ランニングの効果を高めるのは朝or夜?

Share

ダイエットや気分転換に効果的なランニング。せっかく走るのであれば、良い影響のある時間帯に走りたいと思っているランナーは多いのでは?そこで今回は、ランニングの効果を高める時間帯を紹介。

ランニングによるダイエット効果を高めるなら朝に走るのが◎

多くの方がランニングに求めるのはダイエット効果ではないだろうか。その場合は朝にランニングを取り入れるのがおすすめだ。というのも、朝は体内の血糖値が低く、糖質より脂質を消費しやすい状態になっていると言われているため。また、走り終わった後も脂肪燃焼の効果がしばらく続き、ダイエットの効果が高いと言われている。とはいえ、継続しなければ結果として現れにくいため、朝ランニングを習慣化するように努めるのも大事だ。

夜のランニングは運動の質を高めたい方にピッタリ

起き抜けに比べ、身体がほぐれた状態になる夜。筋肉や関節を存分に動かせるため、筋力アップに効果的だと言われている。また、交感神経が優位になっているためエネルギーの代謝機能や心肺機能の働きが活発化されており、パフォーマンスが良くなるとも。しかしその一方で、20時過ぎからは体温が徐々に下がり睡眠へと向かっていくため、夜遅くや深夜のランニングは睡眠の質を下げる原因になる可能性もある。そのため、夕方16時から夜20時までの間でランニングすること推奨する指導者も多い。

走る前は食事を摂るべき?

もしランニング前に食事をとる場合は、炭水化物を多く含むものを食べるように心がけたい。少量のタンパク質なら問題はないが、脂質や食物繊維などは消化に時間がかかるためパフォーマンスに影響を与える可能性があり、それらと比較すると炭水化物は消化吸収が早いためだ。そして食事をとる場合は、ランニングの1~2時間前に済ませておくのが一般的と言われている。しかし、ランニング前に必ず食事を摂らなければならないわけではなく、もし減量を目的としている場合は、あえて空腹状態で走るのも◎ 空腹状態でランニングすることで脂肪の燃焼の割合が増えることが科学的に実証されているので、痩せたい方は無理のない範囲で試してみてほしい。

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する