入はこちら

FRED PERRY(フレッドペリー) ハーフパンツ WIDE SHORTS

1952年に創業した英国ブランド「FRED PERRY(フレッドペリー)」。ブランド名は、創始者であり一流テニスプレイヤーとしても知られるフレデリック・ジョン・ペリー氏から来ている。スポーツウェアから始まったブランドなだけあり、履き心地の良いスポーティなアイテムのデザインが特徴だ。スーツのような風合いのワイドショーツには、ウエストベルトのバック部分をゴムアジャスター仕様にすることでアーカイブスポーツディティールを上手に落とし込んでいる。

詳細・購入はこちら

DSQUARED2 バミューダショーツ

1994年、カナダ出身のディーン氏とダン・ケイティン氏による双子兄弟が設立したファッションブランド「DSQUARED2(ディースクエアード)」。カナダに生まれ、ミラノでキャリアを積み、ロンドンに在住しながらイタリアでコレクションを発表し続ける彼らの多様なバックグラウンドが反映されたデザインが世界から注目を集めている。スウェットショーツはミニマルなデザインが特徴。伸縮性の高いゴムウエストベルトを採用しながらも、前立てのディテールを施すことでパンツのらしさをキープ。

詳細・購入はこちら

THOM BROWNE チノショートパンツ

2001年にトム ブラウン氏が自身の名前を冠にして立ち上げたファッションブランド。創設者は、ラルフローレンの展開するブランドのデザイナーとして活躍した経験も持つ。デザインのベースは50年代後半~60年代前半のスタイルとの繋がりが特徴だ。中でもトリコロールのデザインはTHOM BROWNEの十八番。アメリカの星条旗をイメージして作られたと言われているこのデザインは、ブランドが展開するコレクションの多くに施されている。ショートパンツには後ろウエストベルトのセンターにトリコロールが縫い付けられている。アイコニックロゴに加えて、脇寄りに施されたプリーツのディテールも個性的だ。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

公式 Instagram スナップ