プルオーバーシャツ メンズ着こなし特集

頭からかぶって着用するプルオーバーシャツは、一般的なシャツよりもカジュアルでこなれた雰囲気を演出してくれる。今回は”プルオーバーシャツ”にフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

プルオーバーシャツ×ネイビーパンツスタイル

ホワイトとネイビーの2色で抑えた洗練スタイル。短めに着丈が設計されたプルオーバーシャツにクロップドパンツを合わせることで服の面積バランスが絶妙にキープされている。足元のネイビーローファーはスエード素材をチョイスしてニュアンスをプラス。

FAIRFAX(フェアファクス) 鹿の子のプルオーバーシャツ

スーピマコットンの最高峰Corcoranを使用して仕立てられた鹿の子プルオーバーシャツ。ドレスシャツの型紙で仕立てられているため、締まりのある表情を演出してくれる。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×オリーブグリーンパンツコーデ

グレイッシュなオリーブグリーンのチノパンに、グレーのプルオーバーシャツを合わせた統一感のあるコーディネート。大きめに設計された襟型がアクセント。パンツ裾のダブル仕立ての幅は通常よりも広めに設定するのが今の気分だ。

プルオーバーシャツ×グレージーンズコーデ

ホワイトプルオーバーシャツをグレージーンズにタックインしてスマートなシルエットを表現。ウォレットチェーンやレッドのシューレースのアクセントがワイルドの中に洒脱な雰囲気を漂わせる。ボトムの裾はワンロールでハイカットスニーカーの高さに合わせて。

 THE GIGI(ザジジ) メンズバンドカラープルオーバーシャツ SHEDIR

2014年にイタリアのブレーシャで誕生したファッションブランド「THE GIGI(ザ・ジジ)」。伝統的なサルトリアーレの手法と天才的なデザインセンスを併せ持つブランドとして高い人気を誇る。上質なリネン素材で仕立てられた涼しげな仕上がりのプルオーバーシャツ。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×リネンパンツコーデ

ストライプが施されたプルオーバーシャツにグレーリネンパンツを合わせて清涼感溢れる表情に。ストリートテイストを高めるストリートキャップは後ろ被りでセット。パンツの裾はカットオフにすることで適度なラフ感を演出できる。

THE GIGI(ザジジ) スタンドカラーシャツ プルオーバーシャツ

ガーゼのような風合いを演出しつつ、ストレッチ素地をミックスすることで快適な着心地を実現したバンドカラープルオーバーシャツ。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×サファリジャケットスタイル

プルオーバーシャツにブルーのサファリジャケットを羽織ることでダンディな印象の中に爽やかさをプラスしたアレッサンドロ・スクアルツィ氏のスタイリング。フロントをオープンしたシャツの下にはコントラストをきかせるようにブラウンスカーフをセット。ブラウンスカーフの取り入れによって足元にチョイスしたブラウンローファーが馴染みの良い仕上がりに。

FINAMORE(フィナモレ) バンドカラー プルオーバー LORENZO

1925年に開かれたイタリア・ナポリのシャツ工房が発祥の「FINAMORE(フィナモレ)」。”God is in Details(神は細部に宿る)”という理念のもと、創業から現在までハンドメイドでの仕立てを貫いており、手作業によってのみ生み出される立体的なシルエットや着心地の良さは絶品。そんなフィナモレから今回ピックしたのは、コットンリネンの清涼感溢れるジャカード生地で仕立てられたバンドカラープルオーバーシャツ。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×ネイビーパンツスタイル

サックスブルーのプルオーバーシャツにネイビーパンツを合わせてグラデーションを表現したスタイリング。統一感のある印象を演出するためにサングラスのフレームにもネイビーをチョイスする徹底ぶり。ロールアップやフロントボタンを開けたスタイリング、クロップドパンツのチョイスが抜け感をプラス。

プルオーバーシャツ×プリーツパンツコーデ

ストライプが施されたプルオーバーシャツにトレンドのノーベルト仕様プリーツパンツを合わせたコーディネート。ブルーアイテムの組み合わせによってグラデーションを表現。足元にはスエード素材のブラウンタッセルローファーをチョイスしてコントラストをきかせている。

プルオーバーシャツ×ベージュパンツコーデ

タイトなサイジングのプルオーバーシャツをベージュパンツに合わせてIラインを表現したコーディネート。シャツの裾はタックアウト。さりげなくみせた腰元のスタッズベルトがアクセントに。

プルオーバーシャツ×柄パンツスタイル

プルオーバーシャツに柄パンツを合わせてスパイスをきかせたスタイリング。注目を集めるコロニアルカラーベースの柄パンツがトレンド感を漂わせる。ディープグリーンのスニーカーを合わせたグラデーションにも注目したい。

Upscape Audience(アップスケープオーディエンス) ソフトリネンキャンバスプルオーバーシャツバンドカラー

コットンリネンのプルオーバーシャツ。ソフトな触り心地とリネンならではの清涼感が魅力。メイドインジャパンならではの確かなクオリティの高さも要注目だ。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×ネイビーパンツスタイル

抜け感溢れるホワイトのプルオーバーシャツにネイビーパンツを合わせた爽やかスタイル。スタンスミスのバックパッチやミラーレンズの色味もブルー系に統一することで洗練された雰囲気を演出。

プルオーバーシャツ×ベージュパンツスタイル

ストライプ柄が施されたプルオーバーシャツに対して、ベージュパンツはドット柄が施されたデザインをチョイス。主張が強すぎない細やかな柄アイテム同士の組み合わせなら、派手すぎる印象を与えない。

DOPPIAA(ドッピアー) SEERSUCKER STRIPE PULLOVER SHIRT

2016年にスタートした新進気鋭なブランドながら、世界的なテノール歌手の息子がオーナーを務めるイタリアブランドとして世界から注目を集める「DOPPIAA(ドッピアアー)」。ナポリの伝統的なテーラードを踏襲しつつ、トレンド感満載の仕様を盛り込んだコレクションは、業界人からも注目を集めている。シアサッカー素材で清涼感を演出したプルオーバーシャツはこれからの季節に活躍を期待できる一枚。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×イージーパンツコーデ

ボックスシルエットのプルオーバーシャツにクロップド丈のイージーパンツをセット。ベルトレスで履けるのが魅力のイージーパンツだが、あえてベルトを取り入れることで個性を表現。ウエストから垂らされたドローコードはアクセントに。

A VONTADE(アボンタージ) Pullover Shirts 

古きよきアメリカ、ヨーロッパのワーク、ミリタリー、スポーツを感じる素材、縫製技術、ディテールをソースに、現代に合うシルエットやデザインの再構築をコンセプトとして2003年に立ち上げられたジャパンブランド「A VONTADE(アボンタージ)」。デニムやチノなどのワークウェアをはじめ、シャツアイテムも得意なブランドとして知られている。こちらのプルオーバーシャツはフラットな襟が特徴。縫い糸をあえて処理せずに残すなど、様々なディテールで海外のウェアならではの武骨さを再現している点にこだわりを感じる。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×ジーンズスタイル

バンドカラーのプルオーバーシャツにジーンズを合わせたスタイリング。タックアウトでラフに着ても違和感のないプルオーバーシャツはジーンズとも好相性。パンツの裾はロールアップしてノークッションで履くのが旬。

GOLD(ゴールド) 東洋エンタープライズ OXFORD BAND COLLAR PULLOVER SHIRT

東洋エンタープライズからゆったりと羽織れるAラインのバンドカラーシャツをピックアップ。ゆとりのあるシルエットは、ボタンを開いてジャケットとしても活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×切り替えジーンズコーデ

ドット柄が施されたプルオーバーシャツに切り替えデザインが目をひくジーンズを合わせたコーディネート。切り替えのディテールにつながるようなシャツの着丈バランスが洒脱な雰囲気を醸し出す。ノークッション丈ですっきりとみせた足元にはディアドラのスニーカーをチョイス。

プルオーバーシャツ×シアサッカージャケットコーデ

前立てにジップデザインを採用したプルオーバーシャツにシアサッカージャケットを合わせたコーディネート。シアサッカーのような清涼感溢れる素材なら、夏シーズンも羽織りものとして活躍を期待できる。ボトムにショートパンツをチョイスして適度な抜け感を。

プルオーバーシャツ×ジャケパンスタイル

ジャケパンスタイルにプルオーバーシャツを合わせた着こなし。パンツにはコロニアルカラーのブラウンを取り入れてネイビージャケットとコントラストをきかせている。シャツやジャケットに施されたボタンのディテールがアクセントに。

THE GIGI(ザ ジジ) SHEDIR 

BOGLIOLIを手がけていたボリオリ兄弟が新たに仕掛けるブランド「THE GIGI(ザ・ジジ)」。プルオーバータイプのリネンシャツはブザム風のステッチがポイント。カジュアルなルックスの中にもほんのりとエレガントな雰囲気を漂わせる。

 詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×ハーフカーゴパンツスタイル

プルオーバーシャツにハーフ丈のカーゴパンツを合わせて武骨な印象をプラスしたスタイリング。バンドカラーの胸元からみせたタトゥーがアクセントに。モノトーンアイテムで全身を揃えることでモードな雰囲気を漂わせる。

プルオーバーシャツ×ルーズフィットパンツコーデ

プルオーバーシャツにルーズフィットシルエットのホワイトベージュパンツを合わせてAラインを表現したコーディネート。ペールトーンで上下をまとめたソフトなスタイリングだが、足元にネイビーのレザースニーカーをチョイスすることで締まりのある印象に。

プルオーバーシャツ×テーラードジャケットスタイル

プルオーバーシャツにワイドラペルのチェック柄テーラードジャケット、パンツを合わせたジャケパンスタイル。チェック柄が施されたアイテム同士の組み合わせも柄の大きさに違いをつけることでこれ見よがしな印象を与えない。

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ) PULLOVER STANDARD FIT BD SHIRT

1961年にアメリカで創業されたシャツメーカー。仕立て屋が作る本物のシャツを提供することをコンセプトに活動している。他国の良さではなく、アメリカ独自の文化を尊重した洋服作りは評価が高く、顧客リストには歴代の大統領やハリウッドスターの名が連なっているという。こちらは別注モデルのSTANDARD FITプルオーバーシャツ。アメリカシャツブランドならではのステッチワークやボタンダウンのディテールが魅力。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×ハットスタイル

サックスブルーのプルオーバーシャツにハットを合わせたスタイリング。ボタンダウン仕様のシャツはあえてボタンを外して着用するのが、フィアット社の元会長、故ジャンニ・アニエッリ氏発祥の着こなしテクニック。

FINAMORE(フィナモレ) プルオーバーリネンシャツ

ナポリのシャツと言えば世界でもトップレベルのクオリティを誇ることで有名だが、その中でもフィナモレ(Finamore)は最も老舗のブランドだ。創業から100年近く経つ今も家族経営が続いており、ハンドメイドスタイルを変わらず貫いている。こちらは3工程に手縫いの仕様を取り入れたリネンシャツ。

詳細・購入はこちら

プルオーバーシャツ×ジャケパンスタイル

プルオーバーシャツにベージュのテーラードジャケットとプリーツパンツを合わせたジャケパンスタイル。コロニアルカラーをベースに取り入れた柄小物が程よいスパイスをきかせている。

プルオーバーシャツ×ネイビーパンツコーデ

プルオーバーシャツで注目したいポイントの一つとして、前立ての長さが挙げられる。前立てが長いとよりシャツのルックスに近づき、短いほどポロシャツなどの被りものとしての印象が強まる。ポロシャツよりも若干長めに設計されたみぞおち程の長さは比較的バランスが取りやすい。

Bagutta(バグッタ) プルオーバーシャツ NMAURO

バグッタは1976年に創業したイタリアのシャツブランド。ヴィットーリオとランバード夫妻がシャツコレクションを発表したのが始まりだ。1978年頃にはGIORGIO ARMANIのシャツを手がけるブランドにまで急成長を遂げたブランドとしても知られている。チェック柄のカジュアルなルックスがリゾートスタイルに重宝しそうな一枚をピックアップ。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US