革靴 メンズ【大人が選ぶべきブランドを国別に紹介】

Share

底知れぬマニアも存在するシューズの世界。まるでスーツの仕立てのように、生産国によって製法やデザインに違いが出る、面白みを持ったアイテムだ。そこで今回は、主な革靴の名産地ごとに大人が選ぶべきブランドを紹介!

スポンサーリンク

質実剛健を体現する“イギリス”の革靴

ドレスシューズの本場といえば、やはり英国。“世代を超えて通用する”と形容されることが多く、伝統的な製法を踏襲して作られており、クラシックな見た目と高い耐久性を備えているのが特徴だ。ちなみに、靴のサイズという考え方が生まれたのもイギリスが起源と言われている。

イギリスの革靴ブランド①「Church’s(チャーチ)」

1873年、イギリス・ノーサンプトンにて創業された“チャーチ”。250もの工程をかけて作られる革靴のクオリティは世界的に定評がある。1999年にプラダに買収されて以降は、伝統的なモデルを残しつつ、ファッション性を意識したモデルの展開も。同ブランドといえば「CONSUL」「SHANNON」「Diplomat」が名作シューズとして人気が高い。

チャーチの靴を探す

【関連記事】英国を代表する革靴ブランド「チャーチ(Church’s)」の7つの魅力

かつては良心的な価格と質実剛健な品質で「英国の良心」とも言われ、世界中の男たちに...

イギリスの革靴ブランド②「JOHN LOBB(ジョンロブ)」

1866年、ジョン・ロブにより創業された老舗の名門シューズブランド。長らくはビスポーク靴を作るブランドとして有名だったが、1976年よりエルメスの傘下へ。それ以降は既製靴の取り扱いも増え、完成度の高いラストを採用した優美なフォルムの革靴で今も高い人気を誇る。内羽根ストレートチップの最高峰と称される「City 2」を筆頭に、「william 2」や「Lopez」など名靴が揃う。

ジョンロブの靴を探す

【関連記事】”キング・オブ・シューズ” ジョン・ロブの魅力とは?

「革靴の王様」とも称される革靴の名門といえば「ジョン・ロブ」だ。革靴好きなら誰も...

イギリスの革靴ブランド③「EDWARD GREEN(エドワードグリーン)」

1890年、靴職人のエドワード・グリーンがノーサンプトンの小さな工場で紳士靴を手掛けたことから始まったシューズブランド。靴作りにおいて彼ほど繊細な技術と美を追究した者はいないと評され「英国でも稀代の才気煥発な靴職人」として名声を上げた。多くの英国革靴ブランドが大手ファッションブランドの傘下に入るなか、エドワードグリーンは今なお独立ブランドとして活躍。不朽の名作として愛されるモデルが多く、「CHELSEA」や「DOVER」「BERKELEY」が有名だ。

エドワードグリーンの靴を探す

【関連記事】イギリスの革靴ブランド11選 “これぞ正統派”と言える英国靴メーカーを一挙紹介!

質実剛健という言葉がよく似合う英国靴は、革靴を語るうえで決して避けて通れない存在...
2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ