革靴 選び方【おさえておきたい10のポイント】

革靴ジャケパン

男前研究所の記事内でも再三「おしゃれは足元から」と靴の重要性を発信させて頂いていますが「革靴の選び方」について明確なポリシーを持っているという方は少数派なのではないでしょうか?東京都内で男性の足元を観察していてもカッコいい革靴を履いている人はごく少数派です。今回は良い靴に出会うためにおさえておきたい「革靴選びのコツ」を紹介していきたいと思います。※本格革靴にこれからチャレンジする人向けに書いていますので、革靴フリークの方にとっては当たり前のお話が多いかもしれません。

スポンサーリンク

「スーツにお金をかける前に革靴にお金をかけよう」【革靴 選び方1】

革靴選び方m.sumally.com

ビジネスマンの身だしなみに必須のアイテムと言えば「スーツ」と「革靴」。予算が限られているとすれば、お金をかけるべきなのは間違いなく革靴です。

理由①革靴の良し悪しが着こなし全体の印象を決める

「たとえスーツが安物でも革靴が一流であればスーツさえ高級に見える。ただし逆はない。」というのは紳士の間では伝統的に真理として語られています。

理由②「名刺の肩書きよりも革靴が見られる!?

革靴店舗東京pakutaso

一流ホテルマンや一流ビジネスマン、特に西欧出身者は必ず相手の革靴をチェックするようです。笑い話にもなりませんが「ある商社マンが海外での商談中、明らかに上司よりも上司扱いされてしまい対応に困った。名刺を渡しているのに..」というケースも。良い革靴は面倒な手入れをしながら長く付き合うべき代物。手入れの行き届いた靴を履いているだけで、「面倒な作業を地道に行える人物=長期にわたって付き合える信頼に値する人物」という評価を受ける確率が高まるはずです。

理由③「クラシックなレザーシューズには流行が関係ない」

レザーシューズボンド

モード色の強いシューズは除き、オーソドックスなクラシックレザーシューズには「流行がない=10年後履いてもおかしくない」という特徴があります。長年履けるのであれば、お金をかける価値がありますよね。昔の映画やファッション雑誌を見ても気づくことですが、スーツやオフの着こなしにはその時代の流行が影響するので「古めかしいなあ..」なんていう印象を持つのは当然ですが足元に限ってはそんなことありません。ちなみに昔のメンズファッション誌を見たいという方、代官山TSUTAYA2Fのカフェスペースに行けば60年代から80年代のメンズクラブとかポパイが読めちゃいますのでよければぜひ立ち寄ってみてください。

「一足目は機械式グッドイヤーウェルトがおすすめ」【革靴 選び方2】

グッドイヤーウェルトおすすめPaul Smith & John Lobb

革靴の製法を簡単に整理していくと、高価で手間のかかっている順に「手縫いによるグッドイヤーウェルト製法&マッケイ製法」→「機械式のグッドイヤーウェルト製法」→「機械式のマッケイ製法」→「セメント製法」となります。予算が潤沢にある場合には、もちろん手縫式のハンドメイドが極上ですが値段が張るので、まずは機械式のグッドイヤーウェルト製法の靴を入手してはいかがでしょうか。デザインはクラシックで男らしいものが多く時代に左右されない男のダンディズムを足元で体現できます。靴底が磨り減ったらオールソール交換を繰り返し、長年履けることに加えて経年変化によって革に味が出たり自分の足に馴染んでいくのも嬉しいですね。機械式のマッケイも悪くはないのですが、一般的にはソールが薄くて柔らかいことが多く最初のはき心地は悪くないのですが裏をかえせば、自分の足へ徐々に馴染んでいくというような変化に乏しく寿命が短め。また、デザインの方向性が華奢、エレガント、スマートといったテイストが多いのでクラシックな男らしさが本流だとするのであれば、少し極端ですが亜流とも言えるかもしれません。

「革靴に試着はマスト。自分の足にフィットするモデルを店舗で探す!」【革靴 選び方3】

革靴メンズ30代www.merchantandmakers.com

ネット通販が栄える現代ですが、靴に関しては試着なしの購入は危険です。唯一の例外として履いたことのあるモデルの同じサイズであれば通販も可能でしょうが、それ以外はブランドが一緒であってもモデル違い、特にラスト(木型)違いの革靴を安易にネット購入するのは避けるべきです。特にグッドイヤーウェルト製法の靴を履いたことのある人なら分かると思いますが、履き始めのあの硬い状態が足に全く合っていない状態では歩けたものではありません。複数のサイズ、ブランド、モデルを試着してフィットしたものを選ぶのが重要です。

「革靴に試着はマスト。豊富なモデル・在庫があるショップがベスト!」【革靴 選び方4】

品揃え革靴デパートja-jp

前述のように自分の足にフィットした革靴を選ぶ上では、お店選びも重要になってきます。「サイズとモデルが豊富にそろっていること」が重要です。在庫を豊富に揃えた店舗でなければそんな対応もできないので、「お店が大規模で高い購買力や資本力による豊富な在庫量を持っていたり、在庫管理能力が高い」もしくは「小規模な店舗であっても革靴というジャンル、中でもあなたが欲しいブランドの革靴に特化している」という条件をクリアしているとお目当ての靴を入手できる可能性が高まります。

「最適な革靴に出会うには販売員の姿勢と能力が重要!」【革靴 選び方5】

高級靴ブランドstyleforum.net

靴選びに精通した店員さんの存在も欠かせません。そんなショップ店員さんの特徴ですが「あなたが普段26cmの靴を履いていると言ったら、あなたが依頼せずとも必ず前後のサイズも試着用に持ってくる」というのは最低ラインです。また、他人からみていくらぴったりに見える靴でも本人にしかはき心地やフィーリングはわからないものです。あなたの感覚を尊重するのが信頼できる店員さんの証。決して主観で「サイズぴったりですよ」とか「伸びるから絶対大丈夫ですよ」なんて断言する店員さんは信頼できません。サイズやラスト(木型)の合わない靴を履いたときの苦痛をわかっていれば慎重になるものですし、誠実であればできるだけベターなサイズやラストを提案しようという姿勢になるのは当然です。

「革靴に試着はマスト。広い売り場と試着に積極的なお店を選ぼう!」【革靴 選び方6】

阪急メンズ靴売り場news.hankyu-dept.jp

試着するのにふさわしい環境も重要です。試着した状態で歩きまわることのできるある程度のスペースと新品の靴で歩き回るあなたを嫌がらない(むしろ推奨し見守ってくれる)店員さんが欠かせません。当たり前ですが足の大きさや形は左右非対称なので両足とも試着すること、靴を履いてじっと座っているわけはないので試着の際にも歩いてみるというのが靴選びには欠かせない行動です。(もちろんむやみやたらに試着して歩き回るのは時間の無駄ですしお店に嫌がられかねない行為なので、気に入った革靴だけにしましょう。)

「試着の時間帯は17時前後が基本!」【革靴 選び方7】

革靴試着何時

ご存知の通り、足は起床した後、時間とともに「むくんでいきます」。体質や1日の過ごし方によって個人差はありますが一般的には17時頃に足が最もむくんで、膨張した状態になるようです。17時に試着してやや緩めのフィット感だとすれば他の時間帯にはブカブカになる可能性が高い!ともいえます。

「伊勢丹メンズなどの百貨店かブランド直営店での購入が基本」【革靴 選び方8】

レザーシューズ選び方cometojapankuru.blogspot.com

複数ブランド・モデルを試したいなら都内なら伊勢丹メンズが王道、やはり百貨店はこの点で非常に強いです。(前述のポイントをクリアした店舗環境や店員さんのレベルをクリアしていることが多いです。ポイントも貯まりますしね 笑)購入したい革靴のブランドが決まっていればブランド直営店、直営店がなければ輸入代理店が店舗もやっていたりもしますし、靴屋さんでも特定のブランドの品揃えが多いというようなお店もあるので代理店に問い合わせて在庫が多いであろうお店を選ぶと良いですよ。ちなみにセレクトショップの一番のメリットは、別注モデルなど微妙にディテールを変更した珍しいモデルがラインナップされていること。人と被るのが嫌な方におすすめです。

「グッドイヤーウェルト靴の重さと硬さにビビらない」【革靴 選び方9】

革靴グッドイヤー重いgq-magazine.co.uk

グッドイヤーウェルト製法の靴を履いたことのない方にとって、400グラム前後ある重さには驚きを隠せないことでしょう。「歩きにくいんじゃないか?」と思いがちですが重さが振り子的な役割を果たすことから「ある程度重い方が歩きやすい」という説もあるくらいです。悪路歩行をサポートするだけではなく機動性も重視したミリタリーブーツが600グラム以上あることもよく引き合いに出されますしね。スニーカーとは明らかに違う歩行感覚ですが、それはそれで歩きやすさにつながる要素でもありますので重さに臆せず立ち向かいましょう。

「着用シーンに合わせた形を選ぶ」【革靴 選び方10】

革靴ドレスコードbusinesstoday.in

はき心地と同じくらい重要なのが、「シーンに応じた革靴デザインの選択」です。フォーマルに使えるメジャーなひも靴タイプを挙げていくとフォーマル度の高い順に「ストレートチップ」「プレーンキャップトゥ」「プレーントゥ」「ウィングチップ」と並びます。前述のそれぞれのタイプに「内羽根」「外羽根」タイプがあり内羽根の方がフォーマル度が高いとされています。ローファーなどに代表されるひも無し靴はフォーマル使いには向いておらず、基本的にはカジュアルシーンでの活用がメインになりますが、唯一の例外は「モンクストラップ」。結婚式や格式高いパーティーではひも靴の中でも内羽根ストレートチップを履くのが最も無難ですが、世界的にドレスコードに対する厳格さはどんどん緩和されていますし(※英国を除く)、特に日本においては多少羽目をはずしても後ろ指を指されるようなことがほとんどないので主賓でない限りは意識しすぎる必要はないと思います。※ドレスコードがブラックタイというようにきっちり指定されている場合は除きます。カジュアルにも使いたいというニーズを満たすためには、ひも靴の中でもウィングチップや外羽根、非・ひも靴であればモンクストラップをチョイスすると使いやすいですね。ちなみにアメリカのFBIは、スリーピーススーツにウィングチップをあわせるのを好むイメージがあり映画や小説にもよく登場しますよね。ちなみに私は、ボンドが着用することでも知られるブランドチャーチの中でもプラダグループ傘下に入る前のオールドチャーチのウィングチップの定番BURWOODあたりを狙っております。

FOLLOW US

Related post