ランチコート/ボアジャケットは存在感抜群の武骨メンズアウター!注目のコーデ&おすすめアイテムを紹介

カウボーイの防寒具を起源とするメンズアウター「ランチコート/ボアジャケット」。ボヘミアンシックでノマドな雰囲気を醸すランチコートはコーデをオトコらしく武骨なスタイルに仕上げ、ミリタリー、バイカー、モードなど様々な顔を持つボアジャケットはよりアーバンでリュクスなスタイルに仕上げてくれる。今回は「ランチコート/ボアジャケット」にフォーカスし、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

映画キングスマンでも使われた、ボア付きデザインが魅力的なランチコートとは?

ランチコートとは、アメリカ西部の大牧場にてカウボーイたちが屋外での作業用として着ていた防寒用のコートだ。ランチ(ranch)とは、牧場を意味する英語。毛が付いたままの羊の皮を裏返しにして作られているか、または裏地にボアなどを張った仕様が特徴だ。ちなみに近年では、映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」でコリン・ファースが着用していたことでも知られている。

 

View this post on Instagram

 

colon_firth (feat. hugh)さん(@colon_firth)がシェアした投稿

表地はスエード調のものがクラシックだが、現在はコットンスエードなどタウンユースに適したデザインも多く出回っている。着丈の長さは、手を自然と下ろした状態の指先から太ももの中間あたりのものが一般的。ランチコート一番の特徴であるボアやシアリングといった仕様を備えたアウターは、シアリングコートやボアコート、ボアジャケットとも呼ばれており、種類は豊富に存在する。

Schott(ショット) ランチコート

ランチコートを探す

2/7GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ