お腹の脂肪を落とすには?効果的な方法や蓄積される原因を解説

Share

5 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
お腹の脂肪を落とすには?効果的な方法や蓄積される原因を解説

5 ページ以降を表示しています。

目次を表示

お腹の脂肪を落とすのに役立つ食べ物5選

この項では、脂肪燃焼や血糖値コントロールに役立つ成分などを含んだ食べ物を紹介。とはいえ、脂肪を落とすためにはバランスの良い食生活とカロリー制限することも大事になるため、ここで紹介する食べ物を食べすぎるのは禁物。摂れるタイミングがあるときに意識的に取り入れてみてほしい。

お腹の脂肪を落とす 食べ物①「青魚やサーモン」

イワシやサバなどの青魚やサーモンに多く含まれるオメガ3脂肪酸はダイエットに効果的。油なのにダイエット向き?と思うかもしれないが、オメガ3脂肪酸は摂りすぎた栄養が内臓脂肪に変わるのを防いだり、血行を良くして体温を上げたりする働きがある。それにローファットダイエットや低カロリーの食事を心がけても最低限の脂質は必須なので、どうせなら質の良い油を摂ろう。

お腹の脂肪を落とす 食べ物②「卵」

卵はタンパク質が豊富で、糖質や脂質をエネルギーに変えるために欠かせないビタミンB群などの栄養素が豊富に含まれている。また、黄身の脂質が食欲を抑制するインレクチンと言うホルモンの材料になる点も魅力的になる。ダイエット中に空腹を感じたら食べ応えがあるゆで卵にし、1~2個食べれば満足感を得られるだろう。

お腹の脂肪を落とす 食べ物③「鶏むね肉」

ダイエットの王道食材といっても過言ではない鶏むね肉。高タンパク質なだけではなく、内臓脂肪の燃焼を助けるアルギニンというアミノ酸を含むのもポイントになる。ビタミンやミネラルも含まれており、手にしやすさも抜群なのでダイエットの強い味方になるが、食べ過ぎによる痛風に注意。痛風の原因になるプリン体は1日400mgが摂取制限の目安なので、鶏むね肉は1日200g程度にしておくのが無難だろう。

お腹の脂肪を落とす 食べ物④「牛赤身肉」

牛赤身肉には、脂質代謝に役立つアミノ酸のL-カルニチンが含まれている。内臓脂肪を燃焼してエネルギーに変える成分なので、ダイエット中は積極的に摂りたいところ。L-カルニチンは体内でも生成されるが、年齢と共に少なくなるので食べ物から摂取しよう。また、牛赤身肉にはテストステロンに大きく関係する亜鉛も豊富なのが嬉しい。

お腹の脂肪を落とす 食べ物⑤「バナナ」

バナナは果糖とブドウ糖が含まれており、手軽に炭水化物や沢山の栄養を摂れるのが魅力的だ。豊富なカリウムによってむくみを軽減したり、トリプトファンというアミノ酸で睡眠の質を改善したりすることも期待可能。消化の良さを活かして、間食にプロテインと一緒に摂取してみてはいかがだろうか。朝食や晩御飯が遅くなってしまったときなどにもおすすめ。

6/6GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する