マッキントッシュ(MACKINTOSH)のジャケット特集

Share

シンプルで伝統的なデザインに時代性をプラスしたコレクションを展開する英国ブランド「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」。代名詞であるゴム引きコートだけでなく、キルティングジャケットやテーラードジャケット、そしてダウンジャケットにも注目すべきアイテムが多い。今回は「マッキントッシュ」のジャケットにフォーカスし、おすすめのアイテムを紹介!

スポンサーリンク

クラシカルなコートやジャケットを展開する英国の老舗「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」とは?

マッキントッシュは、1823年にイギリス・スコットランドのグラスゴーにてチャールズ・マッキントッシュ(Charles Mackintosh)が設立した老舗ブランド。2枚の生地の間に天然ゴムを塗って圧着させた防水布を発明し、代表作であるゴム引きコートを完成させた。雨風の多いロンドンでは当時、布に油を染み込ませることで防水性をもたせた外套しか存在しなかったため、マッキントッシュのゴム引きコートは画期的な発明として評判に。イギリスでのレインコートの一般的な総称をマッキントッシュと呼んでいたり、ゴム引きの布地が「マッキントッシュ(クロス)」と呼ばれていることからもその影響力がうかがえる。現在ではゴム引きコート以外にもウールコートやセットアップ、小物などさまざまなアイテムを展開。セカンドラインの「マッキントッシュ フィロソフィー」や日本企画の「マッキントッシュ ロンドン」を含め、幅広い層から支持を集めている。

マッキントッシュのジャケットを探す

マッキントッシュのおすすめジャケットを紹介!

ゆったりとした着心地ながらスタイリッシュな印象「マッキントッシュ ハウンドトゥース ウール キルティング ジャケット WAVERLY GQ-1001」

WAVERLY(ウェーヴァリー)は、マッキントッシュが手がけるキルティングジャケットの代表モデル。襟とパイピングはコーデュロイ製で温かみを感じられる。ビジネススーツや革靴との相性もいいだろう。

ゆったりとした着心地ながらスタイリッシュな印象「マッキントッシュ ハウンドトゥース ウール キルティング ジャケット WAVERLY GQ-1001」

詳細・購入はこちら

カジュアルにもドレスにも合う汎用性の高い一着「マッキントッシュ ウール ダウンジャケット GD-001」

表地に高級スーツでおなじみの名門「ロロ・ピアーナ」のウール製ストームシステム生地を採用したダウンジャケット。ステンカラーコートをベースとしたデザインでヒップが隠れる着丈なので、カジュアルアウターとしてはもちろん、スーツに合わせても違和感なくフィットする。ダウンジャケット特有の着膨れした印象を与えないスマートなシルエットや取り外しができるフードなど、マッキントッシュらしいデザインが魅力。

カジュアルにもドレスにも合う汎用性の高い一着「マッキントッシュ ウール ダウンジャケット GD-001」

詳細・購入はこちら

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ