モノトーン コーデ メンズ特集

色鮮やかな着こなしが増える季節。時にはモノトーンでシックにキメたコーディネートも楽しみたい。今回は”モノトーン”にフォーカスして注目の着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

モノトーンスタイル「黒Tシャツ×スラックス」

黒Tシャツに黒スラックスを合わせて品のある雰囲気を演出したモノトーンコーデ。スラックスに洗い加工を施すことでブラックコーデにニュアンスを加えている。パンツ丈はノークッションで綺麗なシルエットを演出するアンクル丈が昨今の気分だ。

ENTRE AMIS(アントレアミ) GAGA

2007年、イタリアにてスタートしたパンツ専業ブランド「ENTRE AMIS(アントレアミ)」。ストレッチ素材を使用したアンクル丈のパンツが人気だ。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「Tシャツ×ハーフパンツ」

ブラックアイテムでシックにまとめながらも、ハーフパンツをチョイスすることで軽快な雰囲気を演出した着こなし。主張の少ないブラックコーデならミラーグラスのカラーリングの自由度は無限大だ。

GRAMICCI(グラミチ) スウェットショーツ

片手でウエスト調整が可能なウエストベルト、機能性を高めるガゼットクロッチが魅力の「Gramicci(グラミチ)」のショートパンツ。アクティブなシーンでも活躍を期待できるスウェットショーツ。洗えば洗うほど、味のある表情に経年変化していくデザインだ。

詳細・購入はこちら

モノトーンコーデ「ポケットTシャツ×プリーツパンツスタイル」

タイトフィッティングのポケットTシャツにインプリーツが入ったブラックパンツを合わせたモノトーンスタイル。今シーズン特に人気を集めるプリーツパンツ。インプリーツは英国のトラウザーズに多くみられるディテールだ。英国以外のトラウザーズはアウトプリーツが多い模様。

N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド) UNDER SUMMIT

肌着として在るものの中で最上級なものを提供するコンセプトのもと、生地や縫製、型紙に到るまでこと細やかに作り込まれているN.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)のポケットTシャツ。また絶妙な丈の設定がされた袖は、後付けにより腕の可動域が広がる仕様だ。タバコ等を収納できる胸パッチポケットは、内側にライターを収納出来る小さなポケットが中に施されている。

詳細・購入はこちら

PAUL SMITH テーラードパンツ

唯一無二のポップデザインで世界から人気を集める英国ブランド「PAUL SMITH(ポールスミス)」。ダブル仕立ての裾やプリーツデザインが旬なトラウザーズ。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「カジュアルスーツスタイル」

ブラックスーツに、ホワイトに近いグレーのカットソーとスニーカーを合わせてカジュアルダウンしたスーツスタイル。一部ファッショニスタの間では、スニーカーをスタンスミスなどの定番モデルではなく、ワンランクアップしたラグジュアリースニーカーなどに変更する”脱”定番の傾向が強まっている。

LARDINI(ラルディーニ) セットアップ スーツ

イタリアクラシコの王道ブランド「LARDINI(ラルディーニ)」。イタリアのジャケットならではのソフトな着心地と正統派のバランスが良いシルエットが魅力のセットアップスーツ。

詳細・購入はこちら

Pantofola d’Oro(パントフォラ ドーロ) レザースニーカー SM51

黄金のスリッパというブランド名を持つスニーカーブランド「Pantofola d’Oro(パントフォラ ドーロ)」。シンプルな佇まいとバックスタイルにゴールドでプリントされたブランドロゴがラグジュアリーな雰囲気を漂わせるホワイトレザースニーカー。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「切り替えシャツ×クロップドパンツ」

極太の前立てと一体化したポケットのディテールが洒脱な雰囲気を演出する白シャツに、クロップド丈の黒パンツを合わせたモノトーンコーデ。フロントボタンを全て閉め、腕まくりをあえて行わない肌の露出を抑えた着こなしがドレッシーな雰囲気漂うモードスタイルを加速させる。

モノトーンスタイル「ポロシャツ×ハーフパンツ」

元々は、ポロという貴族向けスポーツのユニフォームとして誕生したポロシャツ。歴史的観点から見るとポロシャツはスポーツスタイルと合うデザインなのは言うまでもない。昨今では、スーツに合わせるスタイリングが注目を集めているが、あえてランニングスニーカー、ハーフパンツといったアイテムを組み合わせてスポーツテイスト溢れるスタイリングを楽しんで見るのはいかがだろうか。モノトーンでまとめれば大人の色気漂う雰囲気に。

GUY ROVER(ギローバー) コットン折柄ポロシャツ

1967年北イタリア・ヴィチェンツャ創業のブランド「GUY ROVER(ギローバー)」。オールマシンメイドのシャツでは最高峰のクオリティを誇ることで知られている。高級ブランドのシャツを生産してきたファクトリーとしても有名だ。裾や袖口にリブ編みを施した締まりのあるシルエットが魅力のポロシャツ。襟は台襟付きのため、ビジカジスタイルでも活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「白Tシャツ×黒パンツ」

シンプルなスタイリングでありながら気品漂う表情に仕上がるのがモノトーンスタイルの魅力。色合わせが難しくない分、素材感やディテールにこだわったアイテム選びに集中しやすくなるだろう。例えば、イタリアでキャッチした男性は、サイドにスリットが入ったTシャツを合わせることで、さりげなく軽快な印象をプラスしている。

GIRELLI BRUNI(ジレリ ブルーニ) パイルクルーネックTシャツ

イタリアはヴェローナにて、デザイナーのGUARTIERO GIRELLI BRUNI氏により2004年に誕生したメーカー「GIRELLI BRUNI(ジレリ ブルーニ)」。全ての工程をイタリアで行う高品質なカットソーブランドだ。技法もサルトリアをベースに仕立てており、カットソーながら立体的なシルエットに仕上がっている。サイドにスリットの入ったタイトシルエットのパイルクルーネックカットソー。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「モードストリートスタイル」

インターネットのみの展開からスタートしたフレンチストリートブランドDrôle de Monsieur(ドロール・ド・ムッシュ)のnot from paris madameと書かれたユーモア溢れるデザインのホワイトTシャツや近未来的デザインが高い人気を集めるナイキのエア ヴェイパーマックスをチョイスしたモードストリートスタイル。少しオーバーサイズに設計されたTシャツにスリムジーンズを合わせてYラインを表現。

モノトーンスタイル「オールブラックスタイル」

ドロップショルダーの黒Tシャツと裾をカットオフした黒スキニーの組み合わせがラフな印象を演出するオールブラックスタイル。足元には、ラバーソールのレザーモカシンシューズを合わせて品のある印象をキープ。

RTA スキニージーンズ

Eli Azran氏とDavid Rimokh氏の二人によって、2013年秋からスタートしたLAベースのデニムブランドRTA。漆黒のデニム生地に施されたダメージ加工やステッチデザインが独特の世界観を放つスキニージーンズ。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「ジレパンスタイル」

Tシャツ一枚では物足りなさを感じる場合、ジレの取り入れは有力な選択肢になるだろう。Tシャツに羽織るだけでどこか気品のある表情を演出してくれる。下記の着こなしはブラックTシャツにブラックジレを合わせたシックなジレパンスタイル。ボトムはチャコールグレーのプリーツパンツにグレースニーカーを合わせてグラデーションを表現。

LARDINI クラシック ベスト

クラシックな外観とソフトな着心地のどちらも欲張りたい場合、「LARDINI(ラルディーニ)」は有力な選択肢になるだろう。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「黒Tシャツ×白パンツ」

黒Tシャツに白パンツを合わせてメリハリのある表情を演出したモノトーンスタイル。あえてウォッチ以外の小物を身につけないスタイリングが洗練されたムードを醸し出す。

SUNSPEL(サンスペル) Q82 PLAIN

1860年に設立された真正な英国製品を生産する伝統的ブランド「SUNSPEL(サンスペル)」。シンプルなデザインと確かな品質の高さは高級メゾンブランドからも評価が高い。洗濯や着用でよれない強度の高い滑らかな綿糸を用いたプレーンTシャツ。

詳細・購入はこちら

JACOB COHEN(ヤコブコーエン) ボタンフライジーンズ PW622

テーラードジャケットに合わせるジーンズを仕立てる「JACOB COHEN(ヤコブコーエン)」。プレビューラインはプライスとデザインが控えめに設計されている。お手軽にヤコブコーエンが手掛けるテーラードジーンズのシルエットの美しさを味わいたい方におすすめ。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「ジャケパンスタイル」

良くも悪くもフォーマルライクな雰囲気に仕上がるモノトーンスタイル。ジャケットスタイルなら、ドレスシャツやスラックスといったドレッシーなアイテムを合わせて格式高い表情に仕上げるのはもちろんだが、ジーンズやTシャツ、チャッカブーツといったカジュアルなアイテムに合わせてハズすのもまた良しだ。

AMI ALEXANDRE MATTIUSSI ダブルジャケット

フランスのメンズブランド「AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ・アレクサンドル・マテュッシ)」。アレクサンドル・マテュッシ氏が、ディオール、ジバンシー、マークジェイコブスでのキャリアを積んだのちに自身のブランドを設立。シンプルな佇まいと3パッチのカジュアルな仕様が特徴のダブルテーラードジャケット。

詳細・購入はこちら

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) Thin Finn

2001年に元ヨーロッパLEEのデザイナー、マリア・エリクソンがスウェーデン、ゴーテボーグにて立ち上げたジーンズブランド「Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)」。ブランドの中でも高い人気を誇るのがThin Finnだ。キャロットシルエットをより細く設計したデザイン。股上は深め、ヨーク切り替えとバックポケットの位置を低めに配置することで、腰で履いたような落ちるシルエットを演出してくれる。

詳細・購入はこちら

DI MELLA(ディメッラ) プレーントゥ スエードチャッカブーツ

イタリア製の素材・色にこだわり抜き、独自の製法により作り上げられた、軽やかにしてラグジュアリーな風合いを放つスエードチャッカブーツ。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「白シャツ×スラックス」

タックイン、タックアウトともに活用できる短めの丈に設定されたシャツがワードローブにあればヘビーローテーション必至だ。ドレスシャツにスラックスを合わせたドレッシーなスタイリングだが、タックアウトを取り入れることで適度なラフ感を獲得。足元にはコンバース×コムデギャルソンのチャックテイラーをセット。

LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ) ツイルドレスシャツ

1957年、ナポリにおいてシャツメーカーとして創業したブランド。ナポリの伝統工芸によるハンドメイド仕立てと良質な素材使いによって、熟練した職人の手仕事が施されたシャツは世界的なラグジュアリーシャツブランドとしてあまりにも有名だ。南イタリアのシャツでありながら、英国シャツのような威厳も兼ね備えた逸品を数多く発表している。20種類以上の豊富な襟型を備えることでも知られる。

詳細・購入はこちら

COMME DES GARÇONS PLAY Converse ‘Chuck Taylor’ スニーカー

コンバースのチャックテイラーにコムデギャルソンプレイハートのプリントが施されたコラボモデル。ハートのデザインはポーランド人のフィリップ・パゴウスキー氏が手掛けている。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「グレーTシャツ×ブラックデニム」

切りっぱなしの袖口と裾がラフ感を与えるグレーTシャツにブラックデニムとサイドゴアブーツを合わせて締まりのあるインプレッションをキープしたスタイリング。シンプルなアイテムだからこそ、ディテールへのこだわりでいかに個性を演出するかが洗練スタイルへの鍵だ。

OURET(オーレット) DOLMAN SHORT SLEEVE

2008年のS/Sよりスタートした「OURET(オーレット)」。「BLACK RESORT」をコンセプトに、大人のリアルクローズを展開している。ブークレー糸を生地に採用することで、独特の風合いを表現したクルーネックTシャツ。袖にはドルマンスリーブを採用し、リラックスした表情を演出。カットオフを有効に活用することで生地の風合いをより強く表現している。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「グレーTシャツ×ブラックジーンズ」

チャコールグレーのTシャツにブラックジーンズを合わせてグラデーションを表現したコーディネート。表裏が逆になったようなデザインのTシャツやさりげなくダメージ加工が施されたブラックジーンズのチョイスがエフォートレスな表情を演出。

GIVENCHY ダメージ スリムフィットジーンズ

フランスのラグジュアリーブランド「GIVENCHY(ジバンシィ)」。ウエスト部分にジッパーのディテールが施されたダメージジーンズ。大胆なリップ加工ではなく、小さな穴を開けたようなダメージデザインがポイント。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「オールホワイトコーデ」

着こなしにクリーンな印象を与えてくれるホワイトアイテムで全身を統一したコーディネート。大胆なホワイトジーンズのダメージ加工が抜け感溢れる印象を演出。足元にはサンローランのスター柄スニーカーを合わせてラグジュアリーな雰囲気をプラス。

SAINT LAURENT Signature Court Classic スニーカー

パリのラグジュアリーブランド「SAINT LAURENT(サンローラン)」。ポップなスター柄をアッパー全体に配したコートスニーカー。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「黒Tシャツ×黒スキニー」

シルエットを引き締める収縮色のブラック。全身を黒アイテムでまとめれば、スマートなシルエットを演出できること請け合いだ。細すぎる体型の場合は貧弱な印象を与えかねないので、身体作りをしっかりと行いたいところ。

CIRCOLO(チルコロ) チルコロT シャツクルー

イタリアのバーリを拠点に、2009年から始動した新鋭アパレルブランド「チルコロ(CIRCOLO1901)」。ガーメントダイを得意としており、実際に手に取るまでカットソー素材と見分けのつかない高度な染色技術は世界から注目を集めている。細めに設計した襟ぐりや小さめの胸ポケットのデザインがラグジュアリーな雰囲気を漂わせているクルーネックTシャツ。

詳細・購入はこちら

DIESEL(ディーゼル) SLEENKER L.30

レンツォ・ロッソとAGジーンズ社のアドリアーノ・ゴールドシュミットが1978年に設立したイタリアのジーンズブランド「DIESEL(ディーゼル) 」。SLEENKERは、ストレッチ混紡生地を使用した今までにない美シルエットのSKINNYデニムモデルだ。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「スーツスタイル」

衿幅の太い重厚感のあるダブルブレステッドのテーラードジャケットとスリムシルエットのブラックパンツがVラインシルエットを構築するブラックスーツスタイル。インナーのシャツもブラックをチョイス。徹底された黒コーデの中で存在感を放つシルバーのボタンや足元のシューズに施されたスタッズのアクセントが尖ったダンディズムを漂わせる。

Church’s(チャーチ) BURWOOD II S

男達が憧れる革靴ブランドとしても知られる英国老舗ブランド「Church’s(チャーチ)」。カジュアルシューズモデルとして展開されているBURWOOD(バーウッド)は、エッグトゥのシンプルな佇まいと大きめの飾り穴が特徴。そんなブローグ部分にスタッズをはめ込んだモデル。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「Tシャツ×ジーンズ」

メンズファッションの定番スタイル「Tシャツ×ジーンズ」をブラックアイテムで統一することによってシックな印象を演出。メリハリを付けるように足元はホワイトベースのスタンスミスをセット。

three dots(スリードッツ) JAMES サンデッドジャージー

1995年にロサンゼルスで誕生したカットソーブランド「three dots(スリードッツ)」。サンデッドジャージーは、ピーチスキンのような心地よいなめらかな肌触りが特徴だ。適度なとろみがあり、襟ぐりも広めに設計されているためインナー使いとしても活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

モノトーンスタイル「モックネックTシャツ×グレーパンツ」

タートルネックのまがいものとして人気を集める襟型モックネック。クルーネックよりもさらに首元が詰まったデザインが特徴であり、いつもと異なる表情を演出できる。モノトーンで全体をまとめればモードな雰囲気漂うTシャツスタイルが完成。

BEAMS(ビームス) モックネックTシャツ 

襟ぐりが高めに設計されたデザインが特徴のモックネック。去年から徐々に注目されており、セレクトショップのオリジナルブランドからも展開されている。

詳細・購入はこちら

続いては秋冬のコーデを中心にピックアップ!

次のページを見る
ページ:

1

2
FOLLOW US