レインシューズ/ブーツで雨の日もスマートに!メンズにおすすめのアイテムを紹介

Share

雨の日はコーディネートの幅が限られ、気分も憂鬱になりがち。特に足元は、革靴など水に弱いアイテムがNGになるため選択肢は大きく制限される。そんな雨の日に主役として活躍するのがレインシューズだ。水に濡れることを気にせずはけるのはもちろん、昨今ではデザイン性の高いアイテムも多いため、憂鬱な気分も晴れるはず。今回は「レインシューズ/ブーツ」にフォーカスして、注目のアイテムを紹介!

スポンサーリンク

長靴とは言わせない!雨の日の頼れるパートナー レインブーツ

レインブーツといえば雨の日の靴としてもっとも有力な選択肢となる頼れる存在だ。長靴のイメージから野暮ったい印象を持っている方もいるかもしれないが、昨今ではドレススタイルに合わせても違和感なくフィットするスタイリッシュなモデルも多い。ここでは、雨の日の頼れるパートナーになり得る注目のレインブーツを紹介!

レインブーツと言ったらこれ!ロイヤルワラントを獲得した老舗ブランドの定番モデル「HUNTER(ハンター) レインブーツ」

1858年、スコットランド発祥のゴム製ブーツブランド「ハンター(HUNTER)」。現在ではファッション性の高いアイテムを多く手がけ、”お洒落なレインブーツ”として人気を集めている。1977年にはエジンバラ公から、1986年にはエリザベス女王陛下によってロイヤル・ワラント(英国王室御用達)を与えられている。定番モデルのサイドゴアブーツは、フロントに施されたブランドロゴがアクセントになったシンプルなレインブーツ。フィット感がよく防水性も抜群なため、足場の悪いロケーションでアクティブにはき回しても問題なし!

詳細・購入はこちら

レザー製と見紛うようなエレガントなデザインでドレススタイルにもすんなりフィット!「MACKINTOSH LONDON(マッキントッシュロンドン) レインブーツ」

英国を代表する老舗アウターウェアブランド マッキントッシュのDNAを受け継ぎながら、アウターウェアだけでなく日常のあらゆるシーンにフィットするオーセンティックなコレクションをトータルで提案する「マッキントッシュロンドン」。そんなマッキントッシュロンドンから2018年春夏にブランド初となるレインシューズが発売。耐候性、耐水性に優れたPVC素材を使用し、革靴から型取りをしたアッパー・ソール一体成型のサイドゴアデザインのレインブーツとなっている。さながらレザーのような見た目でエレガントなフォルムは、ドレススタイルとも相性抜群だ。

詳細・購入はこちら

メンズファッションにレインシューズというカテゴリーを浸透させた!?「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー) レインブーツ CARDIFF」

英国を代表する老舗ブランドとして人気を集めるマッキントッシュのセカンドラインとして三陽商会が展開する「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)」。メンズシューズ市場に「レインシューズ」というカテゴリーを浸透させたサイドゴアレインブーツCARDIFF。素材に防水仕様のPVCを採用することで、レザー特有のシワ感など微妙なニュアンスまで忠実に再現している。

詳細・購入はこちら

2/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ