人気ブランドの「大人デイパック」を紹介!メンズにおすすめのリュックを5タイプに分けて厳選

Share

1950年台にアウトドアカルチャーから生まれた“デイパック”は、その使い勝手の良さから一気に世に浸透し、昨今では休日はもちろんビジネスシーンでも愛される定番バッグとしての地位を確立している。しかし、起源がゆえにデザインによってはスポーティー過ぎて大人が使うには落ち着きや上品さに欠けた印象を与えてしまう恐れも。そこで今回は“大人が使うのに最適なデイパック”をテーマに、5タイプの切り口から人気ブランドの注目モデルを紹介!

スポンサーリンク

タイプ①「汎用性を重視するなら、これ見よがし感ゼロの“黒”デイパック」

カバンの定番色とされている“黒”のデイパックは、これ見よがしな印象がゼロであらゆるコーディネートにフィットする。無難な印象であるため、さりげなくデザイン性に富んだモデルを選んでもTOO MUCHな印象を回避しやすいのが魅力だ。

黒のデイパックおすすめ①「静かに主張する頑強な異素材コントラストが良い!“BRIEFING(ブリーフィング)のDELTA ALPHA PACK M”」

ベーシックなスタイルに新たな解釈を加え、ブリーフィングらしい耐久性のある機能美を追求した新シリーズのデイパック。強度、耐久性、耐摩耗性に優れた「バリスティックナイロン」と、耐摩耗、耐水、耐圧性を備えた「ラバーハイパロン」を組み合わせた異素材のコントラストが奥行きのある表情を演出する。全体を黒でまとめたミニマルな佇まいながら、ブリーフィングを象徴するレッドラインをカバンの内部に配置することで、ブランドイメージを裏切らない武骨な雰囲気をキープ。ジップポケットに斜めのカッティングを取り入れて小物類の出し入れをしやすくするなど、実用性を考慮して完成された独特のフォルムやディテールもグッとくる。

ブリーフィングの鞄5万600円(阪急メンズ東京 03-6252-1381)ディーゼルのスウェット2万5300円(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)ナイジェル・ケーボンのショーツ2万9700円(アウターリミッツ 03-5413-6957)オークリーのサングラス2万20円(ルックスオティカジャパン 0120-009-146)G-SHOCKの時計1万4850円(カシオ計算機 お客様相談室 03-5334-4869

デイパックのお問い合わせ先:03-6252-1381(阪急メンズ東京)

黒のデイパックおすすめ②「軽くて丈夫なキャンバスバッグをより高級な仕様で愉しむ。“Felisi(フェリージ)の20/70/NU+A”」

ナイロンとコットンを混紡することで、軽くて丈夫なうえ、水や汚れにも強い機能性を持つキャンバスを使用したバックパック。肌当たりが柔らかいショルダーテープや、クッション性のあるメッシュ素材を採用した背面側のライニングなど、それぞれのディテールごとに最適な素材を採用することで、実用性が高く高級感のある仕上がりとなっている。ファスナー引き手やブランドロゴパッチ、テープ先には、使うほどに自然な艶が増す上質なバケッタレザーを採用。13インチのノートパソコンが楽に収納できる大容量も嬉しい。ありそうで他に無い、上質なキャンバス地のデイパックだ。

フェリージの鞄7万9200円(フェリージ オンラインショップカスタマーセンター 0120-863-745)ジョン スメドレーのニット3万800円(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)セラードアーのパンツ4万7300円(ストラスブルゴ 0120-383-653)レイバンのサングラス2万3980円(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 03-3514-2950)アティースのバングル2万9700円(チャコールグリーン トーキョー 03-5410-8186

デイパックの詳細はこちら

黒のデイパックおすすめ③「細部の高級感にこだわったシンプル顔“GENTLEMAN PROJECTS(ジェントルマン プロジェクト)のRAMIEL”」

世界基準での現代的ベーシックなデイパックを研究しつつ、細部の高級感にこだわることでシンプルながら華のある印象に仕上げられたデイパック“RAMIEL”。ブラックニッケルの金具パーツや光沢のあるメインファブリック、ブランドロゴがひかえめに刻印されたレザーパッチなど、随所に施された工夫が他とは一線を画する魅力を演出する。1万円台前半で購入可能というコスパの良さも◎

ジェントルマン プロジェクトの鞄 1万2300円(ジェントルマン プロジェクト https://www.gentleman-projects.com

デイパックの詳細はこちら

黒のデイパックおすすめ④「実用性・機能性・耐久性の高さを追求したミリタリー級スペック!“PORTER(ポーター)のFLYING ACE DAYPACK”」

1950年代初頭に製造された、U.S. AIR FORCEのナイロン製飛行服“FLYING SUIT / TYPE K-2A”のディテールをモチーフに「実用性・機能性・耐久性の高さ」を追求したシリーズのデイパックをピックアップ。摩擦や屈曲性に優れ、滑らかで光沢感のある高密度ナイロンオックスは、糸から組織まで新たに開発した完全オリジナル素材。さらに独特な光沢感とハリ感を向上させるシレ―加工が施されている。随所に施されたミリタリーテイストを彷彿とさせるディテールは、どれもリアルなミリタリーウェアを参考に落とし込んだデザイン。軍の物資を調達する際の規格が記載されたウーブンラベルをモチーフにしたオリジナルのスペックタグ、国籍や部隊を記したインシグニアをベースにしたオリジナルインシグニア“P.Y. AIR FORCE”のプリントなど、随所に男心をくすぐるこだわりを感じる逸品だ。

ポーターの鞄5万3900円(吉田 03-3862-1021)イースト ハーバー サープラスのシャツ2万7500円(エスディーアイ 03-6721-1070)ブリリア 1949のショーツ2万9700円(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)その他スタイリスト私物

デイパックの詳細はこちら

黒のデイパックおすすめ⑤「マットな光沢を放つオリジナルレザーで都会顔に“FARO(ファーロ)のFlight Rucksack”」

撥水性・防汚性・軽量性に優れたブランドオリジナルの「Flight Leather」をメインに採用したシンプルデザインのバックパック。洗練された外観に対して、内部には書類やPCなどを収納可能なポケットを搭載した実用的な仕上がりのため、ビジネスシーンでも重宝することうけあいだ。別売りの「Fragment Pouch S」を装着することで収納機能を拡張できるなど、カスタマイズできる楽しみがあるのもgood。

ファーロの鞄6万500円(ユニオンゲートグループ 03-6427-3901)アール&ブルースのシャツ2万6400円〈オーダー価格〉(Y&Mプレスルーム 03-3401-5788)ブリリア 1949のショーツ2万9700円(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567

デイパックの詳細はこちら

タイプ②「実はモノトーン同等に使いやすい!こなれ感を醸す“ベージュレザー”デイパック」

無難な色に食傷を感じてはいるものの、デイユースとしての使いやすさは諦めたくない。そんな方にオススメしたいのがベージュレザーのデイパックだ。ベージュは鞄のカテゴリーの中では決してポピュラーなカラーでは無いものの、ブラック、ネイビー、グレーなどのメンズ定番色をはじめ、旬なグリーンやブラウンといったあらゆるカラーのコーディネートと好相性。実は汎用性の高さが光るジョーカー的な存在だ。レザーの高級感があれば、チープな印象を与える心配も無し。とっておきのベージュレザーデイパックでコーデを一新してみては?

ベージュレザーデイパックおすすめ①「肉厚なのに柔らか。オリジナルレシピのレザーを惜しみなく使った“PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)のMB060”」

デザイン、クオリティ、コスパに優れた日本ブランドのペッレ モルビダが誇るオリジナルレシピで開発された、やわらかなシュリンクレザーを惜しみなく使用したベージュレザーデイパック。このシュリンクレザーは“Maiden Voyage(メイデンヴォヤージュ)”というシリーズ名で展開されており、日本の皮革名生産地である姫路松原地区で開発されたもの。丹念に下地を鞣し、乾燥後に専用のマシーンでバタ振り、さらに乾燥後の軽いアイロン掛けで艶を調整するなど、熟練した日本の革職人が約40日の手間隙をかけて仕上げているというから驚きだ。上品で味のあるシボ立ちの風合いを活かすように、デイパックはミニマルな佇まい。しかし、よく見ると背面には使用頻度が高いものなどを出し入れしやすいジップ付ポケットを備えていたり、内側には小物類を収納しやすいポケットを多数設けるなど、実用性も非常に優れている。高級感と実用性を両立した、まさに上質を知る大人向けのバックパックだ。

ペッレ モルビダの鞄5万9400円(ペッレ モルビダ 銀座 03-5524-2808)麻布テーラーのスーツ9万3500円(Y&Mプレスルーム 03-3401-5788)セイコー 5スポーツの時計3万7400円(セイコーウオッチ お客様相談室 0120-061-012)サブソルの靴2万4200円(ORGY STORE 03-6456-4422)その他スタイリスト私物

デイパックの詳細はこちら

ベージュレザーデイパックおすすめ②「上質な天然レザーの魅力をMade In Itaryで骨の髄まで味わえる“Cisei(シセイ)の1213 LD BACKPACK”」

上質な天然皮革のレザーを大面積のパーツで贅沢に組み合わせたシセイのバックパック。ショルダーストラップに至るまで、全てレザーで構成されている圧倒的な高級感が堪らない。この強インパクトの形状は、機能性を求め辿り着いたデザインだという。あらゆるアイテムを収納できる大容量で、カジュアルな普段使いはもちろん、通勤用バッグとしても対応可能だ。ライニングは豚革スウェードとLIMONTA社の高品質ナイロンを使用。表革との共縫い製法によりバッグの型崩れを防ぐなど、外からは見えないところにまであらゆる工夫が施されている。

シセイの鞄16万9400円(ストラスブルゴ 0120-383-563)テーラーフィールズのスーツ7万1500円〈以上オーダー価格〉(Y&Mプレスルーム 03-3401-5788)レイバンのサングラス2万8380円(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 03-3514-2950

デイパックの詳細はこちら

タイプ③「デイパックで遊ぶなら“ミリタリーテイストのミックス”が大人っぽい」

着こなしのアクセントや、遊び心の演出にも使えるデイパック。着こなしのポイントとなるデイパックを選ぶなら、今季はミリタリーテイストをミックスしたデザインが狙い目。ヴィンテージブームによってミリタリーウェアも注目を集める昨今、取り入れることで感度の高さをアピールできることうけあいだ。とりわけミリタリー系のアイテムに多く見られるアースカラーは様々なカラーリングに取り入れやすいため、ぜひチェックしてみて欲しい。

ミリタリーテイストMIXのおすすめデイパック「異素材MIXでタフなのに遊び心たっぷりな見た目に!“DIESEL(ディーゼル)のBACKYO”」

耐久性に優れたリップストップナイロンをベースに、フロントのダブル3DポケットにはTPUコーティングを施すことで耐久性を向上させながら、異素材MIXによる遊び心を演出したディーゼルのデイパック。ミリタリーテイストを後押しするスライダーやコードストラップのアクセントも絶妙だ。随所に黒パーツを配置して都会的に引き締めているため、シックなスタイルにも合わせやすい。

ディーゼルの鞄2万2000円(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)シーグリーンのシャツ1万9800円(タトラスインターナショナル 03-5708-5188)ナイジェル・ケーボンのショーツ2万9700円(アウターリミッツ 03-5413-6957

デイパックの詳細はこちら

タイプ④「ストイックなデイパックは凛とした“ネイビー”で夏顔に」

装飾を極力省いてとことんストイックにまとめたデイパックも魅力的。ネイビーを選べば、ほどよく清涼感のあるムードが漂う。黒ほど控えめにならず、凛とした表情を演出可能だ。

ネイビーデイパックおすすめ「ひたすら上品で機能的。“STANDARD SUPPLY(スタンダード サプライ)のCOMMUTE DAYPACK”」

スタンダード サプライから「日々の生活で必要なものをシンプルかつ機能的に。」そんなテーマを掲げた、SIMPLICITYシリーズのデイパックをピックアップ。手の負担を軽減するグローブレザーを巻いたハンドル、開閉がラクなマジックテープ仕様のサイドポケット、左右どちらからでもファスナーを開閉できるフロントポケットなど、痒い所に手が届く工夫が随所に施されている。アウトドアウェアにも使用される綿60%、ナイロン40%のファブリックや、通常ファスナーよりも高級感のある光沢を放つEXCELLAを使用するなど、素材へのこだわりもピカイチ。

スタンダードサプライの鞄1万9800円(STANDARD SUPPLY 二子玉川 03-5797-9311)

デイパックの詳細はこちら

タイプ⑤「抜け感が旬なイマだからこそ“ワンショル”のデイパックという選択肢」

着こなしにこなれ感や抜け感を演出する“たすき掛けスタイル”が注目を集めているイマだからこそ、あえてワンショルダーで抜け感のあるデイパックを選ぶのもアリだ。ワンショルダー型のデイパックは比較的サイズが小さめ。小柄なデイパックは通常の両肩掛けだとフェミニンな印象だが、ワンショルダーなら違和感なく取り入れられる。スマホひとつで決済できて財布を携帯する必要性が減った現在、持ち運ぶものは必要最低限でOKという方なら、バッグのサイズも小さくするのがちょうど良いかも。さらにワンショルダーなら、着こなしを新鮮な印象に仕上げるのにも最適だ。

ワンショルのおすすめデイパック「シグネチャーロゴの高級感のあるアクセントが◎ “MICHAEL KORS MENS(マイケル・コース メンズ)のHUDSON”」

シグネチャーロゴプリントキャンバスを使った、存在感のあるデザインを採用したマイケル・コース メンズの“HUDSON”。モノトーンコーデやシンプルなスタイルで物足りなさを感じたら、こんなバッグでアクセント足しするのが最適だ。小ぶりな見た目以上の収納力を備えており、ストラップはその日のスタイリングに合わせて位置を調節できる仕様に。底面があるため、床に立てて置けるのも便利なポイントだ。

マイケル・コース メンズの鞄4万9500円(マイケル・コース カスタマーサービス 03-5772-4611)ニードルス オリジナルチャコールのシャツ1万7600円、ショーツ1万5400円(チャコール トーキョー 03-6432-5267)フルーツオブザルームの2Pパックカットソー2090円(FTLジャパン 03-6303-4710)レイバンのサングラス2万3980円(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 03-3514-2950)その他スタイリスト私物

デイパックの詳細はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する