「プランク」の正しいフォームは超キツい!?腹筋に効果絶大なやり方とは?

お腹周りを引き締めるのに効果的な“プランク”は定番中の定番トレーニング。しかし、シンプルな筋トレゆえに意外とフォームを間違えている方も少なくないのでは?そこで今回は、プランクの正しいフォームや効果を高めるポイントなどをパーソナルトレーナー大嶋氏のレクチャーのもと紹介!

スポンサーリンク

「プランク」は体幹トレーニングの王道!筋トレ初心者や腹筋運動が苦手な方にもおすすめ

プランクは英語で板を意味する言葉で、体を1枚の板のようにフラットにした状態をキープし続けるシンプルなトレーニングだ。一般的な筋トレというと体を動かすのが基本だが、プランクは姿勢を作るだけなので、筋トレ初心者の方や腹筋運動が苦手な方でも実践しやすい。そんな手軽感がありつつも、実際やってみると意外とキツく“やってる感”が味わえるうえ、お腹を引き締めるのに効果的とあって人気の高い種目になっている。また姿勢の改善やインナーマッスルを鍛えることによって内臓が元の位置に戻るなど嬉しい効果が多いため、この機会にぜひプランクにチャレンジしてみてほしい。

正しい「プランク」のやり方は意外と知られてない?腹筋にしっかり効かせる方法を紹介

ジムだけでなく自宅でもちょっとした隙間時間に出来るのが魅力のプランク。ゆえに初心者からベテランまで多くの人が実践しているが、意外と正しいフォームや気を付けるポイントを知らなかったり、自己流になっている方も少なくないはず。そこでここからは、プランクの効果的なやり方や注意点などをパーソナルトレーナー大嶋氏のレクチャーのもと紹介!

最もスタンダードなプランク「フロントブリッジ」の効果的なやり方!

プランクの数ある種類の中で特に有名な種目が「フロントブリッジ」だ。インナーマッスルの腹横筋を筆頭にお腹周りの筋肉を効果的に鍛えられる。この筋トレで最も大事なのが正しいフォームを維持し続けること。そこでここからは「フロントブリッジ」の効果的なやり方を紹介!

①四つん這いの姿勢から肘を着き、足は閉じた状態で伸ばしてつま先を立てる。このとき、肩の真下に肘を着くようにしないと肩の筋肉に負荷がかかり、腹筋よりも肩や腕が辛くなってしまうため注意が必要だ。また、もしバランスがとりづらいようであれば足を肩幅ほどに開くのが◎

プランク

②頭からカカトまで板の用に一直線にして姿勢をキープする。顔が下を向いていると背中が丸まってしまうなどフォームが崩れやすいため、正面を向くのがお約束だ。また、基本的に前腕は前に伸ばすのがセオリーだが、両手を組んで肘と3点で支えることで負荷を軽減できる。最初のうちは20秒×3セットを目標にして、慣れてきたら徐々に秒数を増やしていくのが◎

フロントブリッジ

2/4GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ