ダウンジャケット メンズ 最強ブランド【2022最新】

Share

秋冬に欠かせないアウターといえばダウンジャケット。アウターの中でも特に競争率が高い屈指のアイテムであり、アウトドアブランドのみならず、様々なブランドが毎秋冬シーズンに凌ぎを削っている。人気アイテムは売り切れるのも早いため、できれば本格的な冬が到来する前に入手しておきたいところだ。今回はダウンジャケットにフォーカスして、6つのカテゴリ別に注目のブランドを一挙紹介!

ダウンジャケット メンズ①「時代を超えて愛されるのには理由がある!持っておいて間違いなしの王道ブランド」

ダウンジャケットといえば秋冬の定番アウターではあるものの、決して安くはないアイテム。せっかく買うからには長く使える良いモノを選びたいところ。そんな失敗できない高額アイテムだからこそ、時代を超えて愛されるダウンジャケットの定番/鉄板ブランドをチョイスするのは正解の一つだ。

ダウンジャケット 王道ブランド①「MONCLER(モンクレール)」

1952年フランス・グルノーブル郊外にて設立されたプレミアムダウンジャケットブランド「モンクレール」。もともとは登山者向けのテントやシェラフを製造する企業であったが、フランス人として初めてヒマラヤ登頂に成功した有名アルピニストであるリオネル・テレイ氏をアドバイザーに迎え、ダウンウェアのリリースに至る。近年ではファッションブランドとしてのポジションを確立しており、2018年より有力ゲストデザイナーを迎えてコラボアイテムを展開する「モンクレールジーニアス」は世界中で注目を集める的だ。本格ダウンジャケットでありながら、ほんのりモードの香りのするダウンジャケットは洗練された男性にぜひ身につけてほしいマスターピースと言える。

詳細・購入はこちら

ダウンジャケット 王道ブランド②「CANADA GOOSE(カナダグース)」

1957年、繊維産業が栄えることで知られるカナダ北東部の都市トロントにてスタートして以来“メイドインカナダ”にこだわった高い品質のダウンジャケットを製造。エべレスト登山隊や南極探検隊に採用されたことからも折紙つきのダウンジャケットブランドだ。日本でもその人気は頭ひとつ抜きん出ており、老若男女を問わないその人気の高さからTVニュースでもその人気ぶりが取り上げられるほどに。定番モデルのジャスパーは不朽の名作であると言っても過言ではないだろう。

詳細・購入はこちら

ダウンジャケット 王道ブランド③「WOOLRICH(ウールリッチ)」

1830年に英国移民であるジョン・リッチがペンシルバニアにて創業したアメリカを代表するアウトドアブランド「ウールリッチ」。1939年から3年に渡って南極探検隊にウェアを提供するなど、その機能の高さは折り紙付きだ。ブランドを代表する「アークティックパーカ」は、-40℃という極寒の中、アラスカのパイプライン建設に従事する作業員のために1972年に開発されたダウンジャケットの傑作。2010年にはその名品が創業180年を記念して38年ぶりにショートタイプとロングタイプでリニューアルされ「ニューアークティックパーカ」の名でリリースされた。カジュアルスタイルはもちろんのこと、スーツやジャケパンスタイルにもマッチする万能アイテムを多く展開する。

詳細・購入はこちら

【関連記事】最強ダウン“アークティックパーカ”の限定・別注モデルを総まとめ!

冬アウターの鉄板とも言えるダウンジャケット。特に昨今は、見た目も機能も贅沢なプレ...

ダウンジャケット 王道ブランド④「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」

最新のテクノロジーでアウトドア業界を牽引し続けてきたアメリカのアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」。現在多くのブランドが展開しているダウンジャケットは、1966年にノースフェイスが発表した「シェラ・パーカ」が基礎になっていると言われるほどで、ダウンジャケットの代表格と言っても過言ではない。バリエーションも非常に豊富であり、機能性で選ぶも良し、デザイン性で選ぶも良しと、選択の幅が広いのも魅力的。ノースフェイスの名作ダウンである「ヌプシジャケット」は90年代リバイバルの流れもあって、ここ数年で再び人気を集めている。

詳細・購入はこちら

【関連記事】ザ ノース フェイス(THE NORTH FACE)のダウンウェア特集!

ハイスペックなダウンウェアを探すうえで有力候補の一つとなるブランドが「ザ ノース...
2/10GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する