革靴のお手入れ以前に実践すべき6つの常識とは?

Share

大事な革靴を長く履くために避けて通れない磨きなどの手入れ。熱心にメンテナンスするのも良いが、まずはそれ以前の段階で日常的に気を遣うべきポイントがある。そこで今回は、革靴を履くうえで日頃から気を配りたいポイントを紹介!

スポンサーリンク

革靴のお手入れ以前の気配りポイント①「靴に余計なダメージを与えないように靴紐はその都度結び直す!」

靴紐が果たす役割は靴のフィット感の調整。煩わしいと思うことも多々あるだろうが、革靴を履くたびに毎回紐を結び直すのは基本中の基本だ。靴紐が締まった状態で靴を脱ぎ履きしてしまうと、力が分散せずにアイレットやシュータンに負荷がかかり、ダメージを与えたり形崩れの原因になってしまうことがある。お気に入りの革靴を長持ちさせたいのであれば、お手入れをする前にこういった些細なことからこなしていこう。日によって足のむくみなどでフィット感も変わってくるはずなので、靴ずれなどのケガを防ぐためにも毎回靴紐を結び直すことは重要だ。

【関連記事】ほどけない靴紐の結び方「簡単かつスピーディーな方法からエレガントな結び目を演出できる方法までを動画で紹介!」

歩いているうちにいつのまにかほどけてしまう靴紐にストレスを感じたことがあるという...
2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ