武骨なショート丈アウターが次なる狙い目?編集部がピッティで注目した3アイテムを最旬スナップとともにピックアップ!

Share

直近のピッティウオモにおいて着用率の高まりを見せたショート丈のアウター。なかでもフライトジャケットやライダースジャケットといった武骨なアイテムが人気を集めており、ロング丈のコートが主流であった冬アウターの潮流が変わりつつある。そこで今回は武骨なショート丈のアウターにフォーカスして、編集部が注目する3アイテムを最旬のスナップとともに紹介!

スポンサーリンク

最注目は「ボア付きレザージャケット」!ピッティ参戦者の間でも着用率が急増

昨年の冬の回に比べ、直近のピッティウオモで飛躍的に着用率が高まった、襟や裏地にボア素材が配された武骨なアウター。なかでもB-3やG-1といったレザー製のフライトジャケットが人気で、男らしい着こなしに身を包んだ男性の姿が目立った。ちなみにG-1ジャケットは、映画「トップガン」で主演のトム・クルーズが着用していたことで1980年代後半に大ブームを巻き起こしたアイテム。2020年には続編の公開が決定しており、人気が再燃することも考えられるため、今後要チェックのアイテムとなることは間違いなさそうだ。他にも、映画「キングスマン:ゴールデンサークル」のコリンファースが着用していたシアリングコートも同様に人気。男らしいムード抜群のボア付きレザージャケットは、次なるトレンドアウターの筆頭候補と言っても過言ではないだろう。

【関連記事】ランチコート/ボアジャケットは存在感抜群の武骨メンズアウター!

カウボーイの防寒具を起源とするメンズアウター「ランチコート/ボアジャケット」。ボ...

続いてはおすすめのボア付きレザージャケットを紹介!

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ