007 ジェームズボンドも愛用する「クロケット&ジョーンズ テットベリー」の魅力とは

日本でも多くのファンを抱える英国の革靴ブランド「クロケット&ジョーンズ(CROCKETT&JONES」。そんなクロケット&ジョーンズの「テットベリー(TETBURY)」は、007のジェームズボンドが愛用していることでも知られる、ドレッシーなデザインが特徴の名作チャッカブーツだ。今回は、クロケット&ジョーンズのチャッカブーツ「テットベリー」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

英国を代表する革靴ブランド「クロケット&ジョーンズ」

クロケット&ジョーンズは、1879年に英国靴の名産地ノーサンプトンで創業した靴メーカー。チャールズ・ジョーンズ氏と、その義理の兄弟ジェームズ・クロケット氏によって設立された。伝統的なグッドイヤーウェルト製法を駆使し、20世紀初頭には驚異のスピードで生産力を拡充。1924年にはヨーク公(ジョージ6世)が視察に訪れるほどに、英国靴業界で絶対的な地位を確立した。

クロケットアンドジョーンズ

世界でもっとも多くの木型(ラスト)を取り揃えるクロケット&ジョーンズ

クロケット&ジョーンズの1足の靴は完成までに約8週間の時間を費やし、全部で200以上の工程を経て製造されている。長い靴生産の歴史で蓄積された木型(ラスト)の保有数は世界一で、あらゆる別注モデルに対応できるのもこのブランドの強みだ。ビームスやブルックスブラザーズ、トゥモローランドといったショップやブランドからの別注モデルを製造することで、日本でも絶大な人気を誇っている。

クロケット&ジョーンズ
英国の一流ブランドが作る革靴は10年以上愛用できることからビジネスパーソンの間で...

クロケット&ジョーンズの代表的チャッカブーツ「テットベリー」とは

テットベリーは、クロケット&ジョーンズのメインコレクションにラインナップされているチャッカブーツ。これまで数々の名作チャッカブーツを手がけてきたクロケット&ジョーンズだが、テットベリーはその中でも最も”クロケット&ジョーンズらしさ”を備えた一足だと言えるだろう。保有している多くの木型の中でも特に細身のものを採用することで、イタリアブランド顔負けのモダンなシルエットを実現。そして上品なフォルムとは裏腹に、作りの頑丈さは英国屈指の伝統を誇るブランドならではの完成度を誇る。

クロケット&ジョーンズ「テットベリー」

︎クロケット&ジョーンズ「テットベリー」を探す

クロケット&ジョーンズ「テットベリー」はジェームズ・ボンドも愛用した名作!

映画007シリーズの「スカイフォール」では、ダニエル・クレイグ氏演じるジェームズ・ボンドの足元を支えるブーツとして活躍。誰もが認めるチャッカブーツの王道としてその存在を知らしめた。機能性とドレス要素を兼ね備えたこの名作ブーツは、世界的にも高い評価を獲得している。スエード素材のボリューミーなトゥのチャッカブーツを選ぶ人が多いなかで、ひと際エレガントな魅力を放つことができるのがテットベリーなのである。

ジェームズボンド

08325252
日本でも絶大な人気を誇る007シリーズ。ダニエルクレイグは2015年に公開された...

ドレッシーなシルエットを構築するクロケット&ジョーンズ「テットベリー」の”セミスクエアトゥ”

クロケット&ジョーンズの最大の特徴は、世界で最も多くの種類のラスト(木型)を有しているという点。他に類を見ないラストのバリエーションは、「ジョン・ロブ・パリス」や「ジョージ・クレバリー」といったブランドのOEM生産を手がけてきた実績の証明とも言える。なかでもクロケット&ジョーンズの名を広めたラストが「#337」。1990年代後半、クラシコイタリアブームによって世の中にはスクエアトゥの革靴が溢れていた。ブームがひと段落しつつあった2002年、極端に角ばったトゥを持つ革靴のアンチテーゼとして誕生したのが「#337」である。モダンな雰囲気を残しつつ、鋭利さを削ぎ落とした”セミスクエアトゥ”のこの木型は多くの人に受け入れられ、革靴のシルエットの新定番となった。その「#337」をベースに新たに開発されたラストが、テットベリーに採用されている「#348」である。

DSC_6589 修正後

クロケット&ジョーンズ「テットベリー」をエレガントに演出するロングノーズ

クロケット&ジョーンズの長所でもあるモダンでスタイリッシュなフォルムがより研ぎ澄まされているのが「#337」の特徴。先端は「#348」よりも細く、エッジの利いたシルエットとなっている。質実剛健な英国靴でありながら、イタリア靴のような華やかさも持ち合わせているのだ。長めに設定されたノーズも、他のチャッカブーツモデルにはないドレスライクな印象をプラスする。このロングノーズと、指で摘んだような立体的なフォルムが、シンプルなプレーントゥに豊かな表情をもたらしている。

DSC_6559 修正

︎クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の詳細はこちら

クロケット&ジョーンズ「テットベリー」を構成する革や製造工程のこだわり

クロケット&ジョーンズには、”メインコレクション(Main Collection)”と”ハンドグレードコレクション(Hand Grade Collection)”の2種類の製品ラインが存在する。ハンドグレードコレクションが高級ラインの位置づけで、アッパーに使われる革質やソールのヒドゥンチャネル仕上げなど、細部にまで高品質を追求。ストレートチップやパンチドキャップトゥといった王道モデルがラインナップに並ぶ。チャッカブーツのテットベリーは、クロケット&ジョーンズのスタンダードラインとなる”メインコレクション”の製品。スタンダードラインながらも、レザーのキメ細やかさは同価格帯の革靴の中でも群を抜いている。

アッパー1

クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の美しさを生み出す繊細な作業

テットベリーのレザーの美しさの理由は、その製造工程にある。レザーの裁断作業では、皮革についた自然な傷をいかに小さなものでも見逃さないよう、自然光が射し込む北向きの窓際で行われている。さらに、革靴の制作にはレザーに蒸気を当てて木型に馴染ませるという工程があるが、クロケット&ジョーンズではこの作業を専用スチームルームにて行なう。多くの革靴ブランドが存在する中で、ここまでレザーの扱いに細心の注意を払うブランドはクロケット&ジョーンズをおいて他にないだろう。また、テットベリーのアッパーレザーには独自のワックス加工を施しているのも特徴で、水弾きが良く、汚れにくいといった機能性も兼ね備えている。

DSC_6579 修正後

メインコレクションは、フルライニングにハーフソック仕様であることが特徴。アッパーと同素材のカーフに、金箔の”CROCKETT&JONES”ロゴが輝く。

クロケット&ジョーンズのロゴ画像

︎クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の詳細はこちら

クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の美しさを際立たせる外羽根のステッチ

テットベリーは2アイレットのチャッカブーツ。V字型に広がる外羽根が実にスタイリッシュで、ドレッシーな雰囲気を漂わせる。この羽根部分は、履き口に面した部分はシングルステッチ、サイド部分の繋ぎ目はダブルステッチで縫製されているのが特徴。シングル→ダブルへ切り替える手前の部分に施された補強のステッチも、王道のチャッカブーツらしい意匠だ。一切の乱れなく、整然と平行に走るダブルステッチがクロケット&ジョーンズの縫製技術の高さを物語っている。

ダブルステッチ

︎クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の詳細はこちら

クロケット&ジョーンズ自慢のグッドイヤーウェルト製法

ハンドソーン・ウェルテッドと呼ばれる手縫いの製法を元に、機械による量産を可能にしたのが「グッドイヤーウェルト製法」。中底と甲革をウェルトと呼ばれる細革に縫いつけた後、ウェルトに本底を縫い合わせる方法で、この製法によって作られた靴は、頑丈で型くずれが少なく、耐久性に優れているという特性を持つ。中底にはコルクが詰められており、履くごとに足の形にフィット。最初こそ硬さがあるものの、履きこむほどに足に馴染み、長時間歩いても疲労を感じさせない履き心地の良さが実現されるのだ。

クロケット&ジョーンズ

また、アウトソールとウェルトをコバ部分で縫い合わせているため、コバの出し縫いを解けば張り替え修理も比較的容易に行なうことが可能。グッドイヤーウェルト製法は機械化されてはいるものの、職人の手も加えられ、多くの手間をかけて作られている。クロケット&ジョーンズのグッドイヤーウェルト製法は、世界でも屈指の技術力で圧巻の耐久性と履き心地を実現しているのだ。

アウトソールステッチ

︎クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の詳細はこちら

ドレスブーツを思わせる、クロケット&ジョーンズ「テットベリー」のヒール

チャッカブーツと言えばぽってりとした愛嬌のあるデザインが多いが、テットベリーはドレッシーな表情を浮かべるチャッカブーツだ。その理由は、スタイリッシュなロングノーズのセミスクエアトゥであることの他に、絶妙な高さに設定されたヒールにある。約 3.0センチ近くカカトの厚みがあるため、見た目がドレッシーな雰囲気を漂わせるのはもちろん、着用した人の姿勢や歩き方もエレガントに見せることができるのだ。

横

クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の小ぶりなヒールカップは、日本人の骨格にフィット

補強用の芯材がアッパーとライニングの間にセットされたヒールカップ。立体的で小ぶりなかかと周りは、日本人の足にも最適だと言えるだろう。このヒールカップも、クロケット&ジョーンズの長年の研究によって完成した重要なディティールだ。

DSC_6637 修正後

︎クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の詳細はこちら

クロケット&ジョーンズ「テットベリー」のアウトソールは機能性抜群のダイナイトソール

アウトソールにレザーではなく、機能性に優れたダイナイトソールを採用しているのもテットベリーの魅力の一つ。ダイナイトソールはイギリスのハルボロラバー(Harboro Rubber)社が開発したものがルーツで、ラバーソールのなかでもグリップ性、耐水、耐摩耗性に長けている。歩行の安定感においてはレザーソールの比にならない快適さだ。ドレスライクなテットベリーの美観を損ねないよう、側面からは凸凹が見えない仕様になっている点も◎

ダイナイトソール2

ウエストの美しい”くびれ”がドレッシーな表情に

地面に接しない部分のウエスト周りは程よくくびれ、美しいアーチを描いている。ビブラムソールやコマンドソール、リッジウェイソールといった他のラバーソールと比べても落ち着いたルックスで、ビジネススタイルにも違和感なくフィット。クッション性のあるソールになっているため、外出が多いビジネスマンでも足を痛めることなく快適に過ごすことができる。

くびれ

消耗しやすいヒールチップは簡単にリペアが可能

最も体重がかかるポイントであるトップヒールにも、グリップ力の強い凹凸が施されているのもダイナイトソールの特徴の一つ。体重がかかるからこそ消耗しやすいヒールのチップは、リペアショップなどで簡単に取り替えることが可能だ。コストを抑えたメンテナンスで格段に長持ちさせることができるのは嬉しいポイント。

ヒール

︎クロケット&ジョーンズ「テットベリー」の詳細はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ